BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

ひさびさに天使になぐさめられた話・彼らの伝え方☆

こんばんは。

どちらか書こうかな…と用意していた内容が2つあったのですが、
変更してこちらをお送りします。

はい、また天使のお話です。キラキラ☆


あ、“天使”に抵抗のある人は、
天使だと思わなくっていいですよー。

彼らに姿はないですし。

私も、いつも「形」で認識しているわけじゃありません。


そもそも、姿のないものを、姿のあるように知覚するのはどうしてかというと、
人間体験している私たちには、そうするのが伝わりやすいから。

私たちがそういう形で理解するから。
それだけですね。


ついでに書いておきますと、
「みえる・みえない」にこだわらなくていいんですよ。

自分がわかればいいのです。

こういう感じがするなぁ、

で、いいんですけれども、
ただ、ここで特徴になるのは「思考が介入しない」
ぱっと見える(感覚としては「見え」なくても、ですよ!笑)

…という点です。


セッションでもそうお伝えするのですが、

(これは、“不思議なものを見る”という限定した意味合いでなく、)

みえてらっしゃるのに、と思うことは、わりとあります。


おそれが入っていなくて、自分が感じてることというのは、
けっこう合っているものですよ。

おそれは…知覚をゆがめる薬です(!)

そこは慎重になる必要がありますね


☆☆☆

さて、今日天使に言われたことは、

言語化すると、

「もっと自分を出して(発揮して)いいんだよ!
私たちは、あなたにあげたいものがたくさんあるよ。」


ということでした。


この内容をこうしてブログでシェアするのも、
私のみならず、このメッセージを受け取る人がいると思うからです。


ちなみに私は、言語でないさまざまな形でも情報を受け取りますが、
案外、言葉でもはっきり、よく受け取ります。

語りかけられるような感じです。


それはあくまで、「私の中にある言語情報」
を利用して伝えてきているということなので、

たとえば、私の日常言語は日本語ですが、
私がほどほどに使える英語という言語でも、バンバン入ってきます。


コンピューターにたとえると、とりあえず、
日本語だけでなく英語のソフトも入っているコンピューターが、私で。

“伝える側”は、「言葉」というカテゴリの中で、
なるべくヴァイブレーションに適しているものを探し、マッチさせているだけ。芽


つまり、単に「私の中にある道具(言語)」の中で、
たとえば日本語より英語の単語や表現の方がより「近い!」場合など、
その方が私にストレートに伝わる、感覚を受信させられる、ということで、

英語で伝えてくるというわけなのです。


もちろん、言語のみならず、
それがイメージのときもあれば、感覚のときもあれば
外界を利用したインディケーション(暗示)のときもある、というわけです。


ちょっと話がそれましたが、ご参考にバラ


☆☆☆

そしてもうひとつ、個人的に絞ったトピックで、
かなり具体的に、天使にきいてみたことがありました。

それは自分が、自信を失い、
自分への信頼も弱まりかけていた、あることについてです。


すると…

(これは言語で、一瞬にして入ってきました!笑
まるで打てば響くように!)


「自分でわかっているじゃありませんか!
今だってそれがあるじゃない?

自分の中にある、途絶えない、それ。
それの何を疑うの!?」


叱咤ではないですけど、スカーンと、ヒットされたような感覚で(笑)

そこはもう迷いどころじゃないって

と、ツッコミを入れられたような気が致しました。ミッフィー


ときどき思うのですが、

「今迷うのはそこじゃない。
もはや、そこは通り過ぎたのだ。

それなのに、記憶にある過去の分岐点をまだ疑う。

…それは、エネルギーを散逸させることである。」


これも、誰かのご参考になれば幸いです


☆☆☆

私も天使や非物質的サポーターのメッセージをきいてみたい!という方、
セッションではそのお手伝いをしています。↓

☆vanillatreeのスピリチュアル・カウンセリング☆
「セッションのご紹介」
「お申し込み方法のご案内」


応援クリックいただけるとうれしいです!

人気ブログランキングへ



精神世界ランキング
ありがとう☆

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.