BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

過去世に因果関係はない?2

はーい、ハローアゲーン、vanillatreeです。


この記事は、「過去世に因果関係はない?1」からの続きです。

未読の方はそちらからどうぞ。



こういうお話は、きっと「説明」をするよりも、

体感するのが一番早いと思うのです、私は。


Don't think! Feel! (考えるな!感じろ!) ですね。


それは何度、言葉で説明を読む(聞く)機会があっても、

「そういう説(考え方)もあるのね~」

「でもやはり過去は過去、変えられないものでしょう。」

と、頭で通過されている間は、意味がないものだからです。



その一方で、きっかけは何であれ、

情報そのものの「中身」に共鳴する人もいる。

それがキーになって、自分の内側から「思い出す」人もいる。



だから…だから…言語化するのがしんどくても(笑)、o(_ _*)o 

たとえ文章として表現することが遠回りに思えても、(´・ω・`)


こうして「書くこと」は大切だそうです…。


(↑この部分は私へのメッセージでした 笑 (/ω\)

私が、あぁこれを言語化するのってやりたいけどやりたくない、と、

心でつぶやいていたらww)


しかも一番は、こうして概念を繰り返し言葉にする作業は、

「私自身の学びのため」なんだってー!(^∇^)ゞ 恐縮です☆


☆☆☆


今回の内容に関連しているこれまでの過去記事は、

「並行現実」「過去や未来のエネルギー」についての記事がそうです。


未来だけでなく過去も選べる(変えられる)という話題もありますので、

そちらに興味がある方は、ブログ内検索をかけてください。


こちら「フェルマータ」や、こちら「過去や未来のエネルギー」もそうです。

あと、テーマ別「創造」の中にも色々入っていると思います!




「過去世」というアイディアを用いるとき、人は、

それ(過去世)が先にあって、今があり

その影響が現在にも及んでいる

と、考えます。


いえ、過去世を信じていない人でも、「この人生」について、

過去があって今があり

その影響が現在にも及んでいる

と、考えているのではないでしょうか?



たとえば「幼少期」…そのとき起こった出来事や、家族の影響など、

さかのぼって重視する向きは、精神世界の中でも根強いのでは、と思います。



そういう見方も使いよう、だとは思いますが、

本当のところ、私たちは「過去」には縛られていません。


そしてここが重要なのですが、

「過去の記憶」も、今のあなたが選んでいます。



今日は、せっかくタイトルに「過去世」を出しましたので、

過去世に関する誤解を解いていきたいと思います。(*^-^)b


「未来世」についても基本は同じです。


☆☆☆


「過去世の自分」のことは、

(ほんとうはこの人生の「過去の自分」に対しても同じですが、)


自分でもあり、情報を共有する他人(別の存在)でもあり…という距離感で

捉えていただくのがバランスがいいかな、と思います。


私がよくお伝えしているのが、

自分の中に同時存在しているたくさんの人生を、

インターネットの「リンク」になぞらえるとわかりやすいよ、

ということです。星



あなたが自分のウェブサイトを持っていたとして。


あなたのウェブサイトの中の「お気に入り」や「関連サイト」のように、

そこから別のサイトへリンクを張っていたら、

リンク先の情報は、容易に参照することができますよね!


とはいえ、

リンクしたら自動的に相手先の内容の全部が流れ込んでくるとか、

あなたのサイトに勝手に表示されてしまうということは、ありませんよね☆


あなた自身が、「現在」、自分の関心があるリンク先をクリックして、

そこにある情報を取り入れると思います。



過去世(や、未来世)は、現在の人生とつながっている、

自分自身のより広い意識の中にあるネットワークですが


「現在のあなた」を「起点にあるホームページ」だとすると、

繋がっているリンク先のサイトから、何を(どこを)参照するかは、

今のあなたが選んでいます。



もちろん、ネットワークで繋がっているのですから、

あなたの中にある別の人生も、この人生と「関係のない」ものではありません。


相互に影響し合っていますが、それは因果関係とは異なります。


過去世との繋がり、認識できる別人生の情報は、

あなたの今のフォーカス(選択)によってオンになる、

リンク先(別の人生)からの情報の浸透なのです。


そして、

ここから先も気をつけてお読みくださいね。



過去世(別の人生)も、終わっていません。


また、過去世にも並行人生※

(※選択によって枝分かれしてくる様々なヴァージョン)が、あります。


無数の過去と未来がある。ヽ(゚◇゚ )ノ



大きな「自分」の視点から見て、

どの人生も共通のテーマや性質を持っているということはありえますが、


それが前述のように別の人生へ「浸透」してくることがあっても、

「AがあったからBが起こった」というような因果関係とは異なるのです



「今」が起点であるということを覚えておいてください。


その上でお話しする、「浸透」とは、たとえばこのような感じです。↓



現在のあなたと本質的に同じテーマで悩んだり、葛藤したり、

自分自身を制限している別の人生のパーソナリティ(自己)が、もしいたら、


あなたがそれを乗り越えたとき、そこから抜けたときに、

そのパーソナリティもまた、一緒にあなたと同じことに気づきやすくなります。


つまり、あなたのエネルギーを別の人生の存在も活用できるのです。

(あなたも、別の人生の自己の経験・エネルギーを活用できます。)



エネルギーはひとつの自己の中で繋がっていますから、

相互のやりとりも、浸透もあるのですが

それはただ盲目的・強制的に「影響がある」ということとは、違います。



どの人生の自己もそれぞれが、それぞれの現在という起点から、

自分自身の力を生かすことができ、

自分のフォーカスをどこに向けるかを、毎瞬、新しく選択ができるのです。



そのため、昨日の記事に私が書いたような「過去世のヴィジョン」とは、


過去世があって(因)→今がある(果)

という説明のために用いたのではなく、


色々な自己が存在する多くの人生の中、

しかもひとつの人生の中にも色々な選択がある「並行現実」の中から、


「そのときの私の観念」と類似し、エネルギーが共鳴している、

過去世の、とあるヴァージョン(並行現実)の情報を受け取っていた、

ということです。


ちょっとややこしいでしょうか?



簡単に言えば、今のあなたのヴァイブレーション(エネルギーの波長)が、

過去のどの現実を選ぶかも、決めているんだよ、ということ。


常に、現在の観念に沿ったものが、情報としても見えるのです。

(与えるものが、受け取るもの。発信した内容が返ってくる。)


☆☆☆


スピリチュアル・精神世界のジャンルの情報でも、

「過去」の真実とか、「過去世」の影響とかに言及していることは多いですよね。


でも、「現在」を起点に、それさえも変わってしまうことに目覚めたら…?


「真実探し」や、「過去にさかのぼる原因探し」よりも、


あなた自身が「今、何をピックアップするか」の能力の方が、

大切になってくるのではないでしょうか。ハート


この知恵が、あなたの生活に生きることを願って…芽

今日は1、2と続けてこの記事を読んでくださり、ありがとうございました♪(^-^)/



★スピリチュアルカウンセリングのお申し込み、お知らせはこちら
「個人セッションのご案内」



ぽちっとお願いします

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ

ありがとうございます!ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.