BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

物質世界の限界

先に書いておきますと、この記事は、
「物質世界」を切り離して考えるためのものでも、
否定するものでもないんです。

どれもひとつで、つながってるんだけど、
今回テーマにしたいのはその役割分担というか順序というか。


今日のタイトルは「物質世界の限界」です。


☆☆☆

ここ最近の私は、“思考する思考”があまり働かず、ぼーっとしてます。

周期的なヴォイド、一時的なものかなって思っていますが。


どういう状態になっているかというと、

よく言えば、「お悩み」「こんがらがる思考」に前ほど入っていけなくなりました。
よく言えば、ですよぉ。

べつの言い方をすれば、単にそこにエネルギーが持っていけない。
どっかショートしたのかもしれない…。

途中まで同じ回線をたどりかけて、スパーク!みたいな。
エンジン、そこまで持たない!→エンスト!みたいな。溜息


一方で、直観とかインスピレーションというのも、
やはり自分の思考という形で自然に入ってくるもので。

(↑このこと、何度か記事に書きましたけど、それゆえに、
直観やインスピレーションをしっかり受け取ってるのに、
そのさりげなさに、自覚してないというときもありますね!)


それはまるで、どちらかというとエネルギー使わなくても、
「自動再生」みたいに勝手にひろがる
わけですが。

(だから、「ただわかる」、みたいな言い方をするときもあるんですね。)


こういうのを、自分の直観と受け取ってもいいし、
源泉なりハイヤーセルフなり天使やヘルパー存在なり、からの、
サポート、サイン、メッセージであると受け取ってもいいと思います。

っていうか、持論ですけど、それは両方なんだよね…。


私は今日の午前中、非常にさりげない形で、
ちょっと意外な、そういうサポートを実感する出来事があり

「う~ん。やっぱ天使(or 直観 etc.)ってすごいなー!!」

と、うなったばかりです。


色々言いつつ、私が天使の話題を好むのは、
まず、自分自身の内なる感覚と天使との間に、
特に違い、違和感を感じていないのと、

(どこかで昔、少し記事に書きましたが、
「ああ、天使ってこれのことだな」とわかる存在を、
自分が体験していた記憶もあります。そのうちまた書きますね!)

あとは、「自分の直観すごーい!☆」となるよりも、
その送信sender というか…協力している存在を認識すると、

あぁ、色々助けられてるなぁ…と、
しみじみ感謝の気持ちが湧くから、です☆


そう、いずれにせよ、
自分と捉えようと、別の存在と捉えようと、
そこに分離感はないんです。たんに角度の違いね。


…話を戻して。


そんな風に、日常どっぷりのフォーカスからちょっと外れて、
“自動再生”の、ひろく透明な、入ってくる感覚に自分をまかせているとき。

すごく、「物質世界の限界」というものに気づくんですね。


これが、冒頭の、注意を喚起した文章につながるんですが…。


それはね、
ここですることに意味がないとか、
すべて意識の世界で行われるのだから、
行動しないでただ座って待てばいい、とか、

そういう話になるのではなくて~。

むしろ、どこに主眼を置いて行動するか、なのです。


こっちの(物質体験の)世界って、現象化した世界でしょ。

どっちが先か、源はどっちか、っていったら、
形が無い方のが先でしょ。

「因」のほうをすっとばして、
「結果」だけをどうにかしようとあがいたって、

それは力ずくのたたかいとなり、
うわべだけのなだめとなり…、


日常の些細なことでも、これって当てはまるんです。


つまり、物質レベルだけを見て、常識の範囲で、働きかけても、
限界があるということなんです。

現象化してしまったものに、同じレベルで対抗しても、
表面をさらうにすぎない。付け焼刃。


「別の目を使う」

そして、別の手足…
それは「身体の現実」ではない手段、

意識や心、エネルギーの手段を、使う。


これが、今私に送られてきてるメッセージです。


いや、メッセージというより。

それをもはや、想像や仮定、「…信じてみようかな?」
の領域にとどめておくのではなく、実用的な話であるということ。

すでに信じてないやり方を、“だらだら食い”するのはやめて、
それを主眼にしたら?ということ。

もうはっきり認識する時間だよ、

そう言われているのかもしれませんね。


クリックしていただけるとうれしいです♪(*^▽^*)

人気ブログランキングへ



精神世界ランキング

☆vanillatreeのスピリチュアル・カウンセリング☆
「個人セッションのご案内はこちら」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.