BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

ひとりで何でもできる人になるよりも

ふたたび、こんにちは。

本日2度目の更新です


こちらは、今朝、浮かんできたメッセージです。


人の個性は色々だけど

「個性」も、けっこう曖昧なもので、

それってぜんぶが固定されているものではなくって

勝手に変わっていっちゃうところも沢山ありますよねぇ。


これから書くことは、昔はそう思えなかったのだけど

今の私が感じていることです。


☆☆☆


ひとりで何でもできる人になるよりも

助けに感謝できる人間でありたいと思う。


“できない私”を改善しようとやっきになるよりも

できるところを伸ばすことから始めたいと思う


人間であるということは

「ぜんぶひとりで」 できるようには、できていない

ということだと思う


ただ、それは、


何もできない

ということともまったく違う


☆☆☆


よいと認めているものを、もっとよくできるかな?

と、創意工夫で考えるのは楽しいよね。


だめだ、だめだの発想から考えるよりも。


たとえ、実際にやることが、結局一緒になったとしてもね。



そういう、「自身の内側でどう捉えるか」の方向づけは、

「外から具体的に」もらえるまで待つのではなく

(=承認、評価、「お墨付き」を待つのではなく)


カメラワークみたいに、自分で動かせるとなおいいけれど。



すばらしいことに、

その

「きっかけ」は、外から、

ちゃんとふんだんにもらっているんだよね、いつも。



勉強するときに、教科書や参考書のページ上で、

蛍光ペンなどのラインマーカーを使って

重要と思うところ をマークしたことありますか?


そこだけ目がいくように「ハイライト」したことありますか?



…あなたは、どこにハイライトしているかな?


世界という鏡の反射を使って、心をよく眺めるなら、それがわかりますね。



馬には乗ってみよ、人には添うてみよ

というけれど、


本当に、


「外」に見える世界というのは、

あなたを助けてくれているもので、


(決して敵対しているものではないのです)


与えられている、ギフト(恩恵)が盛りだくさんで。キラキラ☆


そこに気づくか、気づかないか、なんですよね。



だから、


経験を、事態を、よいとかわるいとか、

あまりにうすっぺらい、おおざっぱなラベルで仕分けしてしまう前に。


外観だけ見て、ああ、こういうものね って、

習慣的に切り捨て、結論づけてしまう前に。



そこにあるギフトを受け取って。


外界という形に姿を変えて、示されている、「助け」を受け取って。


自分はひとりで、がんばっていると思い込むよりも。

あなたをバックアップしている力を、認めて。


あなたも私も、助けているし、助けられているから。


★スピリチュアル・カウンセリングのご予約はこちら★
「個人セッションのご案内」


ランキングに参加しています。
クリックどうぞよろしくお願いします☆

精神世界ランキング


人気ブログランキングへ


ありがとうございます!

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.