BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

わかってあげたい、の真髄は?

こんにちは。

今日はひさびさに雑記など。


色々あって、心は静かなのですが、

さまざまな考察?が、ときどきひらめきみたいにフラッシュしています。


☆☆☆


私は、昔から、人の内面を「わかってあげたい」と、思うタイプでした。


「わかってあげたい」という表現は、

「知りたい」という言葉よりも、印象はよくないかもしれないけど、

「わかってあげたいな~」の感じがそのまましっくりきます。


こどもの頃から、

映画やドラマや漫画、何かのストーリーで、悪役が出てくると、

その人の心の奥がわかってあげたくて、

ただ「悪」とされていることがせつなくて、

代弁したいような気持ちがありました。


そうなるまでに至った理由(背景)や、

その人の心の奥にある気持ちや動機など…。



なので、ときどき、夢の中でも代弁者というか、

亡くなった人のメッセージを伝える役をやってしまうのかも、ですね。



大人になった今、

スピリチュアル・カウンセラーとして活動している動機も、

そういうところにある気がします。



ただ、これが、プライベートな現実の人生で、

自分にとってプラスなのかどうかは微妙なところです。



平べったく、「楽なこと」がプラスなんだよ、という評価ではかったら、

確実にマイナスなのでは、と思います。


そんなこと知らなくてもいいんだよ、

無関心になりなよ、

と思うように頑張ってみたこともありましたが、無駄でした汗☆



自分のその部分については、けっこう真剣に分析してきましたが、

これはどちらかというと、

「人間を知りたい」

というやまない要求に近い気がします。


全般的に人の内面に興味がありますね。



あるときには、

「自分が、わかってほしい人だから、他者をわかろうとするのか?」

という角度で、考えてみたこともありました。



それもあったのかもしれませんが、

昔はともかく、最近はだいぶ、そこは抜けてきてるんですよね。


途中まで、「わかって!」で、ごちゃごちゃすることはあっても、

最終的には、

「私が、私をわかっていればいいか!」

という感じで、スコーンと抜けてしまいます。



これは、

「霊的な目線」に確信を持つようになってから育った部分かな。

「すべてを見ている目線」に気づくと、

そこに対する隠しごととか、不可能ですしね。



自分のすべてを知っているところがあると知っているから、

(「心の奥にある静かな泉」、です)

どうしてもそのすべてを、ここで証明しなければとは思わない。


他の人を「説得」してまで、自分をわかってもらわなくてもね…

それぞれの事情も背景もあるし、

通じ合うときは、あまり色々説明しなくても、自然とわかったりするしね。

と、思います。




では、人を「信頼」してないから、その中身を知りたいのか?わかりたいのか?


これについても考えてみました。

場合によっては、この見方も、いい線いってる気がしました。

が、やはり、「興味」の部分が大っきいな~、というのが、否定できないです。



私たちはひとりひとり、

ある意味で、「個人の王国」を持っていますね。


人と関わるということは、異文化交流みたいなもので、

コミュニケーションの努力は必要だと思うんですよ。


「共通」で使っていると思っている認識も、言葉も、

ぜーんぜん、中身は違っていたりするから。

(それが近い感じだと、違和感なくそのまま気づかないかもしれないです。)


色だって、同じ色を見ているかどうかはわからないよね。



「違うことを前提に」

橋架けをするのが、私の主義だったのもしれないのですけど。



この「ギャップ」

(お互いの思っていることが、伝わり合わない世界)

が、より本質的な世界では ありえないこと なので、

貴重な体験というか、興味深いのかもしれないですね。



多角的な見方を身につける、いい訓練なんだろうなと思ったりもします。



物質世界にフォーカスしなくなっても(身体的な体験じゃなくなっても)、

創造性はひろがっていて、

色々なバラエティーがありますからね…。


ここでスキルを身につけたら、その中でも生きるんじゃないかな。芽


…っと、ちょっとぶっ飛んだ話に聞こえるかもですが、

自分の狙いがそのへんにもあるような気が深まっている、今日この頃です。



★スピリチュアル・カウンセリングのお知らせはこちらです★
「個人セッションのご案内」


ランキングに参加中!
クリックよろしくお願いしますミッフィー


精神世界ランキング



人気ブログランキングへ


ありがとう!キラキラ☆

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.