BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

アニマとアニムス 内なる女性と男性

おはようございまぁす☆ (*^∇^*)ノ

前回に続き今回も夢のお話。


今朝はオーソドックスな…
夢らしい夢でした。

ストーリーはとっても面白いんですけどね、
登場人物が、自分の旧知の人たちだったり
(中には幼少期のご近所さんも)
自分の家族だったりと、

あぁ 自分の世界だってわかりやすいなぁ、って。


でもやっぱり夢だから、こっちの現実ルールには縛られていなくて、
さりげなくぶっとんだ展開なんですけどね(笑)

それでも、夢の中の人物のせりふや表情などがいちいち、
今の自分の心に響くのですね。

あらわれた情景や場面の展開から伝わってくる事柄も多いです。


つくづく、夢は源から差し伸べられる手、
自分同士のインターセクション、
見えないところを解析してくれるガイドみたいなものだと。


☆☆☆

その中で今回は、ストーリーが展開するうち、
とあるインド人男性が登場しました。

(私の夢にはたくさんの国の人々が登場します。
国というか、ときには多生物、多宇宙というか… )

その人は若い男性で、彼の国を訪れた、
先述のご近所さんと結婚した人という設定でしたが。

こちらの現実でそのような顔を見たことは一度もないのに、
夢の中の私は、その男性の顔を見ると心がひろがり、とても安心しました。
(彼はたしかにインド人なのですが、特徴的なインド人顔とは言い難い顔です。)

夢のストーリーでは、その人はろくな人でないかもしれない
(ご近所さんはだまされているのかも…)、
などと噂をたてられてるような立場にあったのですが、
本人をひと目みるなり、皆のその誤解はたちどころに解けたのです。


夢ではときどきそのように、その存在に出会うだけで自分が回復するような、
なにか心の支えになるような、人物が登場します。

それが男性のときも女性のときもあるでしょう。
老人、若者、少年少女、ときには赤ちゃんだったり…
年齢もさまざまでしょう。

もちろん同時にあるたくさんの人生という目で見れば、
自分のつながっている他の人生の人物ということもあるでしょうが、

私は基本的にこれは、アニマとアニムスの考えが的を得ていると思っています。


といっても、私が言いたいのは、
男性にとっては女性、女性にとっては男性と異性に限定するものではなくて…

私たちは誰でも、自身の内に女性と男性の両方を持っているということです。

今のあらわれが一方の性別だからといって、
内側までそれだけである、ということはないのです。


そしてこれを、内なる女神、男神のように体験する人もいるかもしれません。


☆☆☆

夢の世界をよく観察していると、
現在の自分の(こちらの現実であらわれていることの)内訳が見え始めます。

それは途絶えておらず、つながっています。


私は、ソウルメイト(ロマンチックな意味での)という概念も、
本来は、内なる男性、女性、
自身の中に存在するアニムスとアニマに対する憧憬なのではという気がします。

その意味では、
求める異性(同性)、

あるいは夢に出てくる癒しの源泉となるような象徴的な異性というのは、
現在の自分が奥底では知っている、源にある自分の性質のあらわれなのです。


すると、それ(求める衝動)は、外に探すためにではなく、
(感覚としてはまるで外に探しているように思えるだろうけど)
自分の内で起こっている動きなのだ、とわかってきます。

現実で起こっていること、
あたかも人との関係において起こっているようなことでも、
自分のそういった動きの反映として気づけることがあります。


私が思うに、実際は、性別のある存在としてそれを感じなくてもよく、
夢では動植物だったり、あるいは肉体という形態をもたない存在であっても、
そのときどきに必要な癒しやバランスの源泉となってくれることが多々あります。

ただ、こうして人間として、一方の性別をあらわしていると、
アニマとアニムスの要素というのはたびたび出現しては色々なことを示し、
支え、教えてくれています。

(そういえば人によってはそれを、
インナーマザーやインナーファーザーとして体験するかもしれませんね。)


異性としての内なる自分を見て、その要素を体験することは、
深い、深い癒しであり、
(やっぱ一方だけの性別に集中するのって疲れちゃうからね! 笑)

ああ、自分の中にこういう側面があったのだと、力強く思い出させてくれます。


夢に限らず……ご自身の中にあるアニマとアニムスに注意を向けてみると、
面白い発見があるかもしれませんよ!


それでは、また次回~☆ヾ(*^-^*)


応援大感謝♪


☆スピリチュアルカウンセリング☆
対面、スカイプ、電話でセッションをしています。
「セッションのご紹介」
「お申し込み方法のご案内」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.