BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

同じでないことが呼ぶ不安

今日のテーマは、「同じでないことが呼ぶ不安」です。



あなたは、誰かと同じ答えじゃないと、不安になりますか?

人と同じであることを、自分に求めますか?

あるいは、自分と同じであることを、人に求めますか?



自分が独自の存在であることを信じられないとき、

「外に」自分の価値をゆだねようとします。



以前、1つのケースとして「共依存」についてふれたことがありました。

そのような場合、

私の感じるように感じて!

(私の感じ方を認めて!)

と、相手(外)をコントロールしようと、一生懸命になります。


せめて、共感してもらおうとします。

同じように感じていない相手でも、そうさせようとします。

相手がそうなることを望みます。

そこに自分の生存価値がかかっているからです。


違っていていいのだとは思えない状態。


するともちろん逆に、自分が相手と同じにならなければ!

と、相手に合わせようとすることもあります。


両方のベクトルを行ったり来たりします。


でも、実際にはそんなことはできないので、

自分で無理をしていた部分があふれ出てくるわけで、

それを「相手」の存在や、あり方や、行動、発言のせいにします。


「依存している対象の相手を恨む」ということも、当然起きます。

愛憎どろどろの、苦しい状態です。


これは、


なぜ、相手にそれを認めてもらわなければ安心できないのか

なぜ、相手に自分と同じでいてほしいのか


そこ(=自分の心)を見つめなければ、治りません。

要因が「相手」にあると思っている限り、解決しないのです。


実際に私自身も過去にこれをたっぷり経験し、気づいたことです。




自分が不安だと、同じであることを求めます。


同じ感じ方、同じ答え、同じ価値観…


外に見つけて、認めてもらって、ほっとします。



人が「基準」を作るのはなぜなのでしょうか?


たとえば、美の基準。


これが美だという基準を定めたがり、

それに基づいた評価が当たり前のように採用されますが、

ほんとうはその基準から大きく外れていても、

魅力的な人はたくさんいます。



誰もの目の奥から、

神である“私”がこの世界を覗いているのに。



同じでないことに、不安を覚える必要があるでしょうか?

独自性を否定する必要があるのでしょうか?



私たちは、同じ世界を見ていません。


それなのに、それぞれが違っていても、そのままで、

やっぱり響き合ってしまうから面白いのです。



★masumiのスピリチュアルカウンセリング(対面・スカイプ・電話)★
「個人セッションのご案内」


バナーをぽちっと押して応援してね♪

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ

どうもありがとうございます!

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.