BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

静止点・力の要らない視点

こんばんは~


今日の夕日



写ってないけど左側には富士山があります



日が沈むスピード、なかなか速い…


1分足らずでどんどん見えなくなっちゃうよ



そのときの月の様子


この時間の月は、わりときれいに写りますね☆



今日の話題は、「静止点・力の要らない視点」です。



これは、以前「自由に目を使う」という記事で書いていたことの、

続きになるなぁと思いました。かなり時間が経過していますが…汗☆

未読の方はぜひそちらもどうぞ。



同時に、昨日の記事「何が黄金の知識か」

の最後に書いたこととも関連しているのですが、

明晰夢体外離脱をはじめ、

エネルギーの世界に親しんでいくと、気づくことがあります。


それは、このブログで

メイン・メッセージとしてお伝えしているといっても過言ではない、

一見“外”に見える世界と、自分の意識との関連、についてです。



明晰夢や体外離脱の現実では、

こちらで体験している現実よりもさらに、外に見える世界が、

自分の意識の反映ということが実感しやすくなっています。



また、精神世界・スピリチュアルの分野に興味をお持ちの方の中には、

エネルギー世界、たとえばヒーリングであるとか…


何かをきっかけに、ご自身のエネルギーの観察に、

興味をひかれるようになった方もいらっしゃると思うのですが。


エネルギーの世界に親しむと、やはり、

これがよりいっそうわかるようになるのですね。


そして、

「視点」というのがフレキシブルなものであること

に気づくようになります。



たとえば、私たちが地面に「落下」するとき、

ふつうは、自分が地面に落ちた、と考えるし、

そのように体験するでしょう。


ところが、これは、視点を変えるなら、


(自分は静止したままで、地面が近づいてきて)

地面を近づけて、自分を打った

地面を引き寄せて、自分にぶつけた


とも言えるわけです。



また、移動のとき、車や電車や飛行機に乗って、

こどものようにワクワクしながら、こう思ったことはありませんか?


たとえば飛行機で、

(自分は止まったまま)

地面が遠ざかっていく~!

景色の方が、自分から離れていく~!


と。


以前、体外離脱というのは、

自分が「体の外」に出ているように体験ができるだけで、

実際は、視点(意識のフォーカス)の移動
なのだと、ご説明しました。


つまり、体から抜ける、と考えるのではなく、

もともと「意識の中」で定めている自分の焦点が、

(世界全体があまねく自分の意識です

ふだん“体の私”というピンポイントに固定されていたのを、

別のところにずらすのだ、

というように考えてもらった方が真実に近いと思います。


抜けるというよりただずらす、のです。



今だって、あなたの意識はあなたが体験している世界全体です。


その中で、境界を設けて「これが自分」と信じています。



こういったことは、

(私は気功のやり方を実践しているわけではないのですが、)

たぶん気功でいう「大周天」などでも実感しやすくなるのでは、

と思っています。

大周天 Wikipedia



要するに、自分の枠をひろげ全体感覚をとらえるということです。


すると、自分自身は常に中心(静止点)であるという、

今までとは「さかさま」の視点で体験を捉える
こともできるようになります。



たとえばあなたが目的地Aへ行くなら、

これまでは、あなたがそこまで移動する、と考えました。


でも、あなた自身がそこまで移動しているわけではないのです。


そうではなく、意識の視点からみると、あなたは静止したまま、

あなたの意識の中に、目的地Aをあらわす(引き込む)わけです。


これは物理的な移動だけでなく、

体験している現実全体についてもそうです。



一般常識的な発想のままでいると、

どうしても「たくさんの力を使う」プロセスになります。


自分がそこまで取りに行く・世界の中で自分自身が動いている

という発想だからです。


逆の発想、意識を理解したものの見方では、

自分の中心(フォーカス)に向かって、

世界(背景)が動く、入ってくるのをゆるす(許可する)のです。



★masumiのスピリチュアルカウンセリング(対面・スカイプ・電話)★
「個人セッションのご案内」


ぽちっとよろしくお願いします

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ

ありがとうございます♪

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.