BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

毎日が白紙のキャンバス

これは昨夜~今朝にかけての、睡眠の途中に起きたことです。


夜中、私は眠りが浅くって、

半分起きているような、眠っているような、曖昧な状態の中にいました。


それなので、

完全に夢に入ってしまうというよりは、

起きている自分の感覚に近いまま、

同時に、うっすら夢の中にいるような感じだったのです。



…気づくと、私の意識は、

昨日の記事→「実践しながら、がいい感じ!」 でふれた、


その日の日中に調べた、パソコンで絵を描く技術

について、思考の整理のようなことをしていました。



前回の記事中では、


解説を見てもちんぷんかんぷんなのだから、

体当たりするしかないか♪(*^▽^*)


という感想を書いたわけなのですが、



よくわからないな~といううわべの気持ちとは裏腹に、

調べた情報は、それなりに吸収もしていたようで…(驚)( ゚□゚ )



(色付けのときの)スポイトって、便利なんだな~♪

とか、(←楽しそうに… 笑)

レイヤーの透明ピクセルをロックって、こういうことね…

とか、意識の中で、なんか、作業してるの!!!(笑)



学習してるじゃん、私www(*´∇`*)



そうそう、夢には、思考の整理や、

現実の復習・予行練習っていう側面も、あるのでした。





そのうち、半分眠りながらも、自分のしていることに、ハッと気づいた私。



すると今度は、すこし 明晰夢 のような感じの状態で、

理解(メッセージ)が流れ込んできました。


その内容は、以下の通りです。


☆☆☆


私たちは、内なる線を、外なる線として投影している。


生まれてしばらくの赤ちゃんは、まだそれが上手にできないので、

目が見えない、というように言われている。


実際は、目(肉体の機能)が見えないのではなく、

この世界の観念(ルール)になじんでいない。


その、働かせ方、合わせ方を、練習している。


それは、

内なる概念を、外に一致させる(投影する)という作業である。



…たとえば、テーブルを「物体のテーブル」として知覚するためには、

「テーブル」という概念(観念・思考の型)を、知らなければならない。


それら「型はめ作業」がなければ、全部、エネルギー。

音のように、色々なヴァイブレーションの。


個々の物体を、今見ているような形で、知覚することはできない。

体についても、そうである。


内側のキャンバスに描いて、

外側にそれを投影することで、

私たちは知覚しているのだ。



その意味で、ほんとうは、

私たちは毎日、白紙のキャンバスに向き合っている。


毎日同じものを見ているようでも、

そこに置いてある今日の電話と、

明日の電話は、同じではない…


☆☆☆


いかがでしたか?


純粋な興味で、ニコ

絵を描く、ということに意識を集中していたことから、

開かれたインスピレーションでした。芽


きっとあなたも、

好奇心、情熱をもって何かをやっているとき、

意外なインスピレーションを受信されていることと思います☆にっこり



★スピリチュアル・カウンセリングのお知らせはこちらから
「個人セッションのご案内」


ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします音符

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ


ありがとうございます!星

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.