BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

サポート存在銀ちゃんと月の話

ふたたび、こんにちは☆ヾ(^∇^〃)

朝の記事に続き、2度目の更新です。

先にジョイント明晰夢と銀ちゃん、とタイトルをつけながら、

銀ちゃんについてはこちらの記事で…ということになりましたが。

昨夜のいきさつについて、順を追って書きます。


私は眠る前、たまに、横になったままエネルギー調整をするのです。

簡単なものなのですが、各チャクラを整えたりもします。

そのときに、この日は、ちょっといつもと違うことが起きました。


第1~第7のチャクラだけではなくて、

第1のさらに下のチャクラと、第7のさらに上のチャクラも、

エネルギーを整えるようにと、言われたのです。


それで、私はそうしました。

(後で調べてみたところ、それぞれを、

第0チャクラ第8チャクラと呼んでいる方もいるようです。)


私にとっては、第1よりさらに下にある第0チャクラはシルバー、

第7の上にある第8チャクラはゴールドの色に見えました。

(色は、私の見え方ですのでご了承ください。)


そして、その後はふだん通りの全体の調整を適当にして、

もう眠ろうとしました。


ところがすぐに眠くならなかったので、

意識的にヘルパー存在に面会することにしました。


今回は、「上昇」する感じで移動して、

とあるステーション?に着きました。


私の感覚としては、月…の雰囲気があるなぁと思ったのですが…。


そこで自動ドアの部屋に入り、

ラベンダー色のソファーに案内されて…


私を迎えてくれたのが、


銀ちゃん。(イメージ図)↓

f:id:beats-and-love:20180116075336p:plain

紙にサラサラと鉛筆書きなので見づらかったらすみません。

以前からの読者の方は、

masumiさん、ペンタブは??

パソコンでお絵描きはどうなったの??

って、言わないでください!

言わないでくださいい~~!!


この存在、白っぽい宇宙服(全身スーツみたいなの)を着ています。

髪の毛やまつ毛、瞳は全部、銀色です。

また、外見は絵よりももう少し、大人っぽいです。

絵だと幼くなりすぎました。


頭の両サイドにある、まるいのは、何だかよくわかりません。

個人的には、アンテナ的なものかな…と思いました。


私は、日常の中で認識している自分のヘルパー存在は、

男性の姿をとるものが多いなぁと思っていたのですが、

このとき「次元間の移動と助っ人とのティータイム」

beats-and-love.hatenablog.com

の女性教官的な存在といい、

今回も連続して、女性の姿の存在があらわれたのです。


ちなみに、あの女性教官的でクールな、

荒川の金星人のニノさんと少しだけ似ていると表現した存在は、

星(セイ)さん、と呼ぶことにしました。


そうです、彼らには名前がないのです。

なので、こちらが勝手に愛称を決めた方が、呼びやすいです。


銀ちゃんは、銀色なのと、銀河のイメージがあったので、そう呼ぶことにしました。


銀ちゃんが、私に出会っての第一声が、「私は、あなたの鏡」でした。


そう言って、私を銀色の瞳でじっと見つめるのです。


銀ちゃんは、細くて背の高いグラスに入った、

透明で炭酸っぽい飲み物を持ってきてくれました。


私はそれを飲んだわけですが…


味は、独特の香りがあって、やわらかい甘みと酸味もあって、

これは何かに似ているな…と不思議に思っていたら、

あとで、ライチの味と似ていると気がつきました。


たぶん、このように別の次元で振る舞われるドリンクは、

私のエネルギーに作用していると思います。


ちなみにこの銀ちゃん、

色んな情報をくれましたが、それらがテレパシーで、

言語ではなく「情報のかたまり」として流れてくるので、


私はそれを「覚えておこう(持ち帰ろう)」とするために、

意識の中で言語に解凍して焼き直し、確認するのですが、

そんな風にしていると追いつかないのです。


意識の中にフラグを立てて、

後で情報を引き出す方法も教えてもらいましたが、

うまく使いこなせていない気がします。


銀ちゃんは、の話もしてくれました。


どうも、月と関わりがある、と最初に思ったのは、合っていたようです。

その銀ちゃんのメッセージなのですが、残念ながら大方忘れている気がします。


ラベンダー色のソファーに座ったまま、

大型スクリーンのような壁一面に、色々映し出してもらって、説明を受けたのですが。


そう、太陽系の話をしていました。

(書きながら思い出してきました 笑)


私たちが太陽系の「外」から来ていて、

土星にゲートが、とか、中枢機関が、とか聞いたような…)

地球の体験をしているということは、

かなり「つわもの」であるということ……


どの惑星のエネルギーにも、“全体”のエネルギーが入っているが、

地球のエネルギーをじかに経験したものには、

「刻印」のようなものが残り、それが独特で際立つということ。

(うらやましい、というニュアンスでした。)


ここからは月の話。


私たちが地球から月の片面(同じ面)しか見れないのには、象徴的な意味もあり、

地球の二元性・二極性をあらわしているとも言えるのだと。


これから、二極を超えた全体性に意識を置くものは、

月の別の側面(見えない半分の面)の情報にも気づくだろう……

ということでした。


こういう情報は、確かめるすべはないですが、

あるかもしれない誤差も含めて、体験として面白いので書いておきます。


あ、あとね、銀ちゃんは私に、

体外離脱のお手伝いをします、

とも言っていたのですよね。


なので、その後眠りについて、明晰夢の体験があったことも、

全体としてつながっていたのでした。


これで今日の記事は完結です!


よい夜をお過ごしください。


★スピリチュアルカウンセリング(対面・スカイプ・電話)★

個人セッションについて

お申込みのご案内


ブログランキングに参加しています
クリックありがとうございます

精神世界ランキング

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.