BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

シリウスの記憶を思い出す?1

こんばんは。

きょうはシリウスの記憶にまつわる小話です。



私は、精神世界・スピリチュアルな分野に関わるようになってから、

はっきりと自分のアイデンティティーを取り戻すようになるでも、

「他の星(地球以外)の生の記憶」については、

直感的に引き出せる何かを感じていました。


このブログに「うちゅうじんず・あい」というカテゴリを設けて、

はじめて書いた記事に「宇宙人のひとりごと」というのがありますが、

その記事は、当時書ける範囲で、

他の星の記憶についてや感じ方について、表現してみたものです。

beats-and-love.hatenablog.com


そのように昔から、

どうしてだかわからないけれどわかる、感じる

という情報の中に、たとえば、


シリウスはイルカやクジラと繋がっている

というのがありました。


「どうして?」と問われても説明できない感覚でしたが、

先にご紹介した記事内でも書いたように、

ある文明の名前を聞くと浮かぶものがある、そういう知り方です。


これは後に私が、

他の星の文明について書かれた“外の情報”にふれたとき、

“答え合わせ”のようにして納得できる情報でもありました。


シリウスの存在は、水陸両棲型であると言われています。)



そのほか、私がずっと感じていたことに、

シリウスは、古代エジプト文明とも関わっている、というのがありました。


これについても、「なぜそうなのか?」の根拠はなくとも、

ただそう感じていました。



さて、今回シリウスにまつわるこのような記事を書いているのは、

今朝、ある夢を見たからなのです。


☆☆☆


(夢の内容)


私は学校のようなところにいました。


星さんが出てきたときの夢(「別次元での授業!」)とは違って、

そこにいる教師は、以前私が実際に教わったことのある、

学生時代の教師の姿だったりしましたが、

一緒にいるクラスメイトたちは、こちらの現実では知らない人たちです。

beats-and-love.hatenablog.com


その学校内に、資料なのか?

不思議なものがありました。



いちばん上の四面が人の顔になっており、

高さがあって、四段くらいの段のある、

たとえばトーテムポールなどのように縦に重なった彫像です。


もやっとしたイメージで細部をもう忘れたのですが、

なんとか図に描いてみました。↓


141026_1523~01.jpg

うーん…。


空白が多くてごめんなさい…。再現できませんでした!

書きこんだ模様もテキトウで、上の顔らへんしか合っていません。


よく覚えているのは、

四面ある顔のうち、一面が、舌を出していたのです。


後に書く事情で、

インスピレーションに従ってドゴン族について調べていると、

少しドゴン族のこれらの像の構造に似ていると気づきました。↓

(以下の2枚とも、ウィキペディア「ドゴン族の神話」ページ内の写真より。

1枚目の写真の詳細情報、リンク先は◆こちら◆

 
トーテムポールではないのですが、縦に重なった構造の彫像という意味、

おわかりいただけるでしょうか。 


 
こちらの像は、顔が多面にあります。

(この写真の詳細情報、リンク先は◆こちら◆


夢の中では、像は、エジプト文明のものでした。


それはともかくとして、


驚いたことに、私がその像に近づくと、

急に腕の皮膚が泡立って

ぼこぼこと液体が湧いたような状態
になり、

(鳥肌、という意味ではありません。文字通りの意味なのです。)


その彫像に触れると、なんと、

腕から動物の毛のような短い毛がたくさん生えてきて…


たちまち、腕に生えたカビのような模様になり…


腕全体が、黒と白のウロコそっくりの様子になってしまいました。

 
141026_1531~01.jpg 


驚いたのですが、皮膚は、像から離れると元に戻るのです。

像に近づいたり触ったりしてしまうと、また同じウロコが腕に出ます。



夢の中では、その像が盗まれてしまう(別の場所に隠されてしまう)

という事件があり…


うろ覚えですが、像の様子が変わってしまったり、

私たちも参加して、像を取り戻すたたかいがあったりしたのですが、

そのあたりは省略させていただきます。


(夢の内容ここまで。)



起きてから、あまりのリアルな感触と、

妙な(薄気味悪くもある)夢の体験に、

こちらの現実にしばらく戻り切れず、

感覚の余韻を消し去ることができませんでした。



その後、像がエジプト文明のものであったということと、

像に近付くと「ウロコ」が出てしまうという反応、

その2つをあわせて、気づくと「シリウス」に思いを馳せていました。


私にとって、

エジプト文明シリウスとのつながり

を思い出すというのは、先に書いた通りです。



シリウス

あぁ、それでウロコなのかな、と納得してしまい、すぐに、

やはりシリウスとのつながりが噂されている

「ドゴン族」のことを思い出しました。



ドゴン族は、現在でいうアフリカのマリ共和国にあり、

昔から天文学についての知識を多く持っていたと言われています。


そのドゴン族が、水陸両生型(魚人)の存在を絵にあらわしており、

私はそれはシリウスの存在ではないかと思うのですが、

その資料をネットで調べる前に、

まず自分の記憶をもとに、その(ドゴン族に伝わる)絵を描いてみました。


141026_1544~01.jpg 


えっと…

なんか違うような!?


これかな。

141026_1555~01.jpg 


絵を見せたてつやには、

「クレームが来るよ。」

と、言われました(不気味だということで)。



自分では、書きながら

「スタバのロゴの印象が混じってしまっている…」

と、思いました。汗☆



調べると、実際のドゴン族の絵は…?


ここで今日はタイムアップです(泣)え~ん

(そんなに引っ張るような内容じゃないんだけど、ごめんね!)


衝撃の答え合わせと、続きのエピソードは、次回です☆



★masumiのスピリチュアルカウンセリング(対面・スカイプ・電話)★

「個人セッションについて」
「お申込みのご案内」


ぽちっと応援いただけるとうれしいです☆

精神世界ランキング

どうもありがとうございます*:..。o○☆゚・

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.