BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

後になってわかる事、体脱エピソード

グッドイブニング~(〃'∇')ノ'`*:;,。・☆


今日のお話は、「後になってわかること。」



昨日に引き続き「夢」のテーマに入れました。


夢も、後になって「なるほど。」とわかることがけっこう多いです。

そのとき意味不明でも、後になって繋がるということはよくあります。


こちらの現実の“出来事”になってから、

「あ~っ!!」

って、初めてわかっちゃうこともあるしね(笑)



また、そうでなくっても、ある日突然インスピレーションが浮かんで

パズルがはまるように意味がわかることもあります。



なので、そのときに「全てを理路整然と読み解こう」としなくても、

こんな夢があったなぁ~と認識しておくだけでも、役に立ちます。



夢に限らず、現実に対してもそうで、


すべてに「今」、むりやり答えを出そうとしないで、

つまり自分の知っている解釈を工作して何とか当てはめないで、


自然と浮かび上がるもののための「余地」をあけておくことも、

大切なんです。



現時点の自分が知っていることが“すべて”だというのは、

とんでもない誤解だからです。



人はときどき自分の作ったロジックの中に閉じこもってしまい、

他者から見るとそれがすべてではなくても、

それしか解釈がないかのように思い込んでしまうことがあります。


また、人々が集合的に信じ込んでしまっていることに関しては、

それだけが真実であるかのように、錯覚しやすいものですね。



ところで今日のエピソードは、

実はわりと気の抜けた、私的なもので、


8年くらい前の「体外離脱体験」の中で起こったことの、

一見どうでもいい体験の意味が、

今年になってから、思わぬ形で理解できたかも!というお話です。


☆☆☆


私は昔ひとり暮らしをしていた頃、

わりと頻繁に体外離脱体験が起こる時期があったのですが

参考記事「よもやま話霊的風味」


半端な内容の体験になることも多く、

体外離脱中に起こったことについては、

なかなか解釈しようのない謎も多かったのです。



これは、そんな「謎」のひとつとなった出来事でした。



そのとき私は、フローリングの床で横になってうたたねしていて、

体がブーン!と携帯のバイブのごとく

振動し始めるのを感じました。


(外から見たら実際どうなっているんだろう?と思いますね。)



その前振りで、あっ、体外離脱するな…とわかったのですが、


その頃、意識がクリアーなまま、体からうまく出られるようにと、

色々工夫していて、このときは以前人から聞いたことのある

「ヘルパーに体外離脱体験を手助けしてもらう」

というやり方を、実践してみました。



すると確かに、自分の手を引いてくれる「手」があらわれたのです。

私には、モノクロ映画の「白」のような色の光った手に見えました。


最初は手だけが見えたので、ちょっと怖い気もしたのですが、

その手に引っ張ってもらいながら、体から抜けました。



そして、ぶじに部屋の天井付近に浮かんでいたとき、

「この存在が、ガイドしてくれるのかな!?」

と、思うような男性の姿をした存在が、前方にいることに気づきました。



その存在の姿全体も、なぜか白黒映画のようなトーンで見えていて、

内部から光っている感じであります。


服装は、あまり複雑なものでなかったと思うのですが、

その男性の外見は、古い時代のヨーロッパの人のような雰囲気で、

髪型もそんな感じ
でした。

ウェーブがかっているか巻いているかの古風なスタイルの、

暗い色の髪でした。



その男性は、モノトーンで光っているという点以外は、

私たちが想像しがちなマスターとか天使とかの絵ような

「際立った美形」


…ではなく、

ほんとにごくごくフツーの、ヨーロッパ人の顔立ちで、


顔のほくろまで見える、その、

ご近所にだっていそうな、ごくフツー感に、

私はなんだかかえって警戒してしまい、



この人がヘルパー存在でガイドしてくれてるなんてこと、

ほんとにあるのかなぁ?


なんて疑い始めました。



その存在の声は、私にとってはふだん通り日本語で理解できて、

(※昨日の記事トリビアと一緒?)


ただし耳に音声として聞こえるのではなく、

頭の中にエコーがかかったような声が直接聞こえるのです。



その存在は、私の方を向いて、

私が自分の後をついて来るのを待ちながら、


「頭の後ろで手を組んでください。」

と、紳士的なやさしい口調で、言いました。



私はともかくも、言われた通りのポーズをしかけたのですが…


浮かんだままの姿勢で、頭の後ろに手を組んで…



って、何これ!?

なんでこんな妙な仕草を!?∑( ̄□ ̄;)


やっぱ、この存在はガイドじゃないかもしれない、

おちょくられているだけかも…!


と、思って、すぐにやめてしまいました。



私の思っていることは、テレパシーでだだ漏れだったと思います!


その存在は、あきらかに「困った顔」をして私を見ていました。



そして、私は結局、その存在の指示に従うことなく、

疑いの気持ちを残したまま、

体脱状態で一緒に部屋の外に出ることもせずに、

体の意識の方にもどってきてしまいました。



変な体験だったなぁ~、

あの人(人じゃないけど!)困っていたから、

わるい人ではなかったんだろうになぁ


という鮮明な印象とともに、


「ヘルパー存在が思った外見と違う」ということで疑った、

そんな自分の心にも苦笑
するという、微妙な出来事となりました。



それにしても、

「頭の後ろで腕を組んでください」


…その意味は謎なまま、あれから8年ほどが経過しました。




今年に入ってからのあるとき、私は他のことを調べていたつもりが、

いつのまにか、体外離脱のサイトに辿り着いていました(笑)


はじめて見るサイトでしたが、

そのサイト主さんの体験や、メソッドが詳しく載っていて、

興味深いな~と思いながら、自分の体験も思い出したりしていました。



その方は、人に体外離脱を教えることもしていらっしゃって、

そういった解説のコーナーの中に、


寝るときに、頭の後ろで手を組む姿勢にするとよい

これにより、体外離脱がしやすくなる


ということが書いてあったので、度肝を抜かれました。( ̄□ ̄;)!!



古代チベットか何かのやり方で、そういうのがあるそうです。

(もはやうろ覚えでごめんなさい



その姿勢の図も見たのですが、それはあのとき、

「にせガイド」と私が疑った、

あのヨーロッパ人的な姿の存在が、私に促したポーズと同じでした。



とはいえ、まぁ、違う点をいえば、

私は体外離脱中、すでに体から抜けた後にその指示を受けたので、

「なんでこんなポーズしなくちゃならないの~?」

と、意味不明に思ってやめてしまったわけですが…。



もしかすると、私は

「意識を持ったままの体外離脱体験のサポート」

を、あらかじめ意識の中で要請していたわけなので、

体外離脱しやすいポーズを教えてくれようとしたのかもしれません。


あるいはその当時も、結局中途半端な状態のまま、

体に意識が戻ってしまったり、

ふだんの夢に入ってしまったりしがちだったので、


体外離脱後のエネルギー体の状態でも、

よりよい体外離脱状態、意識の状態を保つために、

そのときそのポーズを取ることに、何か意味があったのかもしれませんね。



なんと、8年も経ってから、やっと、

「謎」がとけたかもしれない…というお話でした。



あのときのガイドさん、疑ってごめんなさい。



★masumiのスピリチュアルカウンセリング(対面・スカイプ・電話)★
「個人セッションのご案内」


ぽちっとお願いします!

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ

ありがとうございます☆

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.