BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

心の声を否定しなければ?~病気と健康の話つづき~

こんにちは(*^▽^*)


画面の向こうの、読者のみなさん、お元気ですか?

色々な状況や体調やら…があっても、心のベース(根)はお元気ですか?(笑)


私は元気です!(*^.^*)


今日もつづきをいってみよ~(/*^∇^)o

私の意識…そして、あなたの意識のもつ力のお話です。


☆昨日の記事はこちら↓

「シンプルな、病気の観念」




本日のタイトルは、

「心の声を否定しなければ?~病気と健康の話つづき~」

です☆


☆☆☆


前回は、病気という“表現”につながる、「根源となる観念」にふれました。


また、原因の詳細を理解できていなくても、

今、あなたの意識の力を向けたい方へ向けることができるよ、

ということも、お伝えしました。



そして最後に、私自身がざっと挙げてみた、私の場合の、

病気のメリットと、健康のデメリット(笑)を例として書いたのですが…


ちょっとそのリストを思い出していただいて…


病気のメリットの方にご注目ください。


前回の記事でふれた「無力感の観念」に、

よく考えると、結局どれもが様々な形で繋がってしまうのですが、


とりあえず、無力感そのものを表している項目だけ外して、

他を「具体例」として眺めても…。



これって、病気を起こさなくても、

この現実で病気という表現になるまで待たなくても、

実行できることばかりではないでしょうか?



つまり…


自分の心の声をよく聞いて、否定しなければ。

自分の内部とコミュニケーションがとれていれば、

病気という形に表して、体験するところまでいかなくて済む…

病気を作る必要がないということです。



病気という状態にならなくても、心がそれを告げたときに、


たとえば素直に休養をとるなり、

誰かにお手伝いをお願いするなり、

内容が何であれ、


心が「こうして」と言っていることを「実行に移す」ことが大切



病気っていう理由がなくても、それができるあなたになれば、

がらっと症状は減るはず~☆


そんなシンプルなことなんだけど、

私たちが、病気という表現で「お知らせ」してもらうまで、

それを否定し続けてしまう(気づいていても実行しない)のは…


やっぱり、


これまで自分にとって機能していたと信じてる、

メリットがあると(あるいは真実だと)信じてる、

「観念(BELIEF)」の世界に信頼を置いているからなのね。


「こうでなければならない」とか、

「これはこういうものだ」

というような思い込みの方を優先して、


それに合わせた自分であろうとして負荷をかけ、

自分の心の声(違和感や望み、etc…)の方を、

消そうとしてしまう。


自分の中での対立構造(葛藤)。


だけど、そんな風には生きられないから(本当は苦しいから)、

病気という表現を自らに見せて、体験する。


体はいつでもあなたに忠実です。

それは、「表現の媒体」だから。


人間体験というパートナーとして、

それ自体のシステムの調和を維持しながら、

あなたの指示に従ってくれています。芽



「健康、病気」…意識の表現。

色んな角度から言葉にしてみましたが、


このブログでお伝えしている

「自己内2WAYコミュニケーション」も、

ひとつの自分であること(自己内の調和)に、役立つと思います☆キラキラ☆



あなたの意識の力の指揮者は、あなた以外にいません。


でも、その力を意識的に発揮するためには、


徹頭徹尾そのことを理解することと、

自分というものをよく知っていることが大切ですね!ぺこ


★vanillatreeのスピリチュアル・カウンセリングもどうぞ~♪
「個人セッションのご案内」


今日もご訪問ありがとう♪
クリックよろしくお願いします~バラ

精神世界ランキング


人気ブログランキングへ


ありがとうございます!(‐^▽^‐)

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.