BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

英語を話せるようになるには☆

こんにちは~!


この間、ふと思いついて妹に、携帯から

「はわゆー?」

と、絵文字つきで送ったら!


(※こういうときは絵文字もメインの役割です。

私と妹との間では、

お互いのフィーリングを絵文字で伝えることがよくあります。)



「アイムOK┐( ’~`;)┌ 」


と、ものすごく適切な顔文字付きキラキラ☆ で返信をくれました。


(ちなみに「I'm OK.」自体は、私は大丈夫、とか、

まあ元気だよ、という意味にとれますが、

この顔文字を見ることでニュアンスが理解できるという。)



そう、まさにこの顔文字のような顔の表情は…


英語のジェスチャーになじんでる方なら、

見覚えがあるのではないでしょうか。


(ちなみに妹はアメリカの大学を卒業しているので、

お互いの中に「米国暮らし」の思い出あれやこれやがあり、

このようなギャグをかましてくれたのです。)



私も、1年間の高校留学から帰ってきてしばらくの間、

何か返答するのに「う~ん…」と考えているときや、


「ちょっとね…」

とか、

「微妙だね…」

などの気持ちを伴うたびに、

無意識にこのような顔→ ┐( ’~`;)┌ をしてしまい、


家族に「またその表情してるよ」と、ツッコミを入れられていました。

顔だけアメリカが抜けなかったという。



そういえば少し前に、対面セッションにいらしたお客様が、

(ご相談内容としてではなく、帰り際の雑談で、)

英語が話せるようになりたいということをおっしゃっており、


「vanillatreeさんはどうやって英語を勉強したんですか?」

と尋ねられたばかりでした。芽



そんなシンクロもあったので、

これは私の経験に基づくお話になりますが…


「英語を話せるようになるには」


という記事を、書いてみることにしました(笑)


☆☆☆


まず、よく勘違いされてしまうことがあるのは、

留学経験があるから、英語が話せるのだろう、

と思われてしまうことです。


これは、私の場合は、当てはまりませんでした(笑)



過去記事を色々読んでくださっている方は、

目にした覚えがあるかと思いますが、

私は1年の高校留学では、決して、

英会話が「達者」にはなりませんでした(笑)


も~、

全然然!(ゼンひとつ多い! 笑)

でした。



それどころか留学中に日本語の美しさに目覚め、

「私は大学で国文学をやろう!」

とまで思ってしまったくらいです。


英語にはかえって、背を向けてしまっていたという…。汗☆



ところがそんな私が、英語をがんばることになったのは、


ひとつは、当時好きだった音楽(ブラックミュージック)。音符

もうひとつは、会社勤めがきっかけでした。


それが、精神世界を扱う会社でもあったのですけど。



私の勤めたセクションは、海外の講師と、

日常の連絡から、実際に来日したときのサポートから、

色々行う業務も含まれていたので、英語は必須だったのです。


色んな流れで、私は当初、張り切ってその会社に入ったため、

責任感も強く、


「今ある私の英語スキルなどでは足りない!」

と心配し、必死になって英語を勉強しました。溜息



参考書なんか、トータルしたら何冊買っただろう…?

今は全部手放してしまいましたが。


個人の人が販売している、英会話上達のための

催眠誘導付き教材

を買ったこともあるよ!!


そこそこいい値段(十万円以下)でした。


購入してしばらくは、アフターサポートのメルマガが来ていましたが、

いつからか終了していましたっけ。


それから、無料メルマガの英語・英会話講座を、

色々と登録して読んでみたり…。



英語に関しては、かなり色んなことしてるのです (・ω・)



そんなわけで、私と同じ1年間の期間でも、

留学だけで英語が話せるようになったよ~☆

という人ももちろんいると思うのですが、


私の場合は、その後の勉強が大きかったと言えます。



アメリカでは、一般家庭のホストファミリーと生活したので、

アメリカの、ある地域の、ある人たちの暮らし

というのを実体験できたというのは、

その後も、英語を使う場面でとっても生きていますけどね。


やはり現地の、空気のようなものを知っているから…。芽



あと、余談ですが、そのような生活体験があると、

英語による夢というのは見ます。


実際に、英語を使って会話していた人たちは、

たいてい夢の中でも、英語をしゃべって出てくるんですよね。


☆☆☆


…では、具体的に、


どう勉強をするといいか?


これを、私なりにお話ししますと。


まず、

「必要を作る」

というのが挙げられます。



私の場合は、これが、

留学よりもむしろ「会社の業務」だったわけですが。


後で述べるやり方では、「趣味」も十分動機になるのですが、

ふつうは、「ただなんとなく」で始めても、

なかなか熱心になれないのではないでしょうか。



ところが、「○○に必要」という点が自分にとって重要であると、

何とかしなければ!という馬力が出ます(笑)



そうして勉強するときに、ポイントとなるのは、


日本の義務教育内の英語で習ったことは、

忘れる!

(※特に発音や、日常の言いまわし)


ということです。


義務教育といっても、今現在のお子さんたちが、

どんな教育を受けているか、私にはわからないので…

最近は、ひょっとするとこれが当てはまらないかもしれません。


私くらいの世代か、それより上の世代の方には、

私の体験上、おすすめできることです。



というのも実際に、私が高校留学していたときに、

最も、自分のことを制限してしまったポイントがこれでした。


私は、留学なんてした割には、当時はまだ、

映画なり音楽なり、自国でもふれることのできる

「生きた英語」

に接する機会をまったく持っておらず、


それまでの学校や、

英語塾で習った英語を頼みにしてしまっていたんです。



学んだことに強くこだわったがために、上達しなかった…

というのが、後で振り返ると、よくわかったのです。


「文法」ですとか、「書く」能力は、

ネイティブの人たちに劣らないほどあったのですが、

肝心の「会話」で、ずいぶん苦労しました。



なので、話せるようになりたい方は、

思い切って、習った英語を忘れることも必要です。


そして、実際に英語がネイティブの人と話して、

自分で経験してみることが大事です。バラ




2つめの提案は、好きなジャンルで勉強することです。ぺこ


これは、趣味でかまいません。キラキラ☆


あなたの好きなことに関わっているなら、

その延長上にある英語も、きっと楽しく取り組めます。


たとえば、

旅行、手芸、料理、音楽、精神世界、漫画…


なんでもいいのですが、自分の得意分野、

興味のある分野、大好きな分野を通して、英語を学ぶ。



すでにあなたは日本語でその分野を知っているわけです。

英語では何と言っているか、どう話しているかを、

今は「ネット」という便利な道具もありますから、

「英語バージョン」を見つけて、体験していく。


これはけっこう、上達が早い気がします。



私も、「スピリチュアル・精神世界」の英語は得意で、

実際の経験もあるので、

一般の通訳さんや翻訳者さんでは訳しづらいところも、

スムーズに訳せるという特技があります。


一方、ビジネス英語だとか別ジャンルの英語は…

たぶん、さほど上手くありません。


旅行で必要になる程度の英語でも、

使うのに意識しなければならなくて、面倒臭いなぁと思ったりします。



そんなわけで、英会話といっても、

「言語」というツールのひとつなので、

あなたの得意分野を拡張するような気持ちでチャレンジすると、

楽しく学べるのではないでしょうか。



最後に、できる人がいたら、お薦めしたい方法。


英語が母国語だった、別の人生の自分に同調する

:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


これができたら、めっちゃ早いでしょうね(笑)



★スピリチュアルカウンセリング(対面・スカイプ・電話)★

個人セッションのご案内

バナーをクリックして応援してね!

精神世界ランキング

ありがとうございます~

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.