BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

感情の癖に気づいたときは

本日2度目の更新です☆

「感情の癖に気づいたときは」

タイトルでは、あえて「思い癖」ではなく、

「感情の癖」という言葉を使っています。

☆☆☆

ふつう、感情の出てくる前には「こうだと信じていること(観念)」があり、

そのことをまるで判定の物差しのようにして、基準にしてから、

ふさわしい感情が湧いてきます。


このプロセスに意識的に気づいていることばかりではなく、

自分の感情の出どころが自分でもよくわかんない、

っていう方もいると思います。


ただ、その「源」を見ることは、その気になれば難しくなく、

それについてはこのブログでもご説明してきましたが、

今日は、ちょっと違ったお話をします。


誰にでも、自分の「癖になっている感情」ってあると思います。

おちいりやすい感情、のことです。

その感情は、おおまかに喜怒哀楽で分けるだけじゃなく、

ものがなしい、ゆううつ、いらいら、むなしい、さみしい…

こまかく色々な種類があることでしょう。

その中で、自分の「入り込みやすい」感情の傾向を自覚します。


人によっては、

カッカ、むしゃくしゃ!

という怒りの気分に入り込みやすいという人もいれば、


気分がじわじわと低調になる感じ……

つまらなさ、むなしさ、さみしさ……、に陥りやすい人もいると思います。


そのときに!


その気分の「源」は、実は、先述のように「あえて探らなくとも」、

本人は、意識の中では相当はっきり知っているものなのです。

それでも、そうしているっていうわけなんですよね。


ですから、その「癖」を、ただの「癖」として自覚します。


これを「隙間の術」と、呼びます。

今、名付けたよ(笑)


つまり、その感情を感じている自分を、

正当化せず、否定もせず、

ただ、「これは私が好んではまりやすいテイスト(感情)なのだ」

ということを、認識します。


すると、

あれ?たいしたことないな

すっかり、そんな気分だと思っていたのに、

そんな気がしてただけみたい……

という風に、なんだか夢から覚めたみたいに、

その感情が立ち消えてしまいます。


これは、「抑圧する」、「無理に消す」というのとは違うんです!

ただ、「隙間」を入れ、そのワンクッションの距離に、

「私のかみしめやすい感情(テイスト)」を知っている状態、

……を差し挟むだけで、

まるでBGMのように流れていた自分の感情(フィーリング)が、

ふぃっと消えちゃうんです。


「絶賛上演中」の状態から、

「舞台から降りて素の自分にもどる。」

という感じです。


最後に、この記事にともなうメッセージです。


正体のないものに

リアルさを着せて

追究すればするほど

それがリアルになっていく


夢の世界の中で

なにをリアルと判断するかはあなた自身


あなたの集中力、エネルギーの視点(フォーカス)は、

あなたにとっての真実を照らし、実体化する魔法の杖芽


★スピリチュアル・カウンセリング個人セッション
(対面、スカイプ、電話)★

個人セッションについて

お申込みのご案内

ランキングに参加しています。
クリックどうぞよろしくお願いします。

精神世界ランキング

ありがとうございます!

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.