BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

力が及ばないと信じているのは?「現実はメッセージ」Day6

ふたたびvanillatreeです。こんばんは。


それでは、6日目の記事です♪

この内容には、さっきの記事にも関連したポイントが含まれています。^^


核となるメッセージは、ごくシンプルで、短いものです。


☆☆☆


どんなときに、あなたが「自分」と「外にある現実」を分けるか、

注意して見てごらん。


そこにあなたが

「自分の力が及ばない・私の影響力が届かない」

と信じている現実がある。


☆☆☆


…このように、意識して観念を見ると決め、

「私が現実をつくっている。」

「自分が何を信じているかを調べよう」

という作業をしていても、


正直に観察していると、

「自分の意識がつくった」ということを受け入れられる現実と、

実は、そうは受け入れられない現実があるということに、

気づいたことはないでしょうか。



「これは私には関係がないだろう」とか、

「さすがに、これには私の力は及ばない」という風に、

自分が“離れる”瞬間に注意してください。


そうして自分で、「外」と「内」を分けているポイントに気づいてください。



そのときあなたは何を信じているのでしょうか。

あなたのアイデンティティーはどこにありますか?


気をつけてみると、自分が“自分”をどう捉えているかがわかります!



あなたは、どこかで、

自分の力が及ばないこと、影響力が届かないこと

を、信じているのだと思います。


でも、この世界に、ひとつの「私」に、境界はあるのでしょうか。



まず私たちが徹底して認識する必要があるのは、

すべて「意識から」つくられているのだということです。


出来事は、形のないところから湧き出てきます。


この視点から見れば、

現実というのは、すべてメッセージ

なのです。



それを、

「自分とは関係ないもの」

あるいは

「自分の力の及ばないもの」

と見なした瞬間、あなたは「私」が何かを、忘れます。


「体験している自分」と、「つくった自分」とを分けてしまいます。



☆☆☆


現実というメッセージに“心で”耳を澄ませてください。

これは「自己内の2WAYコミュニケーション」なのだから。



私は以前、記事の中で

死という“移行の手段”にする場合をのぞき(その場合にも意味はありますが)、

病気は、治るためにあるのだ、と書きました。


それは、癒したいところを癒す過程、ヒーリングであると言えます。


現実として、あらわれることもまた、そうなのです。キラキラ☆



私たちは、現実として「見る」ことで、

自分の意識の中から湧き出てきたものの、創造的な結果を知り、

力を注ぎたい方向を見極め、流動的で変化する作品をつくっています。


ですから、


外に見える出来事と自分とを、「分けて」考えたくなる瞬間に気をつけて☆

そこに何があるかを、ぜひ観察してくださいね♪


★vanillatreeのスピリチュアルカウンセリングもどうぞよろしく^^★
「個人セッションのご案内」


応援ありがとうございます!

精神世界ランキング





人気ブログランキングへ

では、また明日♪(*´∇`)ノシ

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.