BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

うまくいくことの恐怖!?Day14と、お知らせ☆

こんにちは!

6月に入ったとたん、一気に夏になった感じですね~。



まずは、お知らせがあります。


明後日6月4日(水)~9日(月)まで、バリ島に行ってきます。


この期間は、ふだんより短いメッセージになると思いますが、

予約投稿で記事をアップします。

(これから作成します!)



「30日」を実践している皆さん、

私も、旅の間もコミットしますので、続けてくださいね~!


という気持ちで不在中も記事をお送りします  

日々のリマインダーとして使ってくださいね♪ウインク



また、この機会に過去記事や、コメント欄を読み返してみるのもオススメ。ハート


たとえば、この「30日シリーズ」に入ってからのコメント欄でのやりとりも、

コメントを寄せてくださる方々のおかげで、具体例をともないつつ、

貴重なポイント が含まれています。



私が留守なので、新たなコメントの承認、お返事は帰国後になりますが、

何かご感想があったら、いつものように書き込んでくださるとうれしいです♪



スピリチュアル・カウンセリングのセッションのお申込みも、

ふだん通り、「お申込みフォーム」から受け付けております。

お返事は、9日の帰国後に差し上げます☆よろしくお願いします。


☆☆☆


今回のバリ島旅行は、てつやと一緒に行く初めての海外旅行なんです。星


私たちがつきあいたての頃、すでに、

「一緒にバリ島に行こう!」という話が出ていたのですが、

今年の春まで彼はレギュラーで会社員をしており、

まとまった休みの取れない状況のまま、計画も延び延びになっていました。


やっと実現したのもうれしいですし、彼は、初めてのバリ島!(^∇^)

どんな旅行になるか楽しみです♪キラキラ☆



私はバリが大好きで、今度で5度目ですが、

前回バリ島へ行ったのはなんと、2011年3月11日を含む日程でした。

(そのときのエピソードの一部は、こちらから読めます。芽


海外に行くこと自体も、そのときから3年ぶりなので、

飛行機で飛ぶことにもわくわくです(笑)


…また何かしら、記事にしたいエピソードができるかもしれません( ´艸`)



では、本題に入りましょうか!


14日目、今日のテーマは、「うまくいくことの恐怖!?」です。


☆☆☆


昨日の記事「経済的な不安について」の中で、

望みに見えるものの動機が、「怖れ」であることがある。

(観念が前提となっている)

というケースについてお話ししました。


この記事を読んで、さらに、

greenさん、かうこさんのお二人がコメントしてくださったことは、

どちらも大切なポイントにふれているのですがキラキラ☆


とくに今回は、かうこさんが前回のコメントに続く形で気づいた観念に、

関連した内容をお届けします。芽

(前回のコメント記事はこちらでした☆「自分で決める♪Day12」


これはまた、違った形で、

「望みと怖れの観念がセット」になっている例なのです。


☆☆☆


かうこさんは私の返信をヒントに、さらにご自分の意識を調べて、

◆「自分だけうまくいってはいけない」

◆「人と理解し合うには、

“苦労している”という状況を共有しないといけない」

という印象深い観念を見つけました。


これらは、日本のことわざである

「出る杭は打たれる」

という価値観にもつながる観念です。


つまり、「うまくいくことは怖いこと」という通説があるのですね!


「うまくいくのはいいが、打たれることは覚悟しろよ」

なんてあらかじめ教えられたら、けっこう怖いですね(笑)

うまくいかないようにするか、

うまくいってないふりをすることを推奨されている感じです。


もちろん、ことわざに関してだけなら、

「驕れるものは久しからず」と似た風に、

「差し出がましくならずに、控えめであれ」

という教訓と捉えることも可能ですが、

(ただ、控えめの基準だって人それぞれですね。)


いずれにせよ…これらの観念を採用していると、


うまくいきたいけど、うまくいくことは怖いことだ

というように、望むけれど実現はさせられない!

そんな葛藤が生まれてしまうわけです。溜息



もちろんこういった観念を採用しているかどうかと、

その構造にも個人差があるので、たとえば、ひとりの人の中でも

「この分野に関しては、そういう怖れは適用されていない?!」

という部分も、発見できるかもしれません。


個々人の観念形態には「個性・独自性・違い」があるので、

自分の意識を調べることが大切なのです。


でも、ここでは、一般的に多いのではないかな、と私が感じる例を、

いくつか挙げてみましょう。


成功すると妬まれる。陰口を叩かれたり、孤独になる。

自分だけいい思いをしてはいけない。

(他者が不幸ならば自分も不幸でなければならない。)

個人が目立つのは悪いことだ。

(集団の一部となり、そこに奉仕しなければならない。)

空気を読み、それを乱さないよう合わせなければならない。

(さもないと嫌われる。)

幸福は持続しない。喜んでいると、今に落とされる。

(人生とはそういうものだ。)

うれしいことは続かないので、不幸に備えておくべきだ。



中には似たものというか、お手手をつないだ観念もありますが、

なぜなら、どれもが、「うまくいくことは怖いこと」

という共通した観念の中にある小観念群だからなのですね。



観念はこのように、ある観念があると、その周りを取り巻くように、

似た思考を集めます。


そして、それをリアリティーとして眺めて、

まさにその証拠となる現実を選んで、体験します。



自分の人生において、何かが

「あぁうまくいってるな♪」と思うとき、

うれしいと同時に、底知れぬ恐怖・心配を感じるようなら


「うまくいくことは危険だ!」

という観念を採用しているのです。


それは怖れとセットなので、「早く失くしてしまわねばならない」

と、どこかで信じているかもしれません。


先ほど書いたように、その形には人それぞれ個性があるので、


ある人は仕事や自分の社会的な表現活動において、

「うまくいく」ことに不安は湧かないが、

家族との関係やカップル(恋愛)の個人的な関係となると、

うまくいくのが怖い(幸せな状態が怖い)

という恐怖に陥るかもしれません。


かうこさんの書いてくださった例のように、

「集団の中で目立ってしまうような形で、うまくいくこと」

が怖いのだという人もいるかもしれません。


いずれにしても、それらの根本にある観念に気づけば、

「恐怖」の出どころが何かを理解できます。にっこり


そして、


あえて私は、「怖れた通りの現実」をつくる必要もないし、


信じている「怖れた通りの現実」を体験するのを阻止するために、

「本当はこうありたい」という自分の本心の方を、

邪魔する必要もないのだキラキラ☆



と、わかります。


そう、

あなたは、まったく、安全なのです!


★vanillatreeのスピリチュアルカウンセリングはこちらへどうぞ
「個人セッションのご案内」


応援ありがとう!

精神世界ランキング




人気ブログランキングへ

また明日(*´∇`)ノ!

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.