BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

パオーン!!

おはようございます!


140805_0639~01.jpg 
今朝の空



真夏の日差しは朝から強いですね!

外に出たとき、早朝だから(朝6時半頃)、日差しを浴びた方が体にいいよね~

なんて思っていたら、太陽光線、かなり強烈でした。(;´▽`A``



記事タイトルは、夢の話です。


最初は、かなり笑えたので…面白いから書くことにしました(*゜▽゜ノノ゛☆

ところが、一緒に見たもうひとつの夢とあわせて考慮すると、

さらに興味深いのです。


☆☆☆



きょう朝起きると、一緒に暮らしている彼に「寝言言ってたよ」と報告されました。


それ自体は珍しいことでもないんですが、

その寝言が、「パオーン!!」というような叫び声だったというのです。


ときどきそのように、「宇宙語(命名byてつや)を寝言で言っている、

と指摘される私ですが、


たぶんそれは宇宙語というより、夢の中ではふつうにしゃべっていても、

肉体の方がうまく同調できずに、半端な発音になっているときもあるのです…。


この夢のときはそう→「色んな意味でリリースメント…か」



そして今日の寝言にも、私は心当たりがありました。


☆☆☆


私はいくつめかの夢の中で、気づくと、

早朝の、人が全然いない場所で、ジョギングのようにひとりで走っていました。


それは昔住んでいた社宅(団地みたいなイメージ)の一角に似ていて、

地面はコンクリート、外の道路ではなくて、

敷地内の、人の住んでいる建物の間を走っている感じでした。


(入り組んで建物の影になっているような場所ではなく、

一方は建物があるけど、一方はひらけていて、それなりに広いし明るい。)



早朝特有の、物音ひとつしないシーンとした風景の中で、

「はっ」

と、急にこの状況に気づいた私は、そのまま走り続けながらも、


少しこわい


と、思いました。



もう明るくて、太陽の日差しは出ていたんですけどね。


むかーし、1度だけパン屋のバイトにトライしたことがあって

(試用期間中にすぐやめたので“トライ”です…)

そのときに早朝3時に出勤だったのですが、オリエンテーションで、


「出勤の際は十分気をつけるように。夜よりも、早朝の方が危ないのです。

人けがなく、変質者は早朝の方が出やすいのです。被害にあった人もいます。」

と、注意されたことがあり、印象に残っていました。



夢の中では、この情報を具体的に思い出したわけではありませんが、

「こわい」と感じた中身は類似していて、

みんなが寝静まっていて誰も気づかないのに、ここで何かあったらどうしよう!

と、脅威に感じたのです。



そこで私がしたことは…



そのままジョギングのように走り続けながら…



吠えました。





自分としては、「わっ」と大きな音を出して「威嚇した感じ」でした。



実際、声と一緒に張りつめたエネルギーがパーンと、

私を中心した円のように広がっていました。


私に近付くなよ!という意思表示でしょうか…?(;^_^A



これが、肉体の方でも声として出ていて、

彼には「パオーン!!」と聞こえた寝言(叫び)だったようです。



起きてからの私からすると、威嚇にしても、

恐怖を声で追い払う発想にしても、

夢の中の自分はそんなことをするのか…と不思議です。



彼にこの旨を説明したところ、


「ノーコメントで。」


と、言われました。(^∇^)


☆☆☆


この夢の、前か後に見ていた夢は、もっと明確なストーリー展開もある夢でした。


しかもその夢の中では、先ほどもリンクを張った、

「色んな意味でリリースメント…か」のときと共通した要素がありました。



それは「スピリット・リリースメント」です。


私は好きな呼び方じゃないですが、日本語で「除霊・浄霊」と言われてます。



夢の中で私は、ある年配の女性を「しらふに戻そう」としてました。

見かけは日本人のようでした。


その女性の意識は、「雲がかかったような状態」にありました。


その人は、急に高い声を出して興奮状態になったり、暴れたりして、

その後、また意識がいつもの自分にもどるのです。

でも、「いつもの自分」はもう、だいぶ精気のない、うつろで沈んだ様子です。


先のリンク先記事でも書いたように、これは、

憑依のせいで(他の霊のせいで)こうなったというより、

まず先に、本人に原因があります。



意識が何らかの「思い込み・信じてしまっていること」に害されていて、

「強い洗脳状態」にあるのです。



私は、何とかこのご婦人に「自分の中心」に戻ってきてほしくて、

色々と手を尽くしていました。


本人の意識が「本当の意味でお留守になること」は決してないので

(いかにそのように見えたとしても…)

伝わりそうなタイミングを見て、エネルギーを言葉に込めながら話をしたり。



「外の現実(状況設定)によって促される感覚」に頼ろうと、

その人が得意だった運転をあえて任せて、信頼してその車に乗ったりもしました。

(通常はもう運転など任せられないほど、その人はぼんやりとしています。)


要するに、意識がうつろになっていても、

得意な運転をすると体の方が目覚める、という効果を狙ったのです。



たとえば、ピアノがとてもうまい人がいたとして、

何かがあってその人の「頭脳」はもうろうとしていても、

手は演奏を覚えている、というようなことがありますよね。

そういう身体刺激と、「他者(私)の信頼するエネルギー」を利用しました。



あとは、一番は、その人の「目」を見つめることでした。


目からエネルギーを送って、相手の「本当の自己」を呼び戻すのです。



そういうことを散々やっている夢でした。(=◇=;)



こういう夢のときはけっこう真剣勝負、力が入るので、

その流れで、寝言も言いやすいのかもしれないです。



それと、「夢」は自分の中にあるという視点から、

この種の夢を見た後は、私自身の心の中もチェックします。


「自分の中心からずれてしまっているところはないか?

自分にとって余分な観念を取り入れて、それに染まって、

自分自身を苦しめ、洗脳しているようなことはないか?」


夢の状況を「すべて自分内のドラマ」として、

シンクロしているポイントがあるかどうかを見るのです。


たいてい、あるものなんですよ。



★スピリチュアルカウンセリングのお申し込み、お知らせはこちら★
「個人セッションのご案内」



クリックをどうぞよろしくお願いします。

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ

どうもありがとうございます! 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.