BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

満月と半妖、更級日記

こんばんは~(^-^)ノ


昨日の記事に、るるさんからコメントいただきまして、

記事内でふれた、私の行ったことのあるシカゴの「コミスキーパーク」が、

当時すでに「新・コミスキーパーク(現USセルラーフィールド)」だった
と知りました。


当時も予備知識のないままホストファミリーに連れていってもらったのですが、

後年、アメリカンフットボール&大リーグ好きの男性とつきあっていたとき、

ふと、「そういえば留学中、コミスキーパークに行ったことがある」と話したら、

「今はもうそこは無いんだよ!貴重な経験したね!」と興奮気味に教えてもらい、

「えっ、あの場所はもう無いの!?」と、驚きつつも鵜呑みにしていました。


本当の、旧コミスキーパークは、私がアメリカ留学するよりももっと前に、

取り壊されていたんですね。


るるさん、調べるきっかけをくださってありがとうございます!きゃー キラキラ☆


☆☆☆


コミスキーパークで観戦したときは3月か4月頃だった気がしますが

とても寒くて、1枚の厚手の毛布を3人でシェアしてくるまりながら

(ホストファーザー、同じ家にいた留学生で1つ年上のポーランド男子、私)

観戦した覚えがあります。


私は、アメリカの高校ではバンド(日本でいう合奏団?)の授業を取っていて、

トランペットをやっていたので、フットボールやバスケットボールの試合があるたび

ペップバンド(応援の音楽を吹く)に参加、観戦も必須だったんですが…


その年はリザード大寒波)の年で、

厚手の毛布を体に巻いて、寒さに震えながら観戦、

というのはよく繰り返された光景でした。(フットボールゲームは野外なので。)



コミスキーパークでの野球観戦のときは、私を除く女たちは、

シカゴの街中でショッピングをしていたんだけど、


なぜか私はそこの家のお父さんに野球好きと思われていて

(当時活躍していた野茂選手を、同じ日本人の例として説明していたせいかも。

なにせその頃のケンタッキー州の片田舎では、出身国を“日本”って伝えても、

どんな国だかイメージを描ける人がとても少なかったためです。)


当然のように“野球場行き・男チーム”に加えられていたんだよなぁ。(^▽^;)

球場の大型ビジョンの画面に映って、みんなで手を振った思い出があります。

試合内容は、全然覚えてない(笑)


☆☆☆


さて、昨夜は満月でしたね~☆


 
輝く満月の周りには散り散りの雲  



過去世についてもふれた記事「過去世と食の好み、よもやま話」に書いた、

私が小学3年生のときに涙した、百人一首の中の歌とは、


「秋風に たなびく雲の たえ間より

もれ出づる月の かげのさやけさ」



という一句です。



情景が鮮やかに浮かぶのと、言葉のうつくしさとで、

何とも言えず胸がいっぱいになり、はらはらと涙がこぼれました。


そのときは、はじめて「百人一首を遊ぶ」ための授業だったのですが

(つまり、読まれた札を取って競うゲームの、あれですね☆

この小学校は、年に1回、百人一首大会を作ったのです。)


和気あいあいと遊んでいるクラスの中で、誰にも驚かれないように(笑)

感動の涙を流しつつあわてて横を向いたのを覚えています。



この歌をきっかけに、私は百人一首の歌を夢中で読み始めました。


そして、そこに載せられたたくさんの歌に感動し、意味を知る中で、

当時の背景や、詠み手の心情にも思いを馳せ、


ああ、いつの時代も人間は一緒なんだなぁ…


と、いにしえの人たちを身近に感じたのを覚えています。バラ



長年、古文からは遠ざかっていましたが、

今日はふと思い立って、ひさびさに「更級日記」を読み返していました。


私が持っているのはこちらの本なんだけど、もう絶版かしら。↓


「対訳古典シリーズ 更級日記 旺文社」

更級日記 (対訳古典シリーズ)
菅原 孝標女 池田 利夫

4010672102



現在売っている更級日記を他に探してみたら、

こちらが原文も現代語訳も入っているそうなので、私は未読ですが載せてみます。


更級日記―現代語訳付き (角川ソフィア文庫)
原岡 文子

4043734018



光源氏の物語で有名な大作「源氏物語」や、

現代でいうならば見事なエッセイ!の「枕草子」よりも、

私はこちらの作品がなんだか好きです。


作者の心情が伝わってくるし…

等身大の、当時のひとりの人間のあり方が、見えるような気がして。星



そして今日の読み返しで気づいたんですけど、

作者は今でいう千葉県でお育ちだったんですねぇ。私と一緒だ。芽


先に紹介した、私が持っている方の本では、

当時の地図が載っているので、どこが何と呼ばれていたかがわかりやすいです。


東京は…当時は「武蔵」ね。

都は京だったわけだから、東京は、ふつーのいち地方、田舎だったんだろうなぁ。



地域を区切る境界の「線」だって、地名やイメージだって、

人が決めたものなんだなぁって、はっとさせられます。


だけど地名には、ちゃんとその頃からの名残もあって、

そこに気づくと感慨ひとしおですね。



そして、この頃(平安時代)の人々って、男女問わずよく泣きますね。



この、よく泣く、ということについて、

「それは、当時の食事では、○○という栄養素が欠乏していたためだと思う…」

などと独自の解説をしてくれた古文の先生が昔、いましたが(笑)


私が思うに、そういう情緒で生きていたからだと思うんですよ。


今の人間と、感覚の使い方が違っているのです。


古文を読んでいると、昔は、「見える世界と見えない世界」

もっと当たり前に融合していたんだなぁって、感じます。



たとえば、

もののけ」も、今では「目に見えない」ことになっている色々な存在も、

もっとふつうに姿をあらわしていた(人に認識されていた)と思いますね。


それは単なる伝承じゃないですよ。

要するに、


人々が今のように「物質オンリー」にフォーカスした周波数で生きていないので、

そういった存在たちも「顕現」しやすかったのだと思います。


そういう波長の中でしたら、姿をあらわすのが簡単なんです。



実際、私は夢の中で平安時代らしき映像を見たことがあり、

そのときに、


「うわー!鬼や妖怪って、当時は本当に姿をあらわして活動してたんだ!」

って、びっくりしました。


(ちなみに鬼や妖怪は、「悪の存在」ではないですよ~。)



更級日記を読んでいても、

陰陽道仏教にのっとった決まりやしきたりが色々ありすぎて、


うわー、面倒くさそうだなぁ…


と私などは思いますが、それだけそういう目に見えない側面を、

「リアル」に捉えていたということがわかりますね。



何がリアルかという基準は、そこに生きている人たちが決めます。


これを覚えておくと、現実を見るのに役立ちますよ!ウインク



あと、著者がその時代の人として、そういった価値観を当然に採用しつつも、


ほんとうはこうしなくちゃいけないと思うんだけど、興味が無くてしなかった

とか、

熱心におつとめ(勤行)した方がいいんだろうけど、私は全然やる気がなかった


というような旨が正直に綴られている箇所もあり、

時代は違ってもやはり人間…と、親しみがわきます(笑)キラキラ☆



また、「夢」もとても大切にしていたようですね。

更級日記にも夢の描写が、けっこう出てきます。


あの世とこの世をつなぐゲートウェイ

としての夢の役割、ちゃんとわかっていたのでしょうね。キラキラ☆



長い歴史を振り返ってみれば、現代のように、

こんなにも「目に見えるモノ」に正当性を置いている時代って、

案外少ないかも…(かえって希少価値)
と、思います☆



興味のある方は「更級日記」、

あるいは気が向く古文を何でもいいから、ぜひ読んでみてください♪


「今」という時代が、別な目で眺められますよ☆


★vanillatreeのスピリチュアル・カウンセリング
「個人セッションのご案内」


ぽちっと押していただけるとうれしいです!

精神世界ランキング


人気ブログランキングへ

どうもありがとうございます♪
(*^▽^*)

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.