BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

全部自分の意識であることと、個の意識が両立するとは?

こんにちは!(^∇^)


今日は、「自分の現実を自分がつくっていること(選択・創造)」のお話の中で、

前々からここのポイントをしっかり説明したいな…と温めていたテーマです。


これがわかると色々なことが次々と腑に落ちるので、

かなり大切な記事だと思います。


とくに皆さんが人間関係を眺めるときに、役立つんじゃないかなと思ってます。



実際のところ、過去に書いていることと重複するのですが、

最近の内容とあわせて読んでいただくと…より一層つながって、

「ピン!」ときていただけるのではないかな~と。



いわゆる、マジカル・シンキング

(現実を自分中心に眺め、

全部が私のせいでこうなってしまった!と、罪悪感のもとに捉えること)

と、現実創造の違いも、気をつけてお読みくださいね♪



タイトルは、

「全部自分の意識であることと、個の意識が両立するとは?」

です。


☆☆☆


あなたも、他者も、ひとつである「すべて(源)」の、分身です。


これはどういうことでしょうか?


それぞれの意識が「個」として独自に存在しながら、

それぞれが「全体」を含んでいるのだと、私は以前お話ししました。


こんな風に想像してみてください。


しゃぼん玉のような球面のひとつひとつに、世界全体が映っています。

どの玉も、ひとつひとつとして個別に存在していますが、

その中に完全な、「全体」が入っているのです。


つまり…


全存在が(=あなたもね!)、それぞれに、

「まるごと全部」を意識の中に持っているのだと、

イメージしてください。


きゃほー!!



あなたの体験する世界は 全部

あなたバージョンの世界です。



ところで、どんな存在も、

同じ「ひとつ」が、たくさん分身をつくった(自己を分けた)ものです。

(言葉を使って説明しているので、このようにたとえてみます。)


「分けた」といっても、私たちが想像しがちな、

「ひとつ」を半分にして、それをまた半分に…(0.5、0.25…)

というような「分割」ではなくて、


いくら細分化しても、「いち(1)」が、そのまま増えていく感じかな…。

分けても、分けても、どれも全体を持つ「1」なのね。)


意識のお話、ここまで、イメージOKですか?にっこり



そして、それぞれの存在の「独自性(ユニークさ)」とは、

「ひとつ」の中での、ヴァイブレーションの違いです。


これって具体的に、どういうことでしょうか?


私は、こんなたとえをします。


ひとつのものの、たくさんの目。

ひとつ(源)の中に、色々な視点があるのです。



それぞれの視点(=「ひとつ」の分身)が、それぞれのやり方で、

それぞれの角度から「無限」を極めることができます。♪


このように、みなが、同じひとつを分けた存在でありながら

(「すべてである源」それ自身と言える存在でありながら、)

同じ視点はありません。


それぞれの存在がひとつなのだけれども、

それぞれのヴァージョンの、独自の世界を創造しているという意味、

伝わりましたか?ウインク


☆☆☆


さて、それでは、より日常的なたとえを使うことにして…


最近、記事でも話題にしている「人間関係」はどうでしょうか?


もちろん、あなたの世界に存在するどの個人も、

それぞれが皆、あなたと同じ多次元的な存在なのです。


「人間」としての、その人だけではなくてね…。


「それだったら、私の世界にある人が登場したからといって、

個性あるその存在のことを、

いつも“自分自身”と見るのには無理があるんじゃない?」


と、感じた方はいますか?


ここで、思い出してくださいね。


あなたは、あなたバージョンの世界を体験しているのでした。

あなたは、あなたの意識の中で、

あなたの見ている「全世界」を創っています!


どの並行現実を体験するかも、選んでいます。

(※もちろん、今ここにいるあなたにも、

色々なところで別の選択をした、

別のヴァージョンのあなたが沢山いるのです。キラキラ☆


他者にも、同じ人であっても、さまざまなヴァージョンの彼らがいます。


…わかってきましたか?音符



あなたが体験している現実は、

あなた自身の意識の世界なので、


あなたと、何らかの理由で波長の合っている相手しか、

あなたの現実に登場しないし体験できないのです!



あなたの体験するどんな人も、あなたヴァージョンの彼らです。

あなたの意識が「オン」にし、選択した、

彼らの存在の一部(鏡としての彼ら)を見ているというか…。



あなたが他者を体験するときに、あなたは、

自己の意識の中で、あなたヴァージョンの彼らを選びます。

(自分の意識内で自分のエネルギーをはね返して体験する。)


そういうわけで、他者が自分を眺めていると思うとき、

あなた自身が、あなたを眺めています。

また、

あなたの現実についての力を持つものは、あなたしかいません。


(夢の世界を思い出してください。

あなたは夢を見ている存在ですが、夢の中では、

あなた自身も登場していたり、他者も登場していたりすると思います。)



だからといって、

あなた以外の存在が「いない」ということではないので、

ここは注意してくださいね。ミッフィー


言葉で表現すると、ここのところが繊細なのですが…


記事前半の説明を理解していただいていれば、

何をお伝えしたいか、わかると思います。バラ


こういうことです。


人間としての彼らが「いない」という言い方をする場合には、

もちろん、人間としてのあなたも、「いない」ということになります。

(「私」が、この現実の中での人間だというのは幻想だという意味で。)


この視点で見るときには、

それぞれが「存在」としては在って、

ここが意識ある存在の協力しあった“表現の舞台”なのだ、

…ということに気づいていてくださいね。

(これについては、「非二元」の話題で書いたこの記事、

「非二元について、次元、階層の話」も、関連したお話になります♪)

beats-and-love.hatenablog.com


そして…


私がお伝えしている、人間関係も「すべて自分」というお話は、

「他者の人生の責任を、あなたが取らなければならない」

ということとは少し違います。


あなたの現実に起こることは、

全部あなたの意識が起こしていますし、

あなたの関わる他者は自分自身の反映ですが、

他者にもまた、他者の現実、独自の人生があります。

(どの存在も、まるごと宇宙全体を含有しているユニークな存在です。)


両者が噛み合うところ、合わさるところ、

交差するところで人間関係が生じます。


この記事を、私は最初「交差する夢見」と名付けようとしていました。


相手は、相手の観念に沿ってものを言いますし、振る舞っています。

その人の人生経験によって、信じていることも、考え方も色々でしょう。


ただ、あなたとその人が、

あなたの現実の中で関わっている
ということは、

あなたもまた、その人と同じ観念や思いを何か共有しているのです


(自分が発しているものを、受け取る。)


たとえば、一見真逆に見えたり、似ていない相手でも、

ひとつの観念の両極を表現しあっている、ということもありますし、


体験した出来事の中身や、関わっている人たちが、

まるで自分の思いとつながらないように見えても、

たとえばあなたがもし、

「自分を責める」ということに関連する観念や思いを送り出していれば、

責められるような状況が起きたり、責めたくなる人に出会ったり、

あなたを責める人と関わったりするということです。

(そのきっかけはなんであれ。)


そのときに、出来事の“うわべ”に目を奪われて対応したり、

相手の理不尽さを訴えるとか、

自分は悪くないと証明しようとすることも、あまりうまく働きません。


けれども私たちは、ともすれば

「私がよく、こういう目に遭うということは、

自分はよほど、至らない人間なのに違いないなぁ。

もっと自分を変えなければ。」

あるいは、

「とんでもない人と関わってしまった!私は被害者だ。

この人に変わってもらうにはどうしたらよいのだろう?」

という風に、思考とアクションを起こしがちです。



それは見当違いなのですね。


あなたが体験しているのは、

あなたの意識の世界なのですから、

あなたの意識の中身をよく見るのが本当の解決です。


よく見ると、

「私は責められてしまう人間であるという思い込み。

あるいは、自分自身を心の中でよく責めている!

「世の中や、人間とは、理不尽なものだと感じている。」


…などなど、意識して調べたら、

関連する観念、思い、怖れを持っていたことに気づくのです。


気がついて、それを変えると、

あなたの個性…“持ち味”自体は変わらなくても(笑)♪

以前の観念に見合った状況を、

あなたの現実に起こすことはなくなります。


他者の意識を変えようとしたり、

「出来事そのもの」をなんとかしようとするのは本末転倒で…


私たちは、それぞれにとって、自分の意識が起点。

そこを調べる必要があるということなのですね芽


スピリチュアルカウンセリング
(対面、スカイプ、電話)

個人セッションについて

ご訪問ありがとうございます!
クリックどうぞよろしくお願いします

精神世界ランキング

応援感謝です♪

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.