BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

夢をあむ

今日の記事タイトル「夢をあむ」

また、夢の話かな?というと、
そのようであって同時にそうではなかったり…。

今日お話しするのは、一般に「夢」とは区別されている“この現実”のことも
「夢」と指す、そういう話です。


☆☆☆

この現実もまた夢なんだ…

そんな風にいうと、まるでこの現実が、
とても頼りない吹けば飛ぶようなまぼろし、
実体のないものだと言っているように聞こえるかもしれません。


だけど、私はこの現実を「夢」にたとえることを好んで多く使いますが、
そんな風に思っているわけではないのです。

この現実を、“何かにくらべてないがしろにする”ような意味もありません。


☆☆☆

運命はすでに決まっていて、
固定されているそれに、働きかける余地はどこにもない…

人間は、それぞれに与えられたルートをただあゆむだけだ。

そう思うこともまた、自由です。
何が、誰にとっていいかなんて、他者には決められない。


私は、私であるがために、この話をするのでしょう。


「夢をあむ」


おのおのが自分の夢をつくりながら生きていて、
それぞれの夢は、その人唯一のものであるにもかかわらず。
同時にそれはひとりのものではなくて、
絶妙に干渉し合い、調和しながら生きているとしたらどうでしょう。


「あむ(編む)」という言葉を使ったのにはまた、わけがあります。


それは、私たちが「ゼロ」から何かをつくりだしているというよりも、
すでにある材料から創造する“編集権”が与えられているというのに近いかな、
と、私は思うからです。


といっても、それがまた、多くの、多くのヴァリエーションを持つもので…
組み合わせは無限にあり…

決して人間の限界あるマインドが早まって結論を出しがちな、
「すでにあるものの焼き直し」のような意味ではないのです。


☆☆☆

執着しすぎてもいけない
執着しなさすぎてもいけない

手放さなくてもいけない
手放しすぎてもいけない


操縦を放棄するのでもなく
操縦にしがみつくのでもなく

夢を編むには
絶妙なバランスが


☆☆☆

あなたがあなたの世界を、
完全に逐一、口を出しながら決定していくとしたら

これほど重荷になることはないでしょう(笑)

一方で、

あなたがあなたの世界で、
なすすべなくただただ翻弄される小船のようなものだとしたら

これほど心細いことはないでしょう。


☆☆☆

仮にあなたに…わかりやすいなら「神」でもいい、
ハイヤーなんとかでもいい、指導霊でもいい、

何か「高次」のものと呼ばれる存在がいて。

「ひとつの自分」の中で、
スペクトルのように便宜上分割した自分という体験をうみ、
この人生を生きるという、各チャンスをシェアしていたら。

つまり自分であって、
ある意味では自分の「子」的存在を持っているとしたら。


あなたは、何を望むでしょうか。


ただただその存在をコントロールしたいと思うでしょうか。
「上位」自己として?

それとも、その中に自由度や自主性というものをつくって、
どんな発展が起こるか見てみたいでしょうか。


「プログラム」の中に
たくさんの「余地」があるほど
生まれるものは大きい

それは無数の可能性…
かけあい…
×(かける)、で倍増する、レシピ。


自分が自分を知っているなら
そこから生まれた分身もまた、
同じエッセンスを所有するものとして尊重し
その創造性を発揮させたくはないだろうか。


☆☆☆

比較するために、次の光景をイメージして欲しい。
二人の子供が出会う。

一人は乳母車に乗っていて、それを世界が押している。
もう一人は世界と一緒に手を取り合って自分で歩いている。

乳母車に乗っている子供は、そんな場合の子供によくあるように、
得意顔でこう言う。

「僕の世界は僕のことを心配してくれるんだぞ!」

これに対して、もう一人の子供は答える。

「僕は世界と一緒におもちゃをもらいに行くんだ!」

どこに違いがあるか、わかっただろうか。

(『トランサーフィン 鏡の「超」法則』/ヴァジム・ゼランド著 299ページより)


☆☆☆

「夢をあむ」というイメージをとても面白く表現していると私が感じた、
漫画があるので紹介します。

バルバラ異界』(全4巻)

バルバラ異界 (1) (flowers comics)
萩尾 望都
4091670415


舞台は未来。
とある事件をきっかけに、眠ったきりになっている少女が出てきます。
少女の夢を探るべく、「夢先案内人」が彼女の夢に潜るのですが…

彼女の夢にシンクロして次々起こる出来事。
明るみに出る事実。

そして登場人物たちの人生は絡み合い…

「夢」の意外な役割が明らかになる。


「人類の意識がひとつになる未来」
こんなキーワードも出てきて、

そしてはたしてそれが幸せな未来かどうか?
葛藤する登場人物も出てきて、

細部を含め、「すごい!」と、うなると同時に、
私にとっては身近というか現実というか、
リアルに実感できるところが多すぎて、

ぜんぜんSFじゃないよー

と、思った漫画です。


萩尾望都さんの漫画には、これ以外にも、
深い「記憶」だったり、インスピレーションの宝庫ともいうべきところに、
つながっているのだろうなぁ…

と、思わずにはいられないものが多くありますね~。


興味を持った方、
ご自身が夢について普段、あまり記憶がなかったとしても、
たんに漫画としてでも断然面白いから読んでみてくださいね!


それでは、今日はこのへんで。☆ヾ(^∇^〃)


ご訪問感謝です!
応援クリックしていただけるとうれしいです♪


人気ブログランキングへ



精神世界ランキング
ありがとう♪

☆スピリチュアル・カウンセリング☆
「セッションのご紹介」
「お申し込み方法のご案内」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.