BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

世界に都合のいい私と源を純粋に表現する私は違う、そして…

こんばんは!

長いタイトルですが、
「世界に都合のいい私と、源を純粋に表現する私は違う」
そして…

というお話です。


☆☆☆

小学生の頃好きだった本に、『グリックの冒険』という本がありました。


グリックの冒険 (岩波少年文庫)
斎藤 惇夫 薮内 正幸
4001140454


ガンバの冒険」シリーズといえば、知っている人もいるかもしれません。

(ここからは、私が読んだときの記憶から内容を書いています。)

ストーリーは、とある家で飼われていたシマリスのグリックが、
自由を求めて、北の森を目指して脱出するところから始まります。

グリックは、同じ親のもとから生まれた姉さんとともに
その家で飼われていましたが、
姉さんはおとなしい性質で、そこでの暮らしに満足していました。

2匹とも、両親がいた故郷の森を知らないのですが、
外から立ち寄ったハトの話をきっかけに、
グリックの心には「自由への希求」…
北の森を目指す気持ちが燃え上がります。

そして、いつかグリックはここを出ていくだろう…と悟っていた姉さんは、
グリックの脱出の手助けをしてくれるのです。


外に出たグリックは、ドブネズミのガンバたちに出会います。
そして、一緒のチームとしてガンバたちのたたかいに加わった後、
ガンバの知っていた「たくさんのシマリスの仲間たち」がいる場所へと、
案内してもらいます。


ところが辿りついたそこは、森ではなく、動物園でした。


最初は落胆したグリックでしたが、
だんだん動物園に慣れてくると、暮らしは安定しており、
動物園の仲間たちはグリックの冒険談を聞きたがり、

仲間たちの誰も経験したことのない、
ガンバたちとの経験、スペクタクルな武勇伝を話している自分を、
ヒーローのように錯覚しはじめます。


そんなある日、
「あなた自身のたたかいの話をしなさい!」
という、とあるシマリスの声が響くのです。

それが誰の声だったのかはわからなかったのですが、
グリックは、自分が、本来の目的ではなかった、
狭い世界の中での満足に浸っていたことに気がついたのでした。


そして、そういう覚めた目で見てみると、
動物園の仲間たちはみな、冒険のストーリーは聞きたがるものの、
ほんとうはみんなで共有している偽りの安楽から誰かが脱けるのを、
断固阻止しているのだということに気づくのです。


そしてグリックはまた出発します。


旅をつづけるうち、誰かが自分の後をついてきていることに気がつきます。

それは、あの動物園の中で「あなた自身のたたかいの話を!」
と叫んだ声の主…雌のシマリス、のんのんでした。


のんのんのお母さんは、故郷の森を忘れることができず、
動物園の中で変わり者扱いされたまま衰弱して亡くなったのでした。

そしてのんのんも、その思いを受け継いで、
自由への希求を失くさなかったために、
動物園から脱出しようとして、仲間に妨害され、足をひどくかまれたのです。

そのため、のんのんは仲間はずれで、
動物園の中でもグリックはのんのんの存在に気がつかなかったのです。

そして、のんのんはそのときの足のケガのために、
びっこをひいていました。


旅に加わるのんのん。

グリックが促しても引き返す気はありません。

のんのんを無視したいが、それもできない。


ひとりの旅、ひとりの平和が壊された不満。

足手まといだという苛立ち。


でも、途中でグリックは悟るのです。

ひとりの旅からふたりの旅になったのだと。


協調の段階が訪れます。
関わり合い、協力しあう。

自分だけの世界から…
もっと大きなものが目標になる。


結末がどうなったかは、ぜひ本を読んでみてください☆


☆☆☆

このストーリーで私がお伝えしたかったのは、

まず、私たちに芽生える自由への希求のこと。


お釈迦様の話もそうでした。
王子として、作られ、お仕着せられた幸せの中にいたシャカ。


人(自分以外の誰か)が決めた豊かさの中にいても、
それは豊かでしょうか。

本人が選ぶことのできない、与えられた快適さは、
快適でしょうか。


塀の中の自由は自由ではないと、気づいてしまったのです。


世界(世間)にとって都合のいい「私」と、
本来の自己は、同一ではないのです。


シャカだって、王国の主としての将来を期待されていたでしょう。
グリックだって、姉さんとともにかわいいペットとして、
人間の家で一生を終えることを期待されていました。


そしてまた、出発の後は、まるで循環するかのように…
ひとりの旅からふたりの旅へ…
他者と関わり合い、協力しあう段階へ…

これらのストーリーは、展開していくのです。

隠遁してひとりきりで平和に浸るだけで終わらない、何か。



私は、これらすべてを、
外部のストーリーとしてではなく、
心の中で起こっていることと捉えていただきたいのです。

あなたの心には、なにが見えてきますか?


…今日はこんなお話でした。


☆スピリチュアル・カウンセリング☆
おひとりおひとりの波長に合わせたセッションをしています。
個人的なご相談はこちらへどうぞ。

「セッションのご紹介」
「お申し込み方法のご案内」

読後にクリックしていただけるとうれしいです♪
応援どうもありがとう☆☆


人気ブログランキングへ

精神世界ランキング



サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.