BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

観念は現実の素材です☆

こんにちは~


テーマ別カテゴリ「創造」の中で、続いていますこのシリーズ

「自己内2WAYコミュニケーションのすすめ、その方法☆」

「シンボルはあなたのもの☆」


以前からこのブログ『心の奥にある静かな泉』に、

おつきあいいただいている方には、

少なからず重複になるポイントもあるのですが、


この件、なにせvanillatree自身が、「ピタッ」と、

実地応用できるレベルへ統合されたのがついこの間のこと。


同じ情報も、今の方がより、

「エネルギーレベル」でお伝えできると確信しています。


今日のタイトルは、「観念は現実の素材です☆」


☆☆☆


当たり前のようにブログ内で「観念」という言葉を使っていますが、

この言葉は、英語でいう「BELIEF」、信じていることという意味です。


今日は、「観念」について、より詳しくお話しします。


もしかすると、曖昧な理解のまま、


観念 = 取り除かなければならないもの、有害なもの

(日本語で言うところの、「固定観念」などのイメージ)



という風に、誤解している方もいらっしゃるかもしれませんね。



観念は、“現実”の素材です。

建築材料みたいなものです。


「観念浄化」という言葉を耳にすることがありますが、

もし、それを単純に、「観念をゼロにすること、全部無くすこと」

だと思っている方がいたら、

その方は観念とは何かということと、その使い方

よく理解していないかもしれません。



たとえば、ここにテーブルがあるとします。


テーブルは、

テーブルという「合意(決まり)」を信じること(採用すること)で、

私たちの体験しているような物質のテーブルとして、

体験することができます。


その合意がなければ、今見て、触っているような、

テーブルを体験することは、できません。



…ご理解いただけますか?


観念(BELIEF)を用いなければ、

今の身体を持つ人間としての自分

は、このようには体験できないのです。


つまり、観念そのものに、わるいところは何もありません。

それは、材料です。



私たちの体が自然とそうであるように、

特定の観念に過剰に凝り固まっていなければ、


細胞が自然と入れ替わるように、

観念も、適切に、入れ換えられていくものなのです。


ところが、特定の観念にエネルギーが集中している場合

そのことが、自然な流れを妨げてしまうことがあります。




観念を調べると、たいてい、核となる観念のまわりには、

それにつながる観念が、数珠つなぎに存在しています。


私たちはこうして、実に、観念をうまく使って、ちりばめ、

現実を巧みに仕上げているわけです!!キラキラ



☆☆☆


実際に、観念を「現実の素材」として使っている様子を、

とても象徴的に描いているな
、と私が思ったのが、

何度かご紹介した映画、インセプションの中の、あるシーンです。


インセプション

インセプション [DVD]
B0050ICLCM


主人公コブとともに、建築科の学生アリアドネが、

夢の中で「夢と気づく」、最初の実習をしているシーンがあります。


ふたりはカフェの、通りに面したテラスで、会話しています。

不意にコブが、アリアドネに、以下のようなことを尋ねます、

「いつからここにいる?どうやって、ここに来た?」


…はっとして、アリアドネは、自分たちは夢の中にいるのだと気づくのです。


アリアドネは、夢と気づくやいなや、通りを歩きながら、

三次元では不可能な建築を、次々と打ち建てるのですが…



このシーンが映像化されていると、

とってもダイナミックで、面白かったです!(笑)


夢の現実では、そのように、現実化は瞬時に起こります。


今、こうして起きている間に体験していると思っている現実では、

その反映は、ゆっくりと起こります。



また、こういう話をすると不思議に思う方がいるかもしれませんが、

基本的に、維持していたい観念

(物は固定された物であるとか、今日は昨日の続きであるとか、

自分は誰で、どこ生まれであるとかetc.)

は、私たちは、簡単にいじらないように、自分で設定しています。



そうじゃないと、この人生を続きもの(連続)として体験するのが、

むずかしくなってしまいますからね。



パソコンとかでも、毎回、起動する部分(通常はあまりいじらない)と、

簡単に書き換えや上書き、削除やアップデイト等できる部分もあるでしょ?


☆☆☆


お伝えしたいのは、

観念を「敵」に思わないでください、ということです。


そうやって怖れると、見えるものも見えなくなる。


それを使っているのはあなただし…


もちろん、動かすことのできるのも、あなたです。星



使っているのは、だーぁれ??



「観念が、あなた」なのではなくて

その「ツール」を、「採用しているのが、あなた」なんですよ芽



☆☆☆


最後に、昨日の記事でちょろっと予告した、

私がみたヴィジョンの中の龍がどうなったか、お話しします。バラ



記事で書いたように、龍のヴィジョンに動きはないまま。


私は、内から自然にこの光景が湧きあがってきたときに、

これまたインスピレーションにしたがって、

透明で虹色に輝く光を降り注ぐ、ということだけを続けていました。


あとは特に気にしていなかったのですが、

関連した夢を見たことも、記事に書いた通りです。



その日の朝(つまり昨日)は、ちょっと、変わったことがありました。


早朝、ベランダから眺めると、1羽の鳥が空を飛んでいました。


鳥は、いつもいます。


でも、その鳥の飛んでいる様子…


翼をひろげ、風にのって、ホバリングしている様子が、


いつになく、美しく、心を打つものに感じられ、

魅きつけられるように、見とれてしまいました。


ふだんある光景なのに、とくに際立って美しく見えたのです。



それから数時間後。


…ヴィジョンの龍、夢のこと、そこからの気づき、すべて記事に書いた後、

私はキッチンでお湯をわかしながら、ボーッとしていました。


すると、ふいに、あの龍が昇っていくヴィジョンが見えたのです。キラキラ☆


青空を、はしゃいで…

回転したりしながら、楽しそうに飛んでいく。


龍の体が、虹色にきらきら光っていました。


青空も、きれい。龍も、きれい!


うれしそうに、元気いっぱいに、子供みたいに飛んでいる。


私は、その様子を見ていて、すがすがしくて、心がひろびろとして。

朝見た、風にのってホバリングしている鳥を見て、

あんなにも胸を打たれたことを、「なるほど」と、思い出しました。



そして、気づいたのです。


龍のヴィジョンが、あのままでは進まなかったこと…


私は、あの件に関しては、

「思っていることを記事に書きあらわす」必要があったのです。


最近書いた別の記事の「メッセージ」同様…

ここでもまた、「自分の思いを発言せよ」という流れを実感した私でした。ウインク



★vanillatreeのスピリチュアル・カウンセリング
「個人セッションのご案内」


ブログランキングに参加しています!
クリックどうぞよろしくお願いします☆

精神世界ランキング


人気ブログランキングへ


どうもありがとうございますにっこり

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.