BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

本日は石の話+α 2

こんばんは (*´∇`)ノ☆
「本日は石の話+α 1」からの続きです。

本題の、石の話です。


前回ふれた通り、私は石を販売したり、
あと自分のセッションで特に石を使用するということもないのですが、

クリスタルヒーリングの講座に出たことや(これも仕事として、でしたが)、
自分や身近な人のために石を活用することは、あります☆


また、もしかすると、精神世界やエネルギーワークへの興味が高まると、
誰もが一度は!?通る道かもしれないのですが、

石への関心がとても高まり、魅かれる石があるとテンションアップ☆
お気に入りを選んだり購入したりすることが、とっても楽しかった時期もありました。

休日は、石のお手入れをいそいそとしていたりね♪


とはいえ、前回の記事である「+α」部分に書いたように、
そのときから「石に頼る」というスタンスは好きではありませんでした。

石に対しても、自然の一環として…
植物や動物を友人として見、愛でるのと同じ感覚でいるのが好きでした。


なので現在は、所有することにあまり興味は向かず、
ふと心に浮かんだ石について調べたり、
その波長を味わい感じることを楽しんでいます。


☆☆☆

そんな私が石の話を書こうと思い立ったのは。

セッションにおいても日常においても、人のことが、
特定の石や花(植物)などで見えたりすることがあるからです。バラ


それは、その人の波長をあらわしていたり、
そのときその人に必要な要素を見せてくれていたりします。

夢の世界と一緒で、
そのように「シンボル」で語る、メッセージが伝わってくることもあるのです。


私は、その物を実際に所有してくださいという意味ではなく、
(もちろん気持ちがひかれる場合には、持ってみてもいいと思います。
それはご本人次第です☆)
その方の要素を描写するための手段として、それをお伝えすることがあります。


☆☆☆

こういうことを自然と体験している私としては、
石を身につけている人を見たとき、
まず気になるのが、組み合わせの面です。

組み合わせ…

その人に合っているかどうか

それから、複数の石が一緒に使われている場合には、
石同士が合っているかどうか、もそうですね。


石につけられている値段やグレードよりも、そこ!です。


たとえば服だって、
とっても素敵だけれど、これは私の服じゃないな、
と感じること、ありますよね。

それから身につける服のひとつひとつのアイテムは素敵でも、
全体としてバラバラだと、なんだかちぐはぐになってしまいますね。


そのように、調和しているかどうかが気になるというわけです。

それぞれの波長に合っているかどうかは、
基本的には、本人が気に入ったもの、好きだなと思うもの、
心地よく感じるものを選ぶのが適しています。


ただ、個人的には、
石のエネルギーというのはなかなか強く特徴あるものに感じますので、
いっぺんに沢山の石を身につけている人を見ると、

「大丈夫なのかな!?体力(?)あるなぁ、強い人だなぁ~」

と、思ってしまいます!


私が日常的には石のアクセサリーを身につけない理由は、
自分のエネルギー以外のものが参加することにより、
結局、気が散るような感じがしたり、ちょっと負担に感じたりするからなのです。

なんというのだろう…
たとえ自分に合っている石でも、
中立で透明な自分自身のエネルギーとは、違ってしまう感じ。

素の波長と、ちょっと変わる感じ。

もちろん、ケースバイケースで、
今日はこれをつけたいと感じて、身につける日もあるんですよ。


この記事はハウツーとかマニュアルのようにお伝えしているつもりはないので、
私が書いていることがあなたの感覚と違っていても、むずかしく捉えずに
「そういう人もいるんだ~」と、
ひとつの見解として読んでくださいね!


それでね、

人と話をしていて、あるいはセッションで、わかるのは、
どなたも大体、自分の波長に合った石が好きなものなのですが、

「メッセージ」としてひらめく石の種類は、
ふだんのその人の好みとは、違ったものになることがあるのです。


たとえば、

ふだんローズクォーツムーンストーンなど、
やさしい感じの石が好きな人がいるとしますね。

確かにその人の波長に、それらの石はとてもよく調和しているのです。

けれども、日常、自分がすでに目を向けているその側面だけではなく、
他の側面にも、もっと目を向けたいときや、
バランスをとりたいと思っている場合など…その他にも様々な理由で、

たとえばその人の、「強い側面」を表す石であるとか。

ご本人がなじんでいたり、親しんでいたりするのとは別の側面と調和する石が、
シンボルとして伝わってくるときがあるのです。


そうすると最初は違和感を感じると思うのですが、
その石の性質や波長に注意してみると、
なるほど、と何かがわかることがあります。


☆☆☆

実は、私が今回の記事を書くにあたっても、
ふいにインスピレーションでやってきた石があります。

(この間の「ひさしぶりに天使や精霊のお話」のときのアイオライトも、
そういういきさつで、入ってきたもののひとつでした)


それは以下の石です。
どんな石かを見ていただくために、それぞれの石へのリンクを貼りました。

リンクは、私が検索をかけてぱっと出てきたものです。
石の解説もそれぞれですので、詳しく調べたい方は、もっと探してみてください。

ダイオプテーズ
天然石・パワーストーン意味辞典「ダイオプテーズ」
MSN産経westの記事・宝の石図鑑より「ダイオプテーズ」

ソーダライト
天然石・パワーストーン意味辞典「ソーダライト」

アベンチュリン
天然石・パワーストーン意味辞典「アベンチュリン」


どれも、特別に自分が意識したことのある石ではなく、
とくにダイオプテーズは、私にはまったくなじみのない石だったので、
心に浮かんだ名前を検索してみて初めて、どんな石かを知った次第です。

他の2つは、かつて持っていたり、今も持っていたりしました。

確認してみると、アベンチュリンは昔さほどひかれなかったのですが、
最近はかなり好きな波長だなと感じました。

私は、かつては、透明感のあるやさしい色の石ばかりが好きでしたね。
近頃は深みがあったり個性的な…渋い石も好きになってきました(笑)


さて、これが私個人へ向けてのメッセージなのはもちろんですが、
ブログに書こう、という強い感じも伴いましたので、
私なりに感じ取ったメッセージをここに書いておきます。


これら3つの石を通して、私にはこんなことが感じられました、


ハートを通して地球とつながるイメージ


これは、どちらかというと、「宇宙意識へ!」というような
意識がややスペイシーになってしまう感じとは異なっていて。

現実的に (ここで、ということ)
地に足をつける感じ、

今、体験している地球を、生きるということ。


…それが実は、自動的にハートを大きくひらくということにつながり、癒しである。


これが私の感じたところです。


最後までお読みいただきありがとうございました☆ キラキラ


応援のクリックをよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ



精神世界ランキング
ありがとう☆

☆スピリチュアル・カウンセリングをしています☆
「セッションのご紹介」
「お申し込み方法のご案内」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.