BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

意図がキー(それをどう見るか)

ぐだふたぬーん!!(good afternoon.)


先の記事の最後に、まだ記事にする考えがまとまらない…

と曖昧に書きましたが、やっぱり今日中に、もひとつ更新することにしました。


というのも、前々回の記事

「磁力、創造のサイクル」

の、つづきを進めたいからなのです。


こちらの記事に書きましたように、

私はまだ、今回のヴォイド期間を抜けた後の、

新しい状態に完全になじんではいません。



これまで認めていた以上のことが体感でき、理解できたけれども、

その表現手段がまだ見つかってない人みたい…。


たとえば、「水」を経験したことのない人に「水」をどう表現する?


そんなもどかしさにも似て、もやもやしています。



それでいて、基本的には、

「みんな知っていることなんだよね!」

という風になるのだから、面白いですね…。


自分で、独自に表現したくなるというのが、「活動」なのだというか。



それにしても、さっきの記事に掲載いたしましたかうこさんのご感想、

記事にした後に、あらためて、噛みしめるように読んでみましたら、

奥深い内容だなぁ~と、感じました。


こうして、いただくご感想にはよく、私も「はっ」とすることがあります。


きっと読者のどなたかにも、

シンクロする内容が含まれているのではないでしょうか。



それから、「粒子&意識」の記事に、たまごさんがくださったコメントへ、

ご返信したことで…☆


私は、自分の過去記事の中から関連記事を探して、

たまごさんへのお返事に載せようとしていたのですが。


それらしい?昔の記事を、見当をつけてみたものの見つからず、ガクリ

か・な・り・ひさしぶりに、古い記事をところどころ読み返してみたところ。


根底にある「私」としてのエッセンスは同じながらも、

うわ~ このときの私って今の私と違うな~

と、びつくりしました…。え゛!



私自身は、今の私の方が好きです(笑)ぺこ



今回のテーマは「意図がキー(それをどう見るか)」です。

私がこの度感じた変化を総括して言葉にするなら、

「逆のサイクル」……いままでは逆だったんだ… なのです。



以下からは、メッセージ形式でお届けします。


☆☆☆


この記事は、「磁力、創造のサイクル」に続く記事です


あなたがあらゆるものを「どう見るか」「なにを意図するか」

というところに、創造者であるあなたの責任がある。


あなたの見方が、この現実に作用するからだ。


たとえば、あなたが自分について、のみならず、

誰かを「他者」と見て感じたこと、思ったことも、

すべてあなたの見る世界、体験する世界に「作用している」。※


(※そうだからといって、

感じることや思うことに「正誤」を設けて裁くことは違いますよ。

くわしくは他の記事も色々読んでみてね~)


では、「意図」…あなたがどう見るか、何を意図するか、

その指針となるものはなんだろう?


「それが正しいから選ぶ?」


答えはノーだ!

それが正しいから選ぶのではない。


あなたがそうしたいと、内から湧き上がるから、選ぶのだ。


あなたがそうありたいと、内から湧き上がってくるから、

そのように(それに沿うように)「意図」し、そのように「見る」のだ。



あなたは実際に世界を自分でつくっている。

自分の送り出している「意図」や、創造者である自分のものの見方に、

それでも、目をつぶることもできる。


しかし、「私」が誰であるか、

「私」が一体何であるかに気づきたいのなら、


自分の「意図」に気づいて、

すでにそれがいかに現実になっているかを自覚してごらん。


正直に見るのだ。



…そんなこと言ったって!

たとえば私の両親は、私の生まれる前に存在していて、

私は境遇をえらべなかった!


と、考える人もいるかもしれない。


あなたがいるから、

あなたの両親も生まれた、
と言ったら、

あなたは混乱するかな?



時のない世界…

あなたが「因」でもあるし「果」でもあるということを、

想像してほしい。


あなたが、その設定の両親を創造したのだとしたら?


たとえば、あなたが、生まれる前の記憶を持っていたとする。

これから生まれる先の両親を眺めたり感じることができたなら、

「相手を認識できる」という時点で、

このときすでに、観察しているあなたは存在していた。



あなたが生まれた以後の、

ある地点からの記憶しか持たなかったとしても、

「あなたの記憶に、両親があるとき」

すでに存在している基盤は、あなただ。


あなたが創造者で、「私」であるというのは、そういうこと。



あなたしかいない世界で、

あなたは誰と競争をする?


あなたしかいない世界で、

あなたは何を想定する?


何を意図し、どう見る?


どんなものに対しても、自覚的であれ非自覚的であれ、

あなたが何を意図し、どう見るかは、実際に、作用する。


あなたは「意味付けするもの」でもあり、

その「意味付け」は、

(連続して見える)次の現実を、引き寄せる磁石なのだから。



あなたの「学習した頭脳」がおすすめするような、

「常識的で、理性的で、正しいと思われる意図」の内容が、

どれだけあなたの魂に一致しているだろう?


たとえば世界情勢を見たとする。

あなたの心に、すぐさま悲観的な判断がくだされた。

「ああ、もう絶望的だ。」

「どんどん悪くなる。」

「私たちにはどうしようもない。」


それがいかに絶対的なもので、当り前の反応に見えようと、


あなたは反復的に「意味づけし」、さらにその通りの内容を

「意図している」

ということに、気づいてほしい。



意図することは、

あなたに「途中過程の細かい地図」を描きなさい、

という負担を強いることではない。


あなたの魂がその都度示す「目的地」や「ヴィジョン(絵)」を、

そのまま認めなさい、

それをこそ意図しなさい、ということなのだ。


すると、あなたはそれに沿った道をゆくだろうし、

それに沿った観念や思考を自然に受け入れるだろう。


☆☆☆


今日はここまでです(^-^)/


こうしている私に「全体像」が見えているわけではなくっても、

心の扉から流れ込んでくるものを、ただ、外に流すことはできます。


これからもどんどん、形にできるところから、アウトプットしていきます♪

あなたの心に響くところがありましたら、応援してね~☆(≧▽≦)


★スピリチュアルカウンセリングのお申込みはこちらからどうぞ!
「個人セッションのご案内」



読後にぽちぽちお願いします♪(^人^)

精神世界ランキング


人気ブログランキングへ




どうもありがとう☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.