BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

内なる知覚~身体に依らない知覚を使う~

こんにちは(・∀・)/


今日のテーマは「内なる知覚~身体に依らない知覚を使う~」です。


それについてぼんやりと考えながらパソコンに向かったら…


折よく、この間の☆絵の記事☆に、新たにコメントをいただいていて、^^

そのお返事を書くことが、今日のテーマへの序章となった気分です☆(*^▽^*)


☆☆☆


今回扱う内容を、「内なる」知覚と名付けましたが、

それって何のこと?とピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。


タイトルにも書いたように、

それは、「身体に依らない知覚」のことなのです。


心の目を使う、心の耳を使う、心で感じる…

見えないものを見る、聞こえない音を聴く、形のないものにふれる。


そういう表現をすれば、わかりやすいでしょうか。



あとは「直観」というのもそうです。

直観は、「じかに伝わってくる自分(魂)の感覚・知らせ」とも言えます。


なぜなら、それは

インストールした“観念”から自由なときの、

そこに染まっていない自分の、考え・思い

なのです。


直観に気づいていたのに葛藤したり、それを無視したりした経験は、

誰にでもあると思うんです。


そういうときを思い起こすと、「常識」や「これまで学んだこと」、

過去の経験や、自分の信じていたことが邪魔していたと、

思い当たりませんか。


☆☆☆


内なる知覚は、誰でも、今でも、使っているものです。

ただ、それをどれだけ意識しているか、自覚しているかには、

個人差があるでしょう。


私は、とりわけ「意識開発」だとか「エネルギーワーク」、

「瞑想」などを実行している人、あるいはサイキックについて、

お話ししているのではありません。


誰にでも それがあり、すでに当たり前に使っている

とういうことをお伝えしたいのです。


ただ、気づいていなかったり、

それについてあえて考えたことがなかったりするのです。


☆☆☆


たとえばみなさん、眠っている間の「夢」を知っていますね。


鮮明な夢をみないとか、あまり覚えていないという人でも、

夢がどんなものだかは、わかっていることでしょう。


夢の世界の中では、色々なものを見たり感じたり、

あなた自身が行動していたりもすると思いますが、

あなたの「体」は、おふとんやベッドでお休みになっているわけです。


あなたの体は目を閉じて、ほぼ静止状態だけれども、

あなたの意識の中では、あなたは活発に活動しています。


そして、「身体に依らない知覚」をしていることに思い当たるでしょう。


余談ですが…


精神世界・スピリチュアルに興味があるなしに関係なく、

以前から、私も、私の妹も、眠る前にときどき

「目をつぶっていても部屋の中が見える体験」

をすることがあるよね、という話をしていました。


まだ起きている…夢かうつつか、に近い状態で、

確かに目は閉じているのに、部屋の中の様子がしっかり見える。

見回すこともできる。


こんな体験をしたことがある人、他にもいませんか?



あるいは。


「想像力」というものを、不思議に思った人はいませんか。

なぜ、心の中でそんなにも鮮明にイメージが描けるのか。

なぜ、そのイメージの中で「体験」すらできるのか。


「私には想像力がないから…」

なんて言う人がもしいたら、それは過小評価をしすぎです。


「想像力」をある特定のテーマにのみ当てようとしているわけです。


そういう方でも、「怖れ」や「不安」、「心配」。

ありありと何かを想像して「身体反応」すら起こしてしまうことがあると、

気づくのではないでしょうか。


それに気づけば、楽しい想像や空想も、やはりしているのだと、

同様に気づけるはずです。


たとえば…桜の開花の時期になりましたが、

日本の人々は、春が近づけば、

「今年の桜はいつ頃咲くかしら…」

と、心の目に、「桜の花が咲いている景色」

自然と思い浮かべることが多いのではないでしょうか。


でもあなたは、そのときはまだ、

外で実際に桜の花を見てはいなかったでしょう。


このくらい、「内なる知覚」とはふだん使っているものです。


☆☆☆


さて、やっとこの記事を引用するときがきました(笑)


同じ「創造」テーマのカテゴリに入っています、過去記事の、

「毎日が白紙のキャンバス」


さほど長い記事ではないので、今一度お読みください☆

今日の記事とつながる大切なポイントが入ってます。


ここで、赤ちゃんの知覚を例にあげて説明していますが。



私たちは、あたかも五感というものがあって、

身体の器官(目、鼻、耳、口、皮膚…)で知覚しているようですが、


私がここでお伝えしたいのは、

私たちの知覚は、実は身体に依っているわけじゃないんだよ~

ということなんですね。(*^.^*)


むしろ、それより前に(体より前に)、「知覚」はちゃんとあって

この物質世界を体験するためには、私たちは

体にフォーカスし、知覚を制限することを学ぶんです。


昨日の記事の最後にもつながっている話だよ♪)



もちろん、身体が見せかけだけの「お飾り」で、

何も機能していないということではありませんよ。


多種多様な自然の一環とまったく同じように、

体を構成するひとつひとつの意識というのもあって、

それらはチームのように協力して、あなたの体となり、

この体験に参加してくれていますからね。


ただ、同時に、あなたの意識としてみれば、

「体」というのも、あなたが見ている「世界」同様、

あなたの意識の中にデザインした「絵」だと言わざるをえません。

(ときどきお話ししていますが、「体」にかぎらず、

あなたの見ている現実はいわばあなたの作品、「現実体」です。)


それはともかく、


赤ちゃんの頃というのは、まだ、

この物質世界にフォーカスがうまく絞れていません。


それを、大人の人たちの反応を見ながら、参考にしながら、

「型」を覚えていくんです。


「あっ、これは“あるもの”で、これはここでは“ないもの”なんだな。

“あるもの”は、あるということになっているけれど、

“ないもの”は、ここではないということになっているから、

無視しなきゃ。」

…というような具合です(笑)



それで、いつのまにかテーブルはテーブルに落ち着き、

犬は(大人が見るところの)「犬」に落ち着き、

道端のお花は「お花」に落ち着き、

空間に見えるその他さまざまなものは、

「何も無いただの空間」として、

すっかり「無いこと」になります(笑)(*⌒∇⌒*)



創意工夫で、私たちは見事にこの

「合意の物質世界」

を体験できているようです!


みんな、すごいねぇ~(笑)よくやってるよ!!・: *:・(*´∇`*).・: *:・


☆☆☆


今日のお話はここまでです(^-^)/


また次回お会いしましょう♪゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆



★vanillatreeのスピリチュアルカウンセリングはこちらからどうぞ
「個人セッションのご案内」


ご訪問ありがとう!
クリックどうぞよろしくお願いします

精神世界ランキング


人気ブログランキングへ


どうもありがとう♪ヾ(@^▽^@)ノ

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.