BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

感情の爆発と、エネルギー

昨晩と、今朝と、色々あって カイジ泣き してしまいました!

カイジ泣きとは…漫画のカイジの泣き方のように泣くこと(by vanilltaree)

どんなだか知っている方は「ああ…」と、思ってくださいませ汗☆


具体的な現象には他者が関わっていたけれど、

結局のところ、

「自分が自分のことわかってなかったな。見えてなかったな」

という気持ちです。


そしてまた、以前どこかで書いた気もするのですが、

私は、自分の感情を、その場ですぐに気づくことができずに、

しばらく経った後になって

「なんかもやもやする…あれ?悲しみがある(怒りがある)」

と、やっと時間差でわかることがあります。


どうしてだろう、これは厄介だなぁとずっと思っていたのですが、

「言葉やうわべの状況に合わせようとして、

感じたことを抑えてしまうから」

そうなってしまうこともあるのだと、わかりました。



たとえば、ある人が、表面上はなにげない言葉を言ったとします。

ところが、感じるエネルギーの方では、

そこに相手の別な意図や、攻撃的な気持ち
が含まれていたとします。

(もちろん本人も、無意識でしているかもしれません。)

すると、エネルギーレベルの自分は、それをキャッチして、

「うっ、痛いなぁ」とか、なにかしら感じています。



でも、言葉のやりとりや状況の方は、つつがなくすすんでいたり、

なごやかだったりするので、

そこで自分の感じたことをとりあえずホールドしてしまう。

何事もなかったように…どころか、自分からわざわざ話に乗っていたり。あせ


でも、それは後になってちゃぁんと出てくるわけです。


そのときに、自分の感じたことを尊重する人であれば、

見えてる状況のほうに信頼を置くのではなく、

少なくとも自分自身が「あ、今こう感じる」ということを受け止めてやることができ、

それだけで大きく違うだろうにな、と思います。

状況次第では、話題を変えるとか、できることもあるかもしれないし。


(ただ、相手に直接、自分がなにを感じたとか、

いちいち伝えるのはケースバイケースで、

やらない方がいいことの方が圧倒的に多いと思います)


そしてこのとき、

相手のエネルギーをそのまま感じるだけで済めばよいのですが、

自分もそれに対応する痛み(地雷)を持っていた場合。


これが無ければ、

「ふーん、この人(相手)は、こういうことに怒りを持っているのか」

とか、その心の中身を拝見するだけで終わるのですが、

自分がそこに噛み合う痛みを持っていると、

あたかも

「この人に傷つけられた!」

と、その人に対する怒りや悲しみのように


錯覚する形で出てきてしまうのですね


それは、そもそも自分が持っているものなのにね~。ミッフィー


ん?ちょっとチクッと痛いぞ、で済まずに、

「とっても痛いぃぃぃ!なんてことしてくれるのよーー!!」

と、怒ったり、涙を流したりするのはこんなときではないでしょうか(汗)


☆☆☆

それでも、最近の私は、だいぶフラットに

自分の味方をするでも、相手の味方をするでもなく、

起きたことを観察できるようになりました。


相手が悪い~!も問題ですけど、自分が悪い悪いにもならないようにね。


自分の感情をよく眺めれば、

なるほど、こんなことを信じていて、こう感じたんだ!

と、わかりますよ~。

そこに善悪はありません。駒とか一覧表みたいな…(笑)

感情の流れの上流(出どころ)を、見てみてくださいね☆


そしてもし、私のように、

エネルギーレベルで感じることと、実際の言葉や見えている状況とのズレ

を感じる方がいたら、

自分の感情・感覚を敬い、静かな心で観察してみてください。


ただ中立に状況を観察するだけならば、

誰がよい、わるい の思考に陥るのではなく、色々なことがわかりますよハート



それでは皆様、よい週末を芽


P.S.

今日書きたいと思っていたのですが、

次回、「オーラの色と、人の個性」

について、書く予定です!お楽しみに~バラ


☆スピリチュアル・カウンセリングをしています☆
「個人セッションのご案内はこちらから」

ランキングに参加しています。応援感謝です星

人気ブログランキングへ      



精神世界ランキング

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.