BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

ほしいもの、ほしいって言えてる?Day15

こんにちは~


きのうの記事で予告した、不在中の「予約投稿」分の記事を、

作成し続けています、vanillatreeです!
(`(エ)´)ノ☆


わふー。まだ終わってないのね…

昨日の夜中も、下書きの済んだ5日分の記事を作成してました。

「夏休みの宿題をためてしまった小学生」のような感覚を味わいましたよ。(ノ´▽`)ノ


自分の決めたことだし、学校の宿題よりはるかに楽しいですけどね!(笑)


さっき、予約投稿のテストもしてみたんです♪

この機能を使うのは初めて、便利ですね☆


私がバリ島にいる間もぜひぜひ、読みに来てくださいね~



それでは、今日の記事です!

15日目!ですね。


タイトルは、「ほしいもの、ほしいって言えてる?」です。


☆☆☆


Day4の記事、「本心をそのまま慈しむことに慣れよう♪」

の内容にも関連するお話です。


私が実際に体験したエピソードをもとに、お届けします。^^


   
 

私にとって初めてのバリ島旅行は8年程前、友人と一緒に行き、

2度目のバリ島行きは7年前、母とふたりでの旅行でした。


そのとき、母はバリ島が初めてでした。キラキラ☆


色んな場所に行って、景色に歓声をあげたり、

珍しいものを見て、興味を持ったり。

いきいきと、楽しんでいたのですが…


私は母を見ていて、あることに気がついたのです。


ふだんは気づかなかった、美点といっていいでしょう。


それは、母の持つ「素直さ」でした。

とくに、自分の望みに対する素直さ。ニコ



それは私や、以前同行した友人には無かったもので…

いえ、本当はあるんだけど、

「表現できなくなっていたもの」でした。


たとえば、母はこんな様子でした。


食べたことのない珍しい果物があって、

「おいしそう!」と思ったら、

「それ、私にちょうだい!」「食べてみたいわキラキラ☆


チャーターした車の中で移動中、入ってみたいお店や、

じっくり見てみたいものがあると、

「そこに車、停められないかしら?私、見てみたい!」


…そんなの当たり前でしょう?と、思える人に、

この記事は不要かもしれません(笑)

私や友人には、それができなかったのです。えへへ…


チャーターしたタクシーの中でも、私と友人は、

案内してくれる運転手さんのおすすめや、

ときにはちょっと強引な勧誘に、「だいたい従う」形になっていて、


自分たちの要求をもちろん言うことはあっても、控えめ。

強く押されると、ノーと言えないまま、後でふたりになってから、

「さっきの…」

「本当はこうしたかったよね」

なんて、言い合う始末でした!


バリが初めてだからよくわからないというのもあったけど、

それ以上に、ふたりの傾向がそうだったので

(お互いの個性や性格はかなり違うのですが、

こういう所は共通していたんですね~ 笑)

現地の人に案内してもらうのにも、その営業にも、

「気疲れ」していました。

(バリ島の体験自体はそれでも楽しかったんですけどね。)


「交渉」とか「自分の意見を言う」というのが苦手だったんですね。

そして、なんとなく相手の要求に合わせて「いい人」をやってしまう。

自分の素直な要求も、過剰に空気を読んで、のみこんでしまう。


後で、ぐったり疲れたり、不満に思ったりするというのにね。


だからもちろん、「値段を交渉しながらのお買い物」も苦手!

希望の価格を言ったり、値切ったりするのが苦痛なので、

「定価が決まっている方が気が楽だな~」と思っていました。溜息


そんな2人での旅行の次が、このように、

「ほしいものを素直に発言する」母との旅行だったのです。


前回との対比があったおかげで、私は、

母のそういうところは美点であると、初めて認めることができました。


それまでは、母の同じ要素を

「恥ずかしいなぁ!」と、思っていたこともあったくらいなのです。(^^ゞ


でも、それは自分の「観念」のせいだったんですね。


◆「欲しいものをはっきり言うべきでない。

(それはずうずうしいことだ。)」

◆「空気を読んで、自分の要求は口に出すべきではない。」

◆「相手に合わせるのが、礼儀正しさ、優しさ、親切というものだ。」


私には、こういう類の観念がありました。


そして、こういう観念を信じていると、さらに、


「自分の望みを言っても、どうせかなわない」

「ほしいものをほしいと言っても、手には入らない」


という、先のシナリオ(ストーリー)まで描きがちです!


ところが、母との旅行中、私が実際に経験したことは、


「素直にほしいものをほしいと言う」

「希望を口に出して表現する」ということを母がすると、

相手の人も笑顔で、

「いいよ~あげるよ。」と言って、ただくれたり、

その要求をかなえようと、行動してくれたりしたのです!ハート



望んだ人もうれしい、かなえた人もうれしい。

そんな笑顔のやりとりがありました。w川・o・川w


それまでの私の観念と、それに従って描いていたシナリオを、

まったく覆すものだったわけです。(*^-^)b


そうか、ほしいものをほしいって言っていいんだ。

表現してみることは、わるくないんだ。

むしろ、自分の思っていることをはっきり表現しないからこそ、

伝わらないから、相手も相手の考えで動くしかないんだ。




また、そんな母ですから、市場でのお買い物も交渉上手!

自分自身の希望、「このくらいの値段でこれがほしい」

というのをおおよそ把握していて、

相手とのやりとりを楽しみながら、商品を購入していました。


それを見ていて、私がまた気づいたことは、


「そうか、私は、自分がどうしたいかを知らないんだな!

“自分の希望”というものが無いから

(本当はあるのだけど自覚していないから)、

こういう交渉が苦手なんだな」


ということでした。


自分の気持ちを真剣に見ること、

そこに興味を持つということを、

おろそかにしていたことに気がついたのです。



買い物という、日常的な出来事がきっかけで、

その他の分野にも浸透していた、

「自分を制限するあり方」を見つめることができました。


☆☆☆


…いかがでしたか。ぺこ


もちろん、エピソードに登場した母にも、

母なりに、意外なところですごく気を遣いすぎていたりとか

本心を言えずにいたりとか、そういうことも、

個性のベクトルが違うだけで、あるのですが…。^^


このときには、母のあり方に、私は「目からウロコ」体験をしましたよ!バラ


そして、ふだんは気づけなかったこと、

それまでもあったのに、見えていなかった母の姿に色々と気づいて、

一緒に旅行できたことを、とても感謝しました☆キラキラ☆


さぁ今回はどんな旅行になるでしょうか。

いってきます!(^-^)ノ


★vanillatreeのスピリチュアルカウンセリングはこちらから♪
「個人セッションのご案内」


明日からは予約投稿の記事をお送りします。
応援よろしくお願いしまーす

精神世界ランキング




人気ブログランキングへ

ありがとうございます!(*^▽^*)

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.