BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

シフトチェンジ~エネルギーの定義を変えるには?2

こんばんは!(^-^)/


前回の記事 につづきまして、

「シフトチェンジ~エネルギーの定義を変えるには?2」

を、お届けします。



あのね、もしかしたらこのシリーズで書いていることって、

言語化すると、ピンとこない方もいるかもしれません。


でも、内容に少しでも興味があったら、

自分なりの感覚に置き換えていいですから、

考えて、想像して、体感してみてくださいね。


私が書いて表現したこと、

こういうことかな?

こういう感じかな?

って、たとえ疑問を持ちながらでも、


あなた自身が、その世界に入ってみてほしいんです。


私も、前々回の記事(「私が治ったわけ・別の人間にシフトすること」

を書いて、それから昨日の記事を書いて、

みなさんにお伝えしたい一心で、


そのときの感覚を再現しようと文章にしていたら、


私自身もまた、 感覚がチューニングされ、

シフトが起こっているのを実感しています。


そこで気づいたこと、また別の日に記事にしますね。^^


☆☆☆


さて、昨日の記事の最後では、

定常化(習慣化)しているエネルギーのシフトを起こすのに、

もうひとつ必要かな?と思った条件がある、と書きました。


これは、

必ずしも 必要な条件ではないのですが、

そうなっていると、おのずと準備ができていることが多いな~


という条件です。



それはね、シフトする前のエネルギーを、


味わい尽していること!


(*゜▽゜ノノ゛☆



本人が、もういいやと思えるところまでくると、

シフトも起こりやすいです。



たとえつらかったり、苦しかったり、

「嫌だ」と思っていたとしても…


その内容を味わい尽してないうちは、

シフトの準備ができてないことが多い



繰り返しますが、これってマストの条件じゃないですよ!

そうでなければ変化できないというわけでは、ありません。


ただ、傾向として、


変化を望みながらも、どこかでまだ本当に満足していない。

十分に味わい尽した、これはもういいよ

…と、思えるところに達していないことがある。


そんな感じです。


飽きる

と言い換えてもいいかもしれません。



その状態に本当に飽きると、

すっごく変化がしやすいです。


それはプラスにも、マイナスにも、

そこに取り組みたい気持ちがゼロになる感じ
です。


なのでもはや、努力しなくても、

勝手にニュートラルになってしまい、

ただ「選ぶ」ことができるのかも。


ですから、

「大きい自分」なんて言われてもわかんないよ…な感じで、


にっちもさっちも…

な、人は、とりあえず、

出てくるものを「味わい尽くす」といいですよ!


うひゃ~ ってなりながらでも、

それと闘うのではなく、避けるのでもなく。

こわがらないで!!味わって。


大丈夫、それもまた過ぎ去るから。



何かを、


ポジティブに受け入れるのも、

ネガティブに受け入れるのも、

どっちも、まだそこに関心がありますよね。


そこに、「芯」が残っていますよね。

その存在をまだテーマにできるようなね。



受け入れようとがんばんなくていいから~


ただ、自分の中から出てくるものを、味わって。

その先に、見えるものがきっとあるよ。


★スピリチュアル・カウンセリングのお知らせはこちらです★
「個人セッションのご案内」


ランキングに参加しています。
クリックどうぞよろしくお願いします

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ


ありがとう!!

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.