BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

見えない存在の見方☆

こんにちは~


こちらでは、近所のハナミズキがいっぱい咲き始めました~。キラキラ☆

実家の庭にもあるんだけど、今年はもう咲いたかなぁ! にっこり



今日の話題は、

昨日アップさせていただいたスピリチュアル・カウンセリングのお話でも、

ちょうど、ふれていた要素なのですが…


どうも最近のセッションで、これについて話す機会が多いなぁ…

と、気づきましたので、記事にしてみます!


それは、「見えない存在の見方」星


あるいは、私たちが「五感」と認識している知覚ではない、知覚のこと。



このブログ内ではこれを、

「内なる知覚」・「内なる感覚」・「内的感覚」
と呼んだりしています。

(表現が統一されてなくてごめんなさいね!汗☆

ご興味がある方は、この3つのワードをブログ内検索にかけると、

過去記事がそれぞれに対していくつか出てくると思います。

最近の記事ですと、「内なる知覚~身体に依らない知覚を使う~」

そのほかにも、ちらほら同テーマの記事を書いているはずなのですが、

もはや自分で覚えていないので…。m(_ _ )m )



私がお伝えしたいのは、基本的に、

「超」能力者だとか、ある特別な人だけが、

「見えないものを、見ることができる」ということではなくて…


あなたは今もその能力を使っている!キラキラ☆


「体」や、「物質の世界」を体験しているように錯覚できても、

じつは、使っているのは同じその能力なんだよ!!


と、いうことなんです。(*^-^)b


それは、肉体の「目」だとか「耳」だとかの感覚器官が、

ただのお飾りだよ、と言っているわけではなくって。


そもそも、それら自身を機能させているもの、

その奥にあるものがあるでしょう?


…と、いう点に着目してほしいのです。



“この体験”にフォーカスするために、私たちは、

「ある・ない」という基準や、

「これはリアル・これは非リアル」という基準を設けていて、


「ある」と決めているものは本物(実際にある)と、思っています。


それすら、自分でつくっているということを忘れている…。


だから、「見えない世界を見る」ということも、

なんだか特別な、今までやったことのない、

むずかしいことみたいに感じるのですよね。


☆☆☆


昨日の記事の一部でもご紹介しましたが、


物質という形態をとっていないものを見る、ということは、

あなたの内側(意識・心)を見るやり方と、一緒です。


物質という形態をとっているもの(ふだんの現実)を見るときでも、

本当はそのベースは一緒なのですが。



ブログでは、内側を見る方法のひとつとして、

「自己内2WAYコミュニケーション」※

を、お伝えしました。


「自己内2WAYコミュニケーションのススメ、その方法☆」

という記事からしばらく連載で続いていました、未読の方はどうぞ。)


この中で、イメージやシンボルと遊ぶ

ということにもふれました。



「自分の中のイメージ」としてや、「想像の世界」、

あるいは「眠っている間にみる夢」としてなら、みなさん、

自由にのびのび、内なる知覚を使えるのではないでしょうか。^^


ところが、「現実」というステージに立つと…、


「これは本物か、にせものか?」

「錯覚ではないのか?」

「正しさを確認したい…」

等、なやんでしまうことがあります。


ここで大切なのは、


あなたは今でもあなたの意識の中身を見ているということ、


「共有」していると思っている現実も、

「合意」で、共通のもののように体験できているだけ。

厳密には、同じものを見てはいないということ。


ですから、“見えない世界”を見るときにも、

あなた自身の意識が見ているものとして、

それを理解することが大切
、ということなんです。


「客観的現実」というのはない、とお考えください。


☆☆☆


こういったことをふまえていただいて、

「見えない存在や、見えないものの、見方について」


私がご提案するのは、

「内なる目・心の目をつかう」

「内なる感覚に注意をはらう」

ということなのです。


たとえば、肉眼で見ようとしないで、直観で見る。

内なる感覚全体で見る。


エネルギーが目で見えることはありますが、

そういった、日常の五感と同じ知覚にこだわらないでください。



さっきリンクを張った、

「自己内2WAYコミュニケーションシリーズ」の記事の中で、

イメージやシンボルについてご説明したことそのままが、

「見えない世界を見る」ことに当てはまります。



ここで簡単な実例をあげますね。


私はこの間、夜、お風呂でシャワーを浴びながら、

その日のスピリチュアル・カウンセリングのセッションの中で、

クライアント様にお伝えするために流れてきた情報が、

(その日は情報量が、けっこうたくさんありました。)

あきらかに「何らかの存在に助けられて」いたのを感じました。


それで、

ああそういえば最近、私、

見えない存在と積極的にコミュニケーションとってないなぁ

と思い立ち、セッションを助けてくれたことに対して

「ありがとう」

と、意識を送ったのです。



すると、即座に

「いえいえ、どういたしまして」

と、あるイメージとともに返事が返ってきました。


(こういうときの「聞こえ方」は、あなたが「考えるとき、思うとき」

聞こえている声と同じです。

テレパシーは「音なき音」であり、肉声ではありません。

肉体の耳で物質世界の音のように聞こえることは、まれです。)



そのイメージが…


「えっ なにこれ、短いゴムホース?」


と、私は思いました!!(*゜▽゜ノノ゛☆


チューブとかゴムホースみたいな筒状の、

短めのものが「いえいえ、どういたしまして。」って(笑)



…意識の活動の次元では、存在に、「姿」は本当は無いです。


色んな形であらわれたり、好きな形をとったり、

相手の納得しやすいイメージを見せたりすることはできるけど。


たとえば、私が絵で描いてみせるような大天使のイメージは、

いつもご説明していますが、「擬人化するなら」のイメージです。

人のように見ることもできますが、それが実際の姿なのではないです。


なので、「こういう姿、形で見えるはず!」

と、思い込まないでくださいね(笑)

それ以外の形で受け取ったときに否定しちゃうから。



私は、そのゴムホースみたいなものが、

なんだかわからないけれどもありがとうございました。

と、思って、そのまま気にせずシャワーを浴びていました。(*^▽^*)


しばらくすると、


急に情報(直観)が流れこんできて、

それは、「導管(チャネル)」という意味だとわかったのです。



ああ、そう!ゴムホースじゃなくて導管でしたか!!



その日のクライアントさんに伝える情報の媒介となった、

チャネル、というイメージだったんですね☆


というわけで、(・ω・)/


イメージやシンボルで遊ぶのがすでに得意になった皆さまには、

身近に感じていただける感覚なのではないでしょうか^^


「見えない存在との簡単なコミュニケーション」、

例にあげてみました。



このように、私たちは意識の中で やりとりします。


「メッセージ」は、あなたが認識できる形として、知覚します。

「夢」を理解するときと同じ原理です。


あなたの参考になりましたら、幸いです☆




★vanillatreeのスピリチュアルカウンセリングはこちらからどうぞバラ
「個人セッションのご案内」


ぽちっと応援していただけるとうれしいです♪にっこり

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ



ありがとうございます!ハート

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.