BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

軽くしたよ&巨大な龍

こんばんは~♪

どんどん日が長くなって、外はあかるいですねー!


私は、なんと

今日の午前中、また美容院に行ってまいりました。ミッフィー



記事に載せたあの日の写真だと、よくわからないと思うのだけど…


実は私は、髪の毛の量が多い方。


だけど今回は、はじめての美容室ということもあり、

自分の好みを説明する際、


「髪の毛を梳きすぎてスカスカにならないように、

ほどほどの重さは残してください」

と、伝えていたんです。



これまでの美容室でよくあったのが、髪の毛が多いと見るや、

じゃきじゃきに梳いて、毛の量を減らしまくり、汗☆

(途中で「えっ…そんなに?」と感じても、スタイルに必要な作業かと思うと、

言い出せないままに過ぎてしまったことが何度も…。ガクリ


毛先のボリュームはとっても少なくなり、

たとえば髪を結んでも、中から大量の短い毛が飛び出す…

なんていう悲しい仕上がりのこともあったのです。(ノ◇≦。)



なので、要望のひとつとしてそう話してあったのですが、

今回はそこを汲んでもらいすぎてしまったか…、


髪の毛を梳いて減らすということはないまま、

ぱっつんと、ほとんど髪を横に揃えて切ってあるような状態だったんですね。



これも、目指すスタイルや、各人の好み次第だと思うのですけど、

私は、毛先ぱっつん切りが、あまり好きではなくて…。


毛先の切り方についての要望も、技術名はわからないながら、

なんとか自分なりに表現して伝えたのだけど、

あまりうまく伝わっていなかったのかもしれません。あせ


家に帰ってから、「ずいぶん毛先が揃ってるな!」って、気づいたのです。



もともと多くて厚みのある髪なので、このように切るとどうなるかというと…


全体がエッジのとがった四角い感じになるというか、

均一な面になり、毛先に動きがないというか。

(しかも私はかなり直毛らしいのです。だから余計に。)

後ろから見ると、ちびまるこちゃんみたいなオカッパのシルエットだったんです。



そう気づいてから、葛藤が始まりました(笑)


これはこれで、スタイルとしてありだよね。

でも、私は好きじゃないぃ…私の要望とは違う…


気持ちが行ったり来たり、もやもやと。



さらに、美容室のシャンプー&ブローではなくて、

自分でシャンプーをして、乾かしてみると…


どうしても、はねてしまう!!ヽ(;´ω`)ノ



…こういう話題が退屈な方には、ごめんなさいね。苦笑

でも、とくに女性の皆さんは、似たご経験が一度はあるのでは!?



ただでさえ美容室は苦手なので、やり直しに行きたくない私。溜息


というか、美容師さんにやり直しを申し出るのも、勇気がいるというか、

できたら言いたくないし、また行っても要望通りになるかもわかんないし

(小心者)


それなら、「これでいいや」と、サッパリ忘れられればいいんだけど、

もやーんとした重い気持ちがなかなかとれな~い!(^o^;)



最終的に、「直したい」と言ってる自分にサレンダーしました(笑)



電話をして事情を話して予約を入れて。

いちどそう決めると、こんなことに気づきました。


それまでの私は…(つまり葛藤中は、)

どうしても、色んな思いや感情が渦巻いていて。


その内容を観察してみると、


やっぱり、思い通りになんてならないよね

私の言い方がわるかったかなぁ

途中で声かければよかったかなぁ

(←また私ってば言い出せずに…という自分への責めの気持ち)

仕方ないよ、こういう髪質なんだし

カタログみたいになるわけじゃないし

慣れるさ(←自分への説得)

きっとこれがベストだったんだよ(←これも自分への説得)

美容師さん親切だったし

(←さらに追い討ち+現状を気に入ってない自分に対する罪悪感)

だいたい私は細かすぎるんだよ(←上に同じ、自己否定)

いやだったら次回は別のところも探してみればいいじゃん…


などなど(^^;)ゞ


そういう、自分を責めるかのような落ち込んだ気持ちの一方で…


確実に、怒りや不満の気持ちも!



でも私、ちゃんと説明して、毛先の切り方、お願いしてあったよね

後ろの仕上がりもちゃんとよく見せてほしかったなぁ

カタログで見て決定したスタイルと、だいぶ違う気がする…


などなど。


ところが、「直したいよ」と言ってる自分にサレンダーしたら、

それらがおおよそ、いっせいに静まって


「せっかくもう一度行くんだから、

相手の方も、自分も、気持ちよく過ごせるといいな。

そのためには、どういう表現ができるだろうか。」


そんな思考が、ふいにあらわれました。

急にそう考えるようになったのです。



それからは、行ってからの心配をするのはやめて、力を抜きました。星



実際に行ってみると、担当の方はとても丁寧に対応してくださり、

しかも楽しそうにお仕事されていたので、すごく安心しました。バラ


「お電話いただいたとき(私からの直しの依頼の電話のこと)、

ちょうど、髪はどうですかってお手紙を書こうとしていたんですよ~。

初めてご来店の方には出すことにしているんです。」

と、教えてくださったり。


私も、せっかく直しをお願いしているのだから、

ここでまた思い残すことがないように…、たとえ些細なことでも、

気になったところは口に出してたずねたり、確認したりしました。星



おかげで、今度は全体的にもっと軽やかで(実際に頭が軽くなりました 笑)

ついでに、やや気になっていた前の方も少し短くしてもらって、

「自分的にはこっちがベストバランス」と思う位置に仕上げてもらえました。芽



そうやって思ったのは、


「言葉に出さずにあきらめる。」

というのは、相手の方に対し失礼にもなるんだよなぁということ。



もちろん、その動機には、

「どうせ色々言っても無駄だから」というあきらめもあれば、

「あまりうるさく言うと相手に負担だから」という気遣いもあるかもしれないし、

自分がどう思われるかが怖いという、おそれもあるかもしれない。


でも、


伝えれば、伝わるかもしれないことを、

先に自分のシナリオを作って、心の中でそうだと決めつけて、

表現しないで終わりにしてしまうことは、

相手を信頼していないことになるんだね

と、私は思いました。



言ってみて、相手がノーといったらそれはそれでいいのです。

少なくとも、たずねて、相手からの返答を聞けたということですものね。

(それは2WAYコミュニケーション。)


だけど、最初からあきらめているというのは、なんだか違うな。

そこには怖れがあるんだな。


相手からどう思われるか、も、

相手がどう思っているか、も、

いずれも、私が勝手に決められることじゃないのにな


そう実感しました。



さらにもう一歩すすめれば、じつは、

「自分が何をどう信じているかが、相手の対応にも反映されるんだ」

という点にも気づきますよね…。えんぴつ



ここまで視点をひろげられたら、

他者との2WAYコミュニケーションは、

これもまた「自己内2WAYコミュニケーション」である

ということがわかるはず!
キラキラ☆


…つまり、

他者とのコミュニケーションをあきらめて勝手なシナリオを信じ込むとき、

自分自身のどこかも、あきらめてしまっているということ。


それは、自分が、自分をあきらめているんだよね。



☆☆☆


今回のお話、いかがでしたか。

私的なエピソードの中からこそ、気づきは多いので、

こんな具体的なお話も楽しんでいただければうれしいです!^^



最後に、昨日の午前に「龍空(りゅうぞら)」という記事を載せましたが、

同じ日の日没前に、今度は、巨大な龍をみました!


こちらは、「雲」にあらわれているので、わかりやすいと思います!


実際はとっっても大きかったので、一部ずつしか撮れませんでしたが、

撮影しました♪



空を泳ぎながら移動しているような…↓(頭部に近い方)

140518_1825~01.jpg 


巨体には、うろこまで見えました。↓

140518_1827~01.jpg 
 

すっと消えかかる、しっぽの方です。↓

140518_1828~01.jpg 


やっぱり、きのうの空には龍さんが多くいた!

締めくくりの、この巨大龍にはびっくりしました!!


そして、

どうも、ここらへんの空で見かける龍さんは、

みんな富士山方面へ向かうなぁということに気がつきました。


富士山には、龍の棲み家でもあるのでしょうか!?



それでは、また次回~!!☆ヾ(^∇^〃)


★スピリチュアルカウンセリングのお申込みはこちらからどうぞ
「個人セッションのご案内」


クリックで応援していただけるとうれしいです


人気ブログランキングへ


精神世界ランキング



ありがとうございます!よい夜を~☆ミ

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.