BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

発動させるのは自分

こんにちは☆

昨日は満月だったみたいですねぇ~。

うちの周辺では、激しい夕立がありましたが、
寝る前にほんのしばらくの間、雲が分かれて輝く満月が見えました!


どうして天体…星をみているだけで、
こんなにも遠く深い、じっと集中しているようでいて心がひろがるような、
不思議な感覚になるのでしょうね。

天体…という漢字を今打って気づきましたが、
“天の体”と書くのですね。


精神世界・スピリチュアルな概念を受け入れていく中で、
物質世界を「まぼろし」とする見方がありますが
(そしてそれは、そうとも言えるのですが)、

私は、そういったすべての見せかけを表しているのもまた、
「生命」であるということにフォーカスしたいと思いますし、

みなさんひとりひとりが独特の「個」をあらわしていることも、
現在「身体」という表現を使っていることも…、


こうした「生命」の、ある意味では「チーム」とも呼べる、
見事な協力があって可能になっているのだということを、
実感してもらえたらうれしいなと思います。


あなたの体にも、細かく見ていけば細胞ひとつひとつの意識があります。
物質にも、原子や分子の意識があります。

もちろんそれはみんな同じひとつ(源)の分身ですが。

でも、そうやってひとつひとつにフォーカスすると、ありがたくないですか?


☆☆☆

前回の記事から数日、ちょっともやもやもんもんしていて

(それが原因というわけではないのですが、あの記事に書いたエピソードの、
すっかり忘れていた他の出来事も思い出しました!
むしろそちらの方が大きな事だったかも…というくらいの話で。
人間って忘れるもんだなとびっくりしました。)


今日はどんな記事を書くのかな…と思っていたら、
意外に「あかるい風」が胸の中を吹き抜けました。

そう、これを書いて!というささやきです。

(同時にそれは私にとっても、「これを書きたい」であるのですが。)


テーマは、「発動するのは自分」です。


☆☆☆

自力と他力のバランス。

そのようなお話にもなるかと思います。

他力、といっても大きな意味では「他」ではありませんが。

ただ、ここでは感覚的に理解してもらうために、
そういう表現をしています。


神だのみ、という言葉がありますね。
それとはちょっとニュアンスが異なるのですが、
精神世界では、「ゆだねる」という言い方もよく強調されますね。


こういうことを言葉で表現すると、さまざまに矛盾が生じるのですが、
なるべくわかりやすく例をあげて書こうとしますと、
私にはサーフィンなどのスポーツや芸術的表現の過程が浮かびます。

サーフィンは、私は実際にしたことはないのですが、
昔「Riding Giants」というサーフィンのドキュメンタリー映画に感動して、
映画館でぶっ続け2回も見てしまったことがあります♪


ですので、そういうものを見ての感覚的な理解にすぎないのですが、

どの波にのるか

…を始めとする、自身の感覚を研ぎ澄まし、観察し、意図する部分と、
(練習すること、も、その内に入りますね!)

実際に波に乗った後の、「大きいもの(サーフィンでは海)」と一体になり、
自らその一部になる過程と、

両方があるのではないかと思うのです。


コントロールするものでありながら
コントロールされるものにもなる。


その境界は、本当はあるかというと、無い。


ただし、「発動するのは自分」という要素が、
(必要な両輪の片方が)
すっぽり抜け落ちてしまうと、動きそのものに関われない。

つまり…

本当はいつもそれが起きていて、
自分が「発動していること」を自覚しているか、いないか。

の話になってくるのです。



境界が無いということは、
どこにも「操り人形」は存在しないということになる。

なぜか?

どれも、「ひとつ(創造するもの)」の一部であり、
本質的に、それと同じ性質を持つからですね。

「合意」はあります。が、それと「拘束されている」というのとは、別です。


☆☆☆

私たちのこの体験の中で。
自らフォーカスする力を大切にしてください、とお伝えしたいんです。


それも、ごり押しするのじゃなくて。
きしんですり切れてしまうほど、力ずくで漕ぐのではなくて。


幅広い目を持ってください。

すると、あなたには必ず、見えます。

たとえはっきりとではなくとも、もっと広い、何かがあるとわかります。

それは、「この世には何かわるいところがある」とか、
「これはよりよく、これはよりわるい」とかいう評価付けとは違うんですよ。
フラットに、フラットに……あるものなのです。)



…「これにフォーカスしていたいだろうか?」

そんな疑問が浮かぶとき。
あるいは、まるで八方ふさがりのように、自分を犠牲者のように感じるとき。

自ら発動してください。


「私は広い目でこれを見たい。
他の選択肢を知りたい!」

意識を“使う”のです。


すると、かならずサポートがやってきます。

なぜなら、あなたは「フォーカスを切り替えるよ」と自ら動いたからです。
そちらをオンにするからです。

そのとき、「私の望む形で。自分が想像した通りの道筋で。」
という風に限定して物事を評価づけしてしまうのではなく、
意外なメッセージ、働きかけに心をひらいていてくださいね


☆☆☆

私たちが、意識の力をもっと自覚するとき、
それらの扱いに熟達していくとき、

手を差し伸べ、
対等に関わりたいと思っている仲間が、たくさんいます


私が多次元について述べるのは、
いまの私たちに「見えていない」=「無い」
と思い込まれていても、そこには多くのものがあるからです。

そして、今もそこから、誰もが支援を受けているからです。 キラキラ☆


それにより気づくためには、
自らの意識に長け…内から湧いてくるものを信じることが道なんです。

パラドックスですね!(笑)ハート


本日もお読みいただきありがとう。(。・ω・)ノ゙
応援クリック感謝です♪

人気ブログランキングへ



精神世界ランキング

☆スピリチュアルカウンセリング☆
対面、スカイプ、電話でセッションをしています。
「セッションのご紹介」
「お申し込み方法のご案内」


広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.