BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

ヒーリングの許可について

ここ数日、妙に強烈に印象に残る夢を見続けてます、vanillatreeです。

寝泣き(寝ながら泣く)はもちろん、寝言も言っているかもしれない…(汗)



その内容が、現在の自分の心の、わかりやすい内容ではなくて、

スケールが壮大だったり、あきらかにこの人生の私ではなかったり…(´・ω・`)


その中に、この自分の人生の登場人物や、日常のことが、

ちらほら入り混じってしまっています。(^_^;)



夢でのこういった体験はわりとよくあることですが、

連日、というのが気になります。


誰かが私に何かを伝えたいのか?

(もっと言えば、それは自分が自分に何かを伝えたい。)

何か、思い出したいのか?



そこで出てくる感情は、「この私」とはあまり結び付いていない、

なぜ泣いているのかがよくわからない、でも知っているという状態。


これって、「現在の人生の自分」ではない「自分」のエネルギー

を体験しているときの、特徴ですね。


とにかく内面で何かが進行中なんだな~と静観していますが、

心当たりがサッパリないので、しばらく観察し続けていようと思います。


☆☆☆


さて、このブログ内でも、いくつかにカテゴリ分けして、


目に見えない現象、五感の世界に限定されない感受性、

エネルギーのことや、肉体に依らない在り方のことなど…


ときどきお話ししていますが。



私のスピリチュアル・カウンセリングではときどき、

そういった世界について詳しく知りたい!

という情熱を持つ方がお見えになることがあります。


スピリチュアルな概念を受け入れつつ、

日常的な「ご相談」にフォーカスしてお越しいただくことがほとんどですが、

そういう場合でも、お話ししていくうちに、そこへの「興味」がわかることもあります。



そういうとき、私も、

もっと、ブログでも私の知っていることを詳しく書いた方がいいのだろうか?

と、考えます。


ただ、「目に見えない世界」というのを舞台にしたところで、

ブログ上でお伝えしている「意識の使い方」は共通です。



そこはどうぞしっかり、腑に落としてくださいね♪♪



今日は、そういえばずっと言及してみたかった、

「ヒーリングの許可」についてをテーマにしてみます。


☆☆☆



私は、今はお話しするスタイルの「スピリチュアル・カウンセリング」をしています。


でもエネルギーを扱うことや、エネルギーヒーリングに接することも多く、

色々なメソッドやセミナー、講師を見てきました。


(それは私の歩んできた経歴によるものです、「自己紹介」をご覧ください。)


私自身、独自のやり方でエネルギーヒーリングのセッションをしていたことも、

短い期間でしたが、ありました。



ですので、巷に出回っているエネルギーヒーリングのあれこれについても、

私なりにときどき、思う所あることがあります。


たま~に、ブログ記事中にそういうことをチラッと書いてもいます(笑)


☆☆☆


私がとある会社にいたとき、海外からのとあるヒーリングセミナーが、

爆発的に人気が出たことがありました。


大規模のセミナーで、当日はスタッフ総出です。

私ももちろん複数回、スタッフとして出席しました。



その講師の本は、私も自分で買って読んだことがあり、

当時は「いいことを言っているなぁ!」と感動していたくらいです。キラキラ☆


ですが、セミナーそのものは、正直言って私には、「ドン引き」でした。


(個人の意見です。私の感想としてお読みください。)


私からすると、講師本人の人柄にも問題が見受けられましたが、

その“ヒーリング”のエネルギーも、「自分だったら絶対イヤ!」


つながりたくないものでした。汗


私から見れば、特定の星系(といえばいいのかな?表現が適切じゃないかも)の、

特定の意図を持った「グループ」のエネルギーだったからです。



見えない世界でまで、何かの「契約」というか、

宗教とか組織みたいな「団体」に組み込まれるのはいやだよーうう


というのが私の率直な感想でした。


とはいえ、そのエネルギーが心地よい人たちもいるのでしょう。

それに関しては個人差があっていいし、あるだろうと思っています!



この会社にいるときには、件のヒーリングセミナーのみならず、

他の講師たちについても、


「見えない世界での、ある種のヒエラルキーというか、

特定の意図を持って活動している構造、集団がいるんだな」


と、はっきりわかるエネルギーを発している人が多かったです。

ウォーク・インと名乗っている人が、とても多かったな。



当時から会社そのものや、一緒に働いている人たちは好きでしたし、

今でも愛情を持っていますので、そこはご理解くださいね!


でも、扱っているものが玉石混合だったので(私から見ると)、

長くはそこにいられませんでした。


☆☆☆


ここで、「ヒーリングの許可」の話です。


その、爆発的に人気が出たエネルギーヒーリングの講師が、

本の中でも、セミナーでも、ヒーリングの許可について言及していました。


そんなものはいらない、それは慣習であり馬鹿げている、というお話です。



その人の説明を聞いて、私は、

「根本的に意味が伝わっていない、捉え違いをしているのでは…?」

と、感じました。星


(「なぜか」の部分を自分ではっきり理解したのは、会社を辞めた後ですが。)



ここでは、その人のセオリーはさておき、

本来の「ヒーリングの許可」とは何を指しているか、をお話しします。



ヒーリングの許可とは、相手の表層的な思考の部分にたずねるのではなく、


相手の「スピリット」といいますか、本心といいますか、

それをハイヤーセルフとでも見えない部分とでも、なんと呼んでもいいのですが、


そこに波長を合わせて、尋ねるということなのです。



これは言い換えれば、自分自身の「直観」ですとか、

「本当の気持ち」に合わせる、と言っても同じなのです。芽


なぜなら「その部分」は皆共通の「私」ですから。


読者のみなさんなら、この意味がわかりますよね!ウインク



というわけで、


表面的に相手が「ヒーリングを望む」と言っていても、

本人の「本当の気持ち」が実は「NO」であるならば、

(自分自身にそれを巧みに隠していたとしてもですよ!)


私だったら、ヒーリングはしません。


これは、エネルギーのヒーリングに限らず、

私のしているようなスピリチュアルカウンセリングのセッションでも同様です。



他にも例をあげますと、たとえばですが、

「スピリチュアルなことって、私は全然信じていない。

そんなこと言ってるやつらって、どうかしてるんじゃないかと思うよ!」

と言っていた人がいたとします。


ところが、それが本当の「NO」ではなく、実は、

「本当は、とっても知りたい。興味がある!でも、怖いんだ。」

というエネルギーだった場合、私はチャンスを見つけたら、

その人の受け入れやすいスピリチュアルな話を、いつかするかもしれません。


一方、本心からそのまんま、

「まったく興味がない。見える世界の、今目の前の現実に没頭していたい。」

という人には、もちろん、スピリチュアルな話をあえてしようとは思いません。


それぞれの人の、「ちょうどよさ」があるからです。



というわけで、「ヒーリングの許可」というのは、

表面的に相手に「ヒーリングをしていいですか?」と尋ねることではなく、

相手の「本当の気持ち」に波長を合わせるということなのです。



また、さっきも書いたように、

自分自身の「本当の気持ち」を精査することでも、結果は同じです。

(ここに自他の区別はないので。)



つまり、あなたがたとえばヒーラーだとして、

なぜか「NO!」と思ったときには、ヒーリングをしない方がいいのです。


たとえ、その理由までが、あなたにはクリアーでなかったとしても。



☆☆☆


私たちはすごく単純に、「善悪」の観念、基準を採用し、

あらゆるところに適用しています。


たとえば、


癒されることは善。

ヒーリングは善。


というのもそうです。


ところが、そうとばかりも言えないかもしれません。


「本人の意思」が何より大切です。



数日前に、「大天使ラファエルのメッセージと体」という記事を書きました。


その中で、本人が「経験する」と決めていることについて、

ヘルパー存在でも、途中で余計な手出しはしない、

ということについても言及しました。


(※助けになるアイディアはいつでも提供されていますが、

それを見ようとするか、手を伸ばすかどうかは本人次第ということです。)


それは、それぞれの存在を信頼し、尊重しているからなのです。



今回の話とあわせて、考えていただければ幸いです。



★vanillatreeのスピリチュアル・カウンセリングはこちらバラ
「個人セッションのご案内」


応援どうぞよろしく♪

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ

どうもありがとうございます☆また次回!

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.