BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

相手の反応を怖れるのは?

この記事は、昨日の記事

「人に影響を与えるのを怖れない」のつづきです。


いただいたコメントを拝見しながら、

記事の中で書いた「影響を与えるけれども、与えない」のあたり、

もう少し説明が必要だったかな?と思いました。


それから、相手を信頼することは、

「自分を信頼している」という状態が先になければ、できないということ。



このへんをもう少し書いてみようと思います。


☆☆☆


私が記事でお伝えしたかったことは、

「自分は自分、人は人」

というように「人と自分を切り離す視点」とは違います。


今までブログでお伝えしてきたように、

あなたの世界(現実)に登場する人たちはすべて、

あなた自身の反映、

あなたの“側面”を何かしら見せてくれています。


ここらへんのバランスをお伝えするのがけっこう難しいのですが…


せっかく、いただいたコメントがきっかけとなりましたので、

みなさまにも「前記事」のコメントを参照いただいて、

そこから解説してみましょうか。(‐^▽^‐)/

(なずなさん、ありがとうございます!


☆☆☆


まず、なずなさんは、

「仕事をすべて自分でやらないと気の済まないところがある自分」

に注目し、もしかしたら周りの人を信用していなかったのかも、

と、ご感想くださいました。


これは、じつは思い当たる方も多いと思います!


安心して人に任せることができない、

自分がコントロールしなければと思う…


実際にそうやってみると、

なかなか気苦労があるものなのですが(笑)

「主導権を手放せない」状態とも言えますね。


でも、逆にいえばこれ、

「主導権は自分にないと思っている状態」なんです


あれ???


どういうことでしょうか?


あなたの現実はあなたの意識の中にあり、

あなたがつくっているのではなかったっけ?


それなのに、「世界を信頼できていない」状態にあるということは…


このブログでたびたびお伝えしてきたように、

世界とはあなた自身の「鏡(反映)」です。


それは「現実体(大きな体)」とも呼べるもので、

あなたとひとつづき、“一体”と見ることができます。


そこと、自分とが、分離していると信じている状態なのです。


(自分とは無関係に、世界が存在していると信じている。

世界が、自分とは無関係ということは、つまり…?

気をつけて見張っていないと、うっかり油断したら、

何が起こるかとっても危険だ!ということでもありますよね。

だって、「私」になんて関係なく、物事は起こるのだもの!


これが、私が、

まず自分を信頼していないと世界や他者を信頼できない

と、お伝えした理由です。


「意図とコントロールの違い♪」という記事も、

このポイントに関連していますので、ご参照ください。



☆☆☆


それから、なずなさんの書いてくださった、

「自分の言葉が誰かの心の地雷をふまないかどうか心配で、

ありきたりの言葉を重ねて、ときどきむなしい気持ちでいました。

自分は、そんなに影響を与えないと思いながら

過ごしてみようと思います。」


というところについてお話しします。バラ


ここで大切なのは、

実際に、自分が相手に影響を与えているか否か、

それを信じるかどうか?よりも、


「相手の反応を気にしてしまう、怖れてしまう」

というところにあります。


日本の文化では特に、

「空気を読む」ことを重要視したり、

相手の気分・感情に、自分をつなげてしまいがちなところがあります。


それがいきすぎると、自分本来の表現を抑えてまで、

「人の顔色をびくびく、いつもうかがう」

ということになってしまいます。


でもこの「土台」に、本当のつながりとか、安全さがあるでしょうか?

その逆をいく発想なのだと思いませんか?

(なずなさんが書いてくださったように、安全が前提ではなく、

そこには「地雷(危険)」があるからと了解しているわけです…。)



私は、外に起こることと自分とは「無関係」ではない、

と、お伝えしました。

ある人が、特定の気分・感情にあるときに、あなたと関わったり、

特定の側面をあなたに見せているのにも、つながりがあります。


しかし、それは「受動的になり相手の影響を受ける」

ということとは、違うのです。


あなたが、あなたの意識の中に、その人を登場させました。


それは、中心を見るならば、

他者ではなく「あなたから発信」されているものです。


逆説的ですが、「おそれる」ということは、

「自分のものではない」ので、どうにもならないと信じていて、

おそれるということです。


あなたが、「あなたの中心」にある力を信頼していたら、

他者の「反応」から、何かヒントを得ることこそあれ、

怖れるということはありません。


むしろ、「それを見せてくれてありがとうキラキラ☆

という気持ちになるでしょう。(*^▽^*)


きのうの文章の中で、


人に対する配慮や優しさのつもりで、

「自分を防衛」していることはないでしょうか。


と、書きました。


「他者がどうか」ではなく、「自分」という発信地から、

そこにあるものをしっかり見ることがポイントです。


また、人は他者に

「影響を与えるけれども、与えない」

と、私が書いたのは、


それぞれが、

それぞれの独自の意識の世界を生きているからなのです。


ここを詳しく説明します。芽


あなたは、言うなれば「あなただけの宇宙」を体験しており、

あなたの世界にあるのは全てあなたの意識ヴァージョンの現実です。


あなたが体験している「他者」は、

ひらたくいって、「あなた(私)」なのです。


(それぞれの存在に、それぞれ様々なヴァージョンがある中で、

あなたは、自分のエネルギーに見合った他者を体験する。)


あなたが「他者に見て、怖れる」ところは、

あなたの中にある怖れです。


それがなければ、どんな「地雷」があっても、

あなたにとっては地雷にはなりません。ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ♪


★vanillatreeのスピリチュアルカウンセリングはこちらからどうぞ
「個人セッションのご案内」


きょうも読んでくださりありがとう♪(^O^)/
クリックお願いしま~す☆

精神世界ランキング


人気ブログランキングへ


どうもありがとう(*^.^*)

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.