BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

ゾンビの極意?

昨日の記事でアップしたビエネッタ様を、

きれいに食べ終わりましたvanillatreeです。


てつやちゃんはつつましく、2目盛ほどしかいらないと言ったので、

(上のチョコの模様を、勝手に目盛として数えてみました 笑)

残りすべてが昨日・今日と私のおなかにおさまったことになります…


ごちそうさまでした!キラキラ☆ ぺこ



さて、年末~このお正月中に、何本かDVDを借りて観ました。


中には、ぜひブログに書いてみたいくらい、

私好みの面白い映画もあったのですが。



今回、とくに意識して選んだわけではないのに、

(ときには私のチョイス、ときには彼のチョイス)

ストーリー中にゾンビの出てくる映画が続きまして…



あ、それらは私の気に入った映画ではないのです。

ホラーもゾンビも、好みではないので…。

それはともかく、ゾンビの登場する映画は、どちらも内容がいまいちでした。



……観終わった後に、私の口から、思わずこんな感想がもれました。



人間はどうしてゾンビ映画好きなんだろう?

自分の意思をなくして(我を喪失して)、

操られることへの憧れ?


(↑あえて、「怖れ」とは言わずに「あこがれ」。

だって、こんなの作る&ヒットするくらいに好きそうじゃない? 笑)


私のその発言に対し、


「不死が好きなんだよ」、と彼。


不死…?

たしかにゾンビは死なないけれど。



自分の意思をなくしたら、

(自分が何であるかもわからないなら、)

もはや、不死とは言えないんじゃない?
と、思う私。



ともあれ、

お陰様で、ゾンビの動きは、真似できるくらい学習しました(笑)


あと、唸り声も(笑)



観察してみると、


人間は、突発的でかくかくした動き

(自分の意思というより操られて動いているような動き)や、


ぬるぬる、にゅるにゅるした見かけ、


「ぐぉぉ…ぐぁぁ…」

というような唸り声に、恐怖のイメージがあるのでしょうか。



あと、口や腹等、通常ありえないところから

何かドバァッと出てくるのも怖いみたい。


なるほどね。



なんて、

私も昔はこんな風に冷静に見たり、

そういう描写を「ファニー(滑稽!)」と思うことなんて無理で!、

本気で怖がっていましたよ、ホラーもゾンビも。


そんな映画や番組を、うっかり見てしまった日には、

お風呂やトイレもびくびく、夜も眠れないほど怖かったですよ!



でも、以前「霊的な話」カテゴリの中の、

「自分のキャパシティ1」

という話の後半で書いたような体験もあり、


あるときからパッタリ、人間の作ったそういう”恐怖もの”も、

怖くなくなりました。



ただ、やっぱり趣味ではないので(楽しくない)、

それとわかっているものを、好んで観ることはないですね。


あと、昔から、お化け屋敷や心霊特集なんかも苦手です。

今でも、なぜに好んでそんなことを???と…思います(笑)



あとは、夢の中で時折遭遇する、

アグレッシブで齧りついてくるゾンビ

(齧られると、痛み有り)

に思わず、びっくりするのを克服するだけね!(笑)いえー


…って、これにも共感してくれる方、いるかしら?(笑)えへへ…


☆補足あります!→こちら


★vanillatreeのスピリチュアル・カウンセリングはこちらです^^★
「個人セッションのご案内」


ランキングに参加中。
クリックよろしくお願いしま~す(*^▽^*)

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ


どうもありがとうございます♪

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.