BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

観念を調べる際に、知っておきたいこと

こんにちは~

きょうはだいぶあたたかくて、近所の梅の花がきれいでした♪(*^.^*)


今回も、「創造」テーマのお話です。芽


ここのところ、

あなたの現実をあなたがいかに創っているか


そのことに、かなりフォーカスしてお送りしていますが…


私がこれを力を入れてお伝えしたい理由は、いくつかあります。ぺこ


1つは、単純に私が楽しいから!ラブ

そして、実際に役立つから。…自分自身が一番実感しています。ハート


さらに…

より大きな視点から、こんなことを感じています。



自分の現実を自分が創っていることに気づくと、


◆無力感にさいなまれることがなくなります。

◆不足の概念がなくなります。

◆他者から何かを奪わなければ手に入らないという誤解がとけ、

競争の概念も必要ないとわかります。


自分の現実は、自分で創っているとわかると、

外からパワーをもらおうと画策しなくなります。


地球体験の中で、

「無力感、不足感からくる奪い合い」

「他者との比較、競争」

この観念ベースで、色々なことが起きてきたと思いませんか?


それは、それぞれの存在の価値や、

サヴァイヴァル(生存)の本能とも結び付いて、まるで、

「なくてはならない概念」になってしまっているかのよう。


それが、まったくの誤解だと、完全に気づく。

そうしたら、あなたの世界も一変しませんか?(^∇^)



☆☆☆


ところで、観念を調べる際に、知っておいてほしいことがあります。


それはもう、

このブログで何度も、何度もお伝えしてきたことなのですが…


観念そのものは、どれも中立である

どれを選んでも善悪の概念とは関係がない

(どれかが“良い”というものではない)


そして何よりも、前提にあるのは、


あなた自身の存在価値は、

あなたがどんな「体験」をしていようとも、関係がなく、

変わらずにあり続ける


この前提に、何度でも返ることが大切です。

そこから、指揮することが大切です。



なぜこんなお話をするかというとね、

観念を変えるとしても、

あなたが、あなた自身のために 変えると決めなければ、

機能しないのです。


なぜだかわかりますか。


たとえば、

誰かに認められたいからとか、誰かのためにとか、

そうしなければ生きられないから…

(ある状態にならなければ、自分には価値がないと思っている)

という気持ちから、観念を変えることに取り組めば、


観念を変えようとしても、

きっと、あなたの心の「反発する部分」がその作用を止めるし


(自発的ではなくて、仕方なくやっている気持ちです。

他者や外の力のせいで、そうしなければ生きられないのだ…

という風に思っている部分があると、

本心は納得していないし、変えたくないのです!)


仮に、目標とした現実の「形」だけは手に入っても、


あなたは本当には満たされず、

また、“本質的に似たテーマ”の別な状況を作って、

それに苦しんだり葛藤したり、するでしょう。


それは、根本的な、

自分の存在についての真の理解を伴っていないからです。




これは、私自身が経験したことなのですが…


ときに、ご本人を見ていると、

素晴らしい集中力があったり、

ある意味、エネルギーの向け方が真っ直ぐで、

具現化が得意だという素質をすでにお持ちな方ですのに…、


「現実を自分が創ってる?

そんなの、過去に成功哲学や願望実現で散々やってみたよ。

でも、心の平安は無かったね。

実現したこともあるにはあったけど、幸せじゃなかった。

満たされた気持ちにはならなかった。だから、それは出鱈目だ。」


と、結論づけて、背を向けてしまう場合があります。


すると、反対の極にエネルギーが向き、

望みそのものを捨てることや、

自分の心をある種の「無個性」にすること、

等身大の自分から切り離すことに専念してしまうこともあります。


…この場合の、「でも満たされなかった!」というのは、実は、

「自分の心、内面に、向かい合い切れていなかった。

本当は自分が何を感じて、何を信じているのかを見ないまま、

条件だけを達成してしまった(うわべの目的を追いかけた)」

ということなのです。


そういうときには、その過程も、

本当には楽しくなくて、苦しいし、

形を手に入れてもあまり嬉しくなかったり、

いつまた「失くす」か、「元に戻る」かという怖れもつきまといます。


そのむなしさやコントロールのストレスは、

私自身も経験しているからわかります。


◆自分の存在価値への疑いを、外の「形」で埋めようとしている

これもありますし、

◆本心で望んでいるのとは違う「形」を手に入れている

…ときどきご紹介しているトランサーフィンシリーズの本では、

このことを「他人の扉」とか、「他人の目的」と呼んでいます。



昨日の記事で私は、

「子育て」ならぬ、「個育て」というお話をしました。


あなたであると同時に、

現在あなたが「自分」と認識しているあなたよりも、

より大きなあなた(根源的な自己)は…


この舞台において、あなた自身が、

意識的に創造する者になることを望んでいます。

あなたが「マリオネット」になることは、望んでいないんだよ。



(※ちなみに、このメッセージに気づくまで、私の内面では、

ちゃんと聴いたこともない曲だというのに、

『鏡の中のマリオネット』という曲の、この言葉の部分だけが、

繰り返し流れていました!( ̄□ ̄;)!! )



意識的な創造をする者になると、

今度は、あなたは別の「存在」や「宇宙」を創り、

育てる存在になるかもしれません。


ときには、ひろい視野で、そんな可能性も想像してみてくださいね。


私が最近実感していることは、

「地球体験」は、創造性の訓練の場でもある…

ということなのです。


★vanillatreeのスピリチュアル・カウンセリングはこちらから♪
「個人セッションのご案内」


本日もご訪問ありがとう!
クリックどうぞよろしくお願いします☆

精神世界ランキング


人気ブログランキングへ


ありがとう~☆

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.