BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

世界がひろがる!

グッド・イブニング。

週末いかがお過ごしですか。


こちらは昨夜撮った月です。




ブログに載せるにあたり、もしかして満月だった…?と思い、調べたら、

昨日がちょうど満月だったのですね。


それで、ハッ!と気がついたのですが…



就寝中の奇妙な体験をつづった、こちらの記事。↓

「段ボールの中の人と体脱明晰夢」


この日は、就寝中の雨という要因のみならず、満月前日だったんですね~!

なるほど、それであの体験に納得です。


そうであるならば、あの体験の中で見た人たちは、

たぶんすでに亡くなった人たちだったのであろう、
ともわかりました。


(※初めてご訪問した方へ説明しますと、

私は満月前日に夢で特定の体験をするパターンがあるのです。

詳しくはテーマ別「夢」の中の記事をご覧ください。


月については、昨夜ちょっと考察していたことがあったのですが、

それは機会をあらためることにして、今日の本題はこちらです。


「世界がひろがる!」


☆☆☆


色々と、日常の中で、世界がひろがる体験をしています。


ひとつ気づくと、ひとつ世界がひろがる
といった具合に、

それらは連鎖反応を持っています。キラキラ☆


この記事では3つのエピソードを、お話しします。



まずは昨日の記事「セルフイメージの話」に関連したエピソード。

そこに書いた「髪」からの気づきのおかげで、

またひとつ、意外な形で世界が広がりました。バラ



実は先月、母と会ってランチした日があり、

その日に私は電器屋さんに行って、

「カールアイロン(通称・コテ)」を購入していたのです。


いえ、正確にいうと自分で買うつもりだったのですが、

選ぶのにつきあってくれた母がプレゼントしてくれていました。


そのとき、私は売り場で色々と迷った末、シンプルな機能のみの、

店にある中で一番低価格の商品を選んでいました。


というのも、そういう道具を使いたい気持ちにはなったものの、

立派なものを買って、自分にプレッシャーをかけるのが嫌だったからです。

(※過去記事とは重複しますがこの背景を説明すると、

私の育った家庭では母と妹が2人ともおしゃれ好きで、

鏡に向かって髪をいじったりするのが好きなタイプなのですが、

対照的に私は、そういった作業がどちらかというと面倒で、

自分で道具を買ってもあまり使いこなせたためしがなかったのです!)


でも髪を短めにしてからというもの、

朝起きて、ぬらして、ドライヤーでブローするのはマストだったので、

それでもどうしてもはねてしまう箇所だけを、

プラスアルファーでケアするつもりでコテを購入しました。


大昔も、くるくるカールドライヤー(ブラシ部から風が出る商品)やら、

今回買ったのよりもっと細いタイプのカールアイロン※やら、

(※真ん中が分かれ、ストレートアイロンの役割も果たすようになっていた。)

どれもいまいち使いこなせず、経年して処分してしまった歴史があり、あせ


今回も道具(と、それを使う自分えへへ… )に、

あまり大きな期待をかけたくなかったわけですね(笑)



なので先月、購入したそのときはうれしかったものの、

次の日からすぐに使う…ということにもならずに、

開封して、説明書を読んで、その後はなんとなく面倒さがあり、

結局いつも通りのブローをして(笑)、道具に手をつけずにいました。


ほしかったんでしょー?と、戸惑う気持ちはありましたが、

自分に無理強いもせず、そのうち使いたくなるだろうと。



ところが、前回の記事の、

「セルフイメージ」についての気づきがあった後のことです。



急に、ごく自然な感じで、それまでの億劫さもなく、

「あ、そういえばあれ使ってみよう♪」

と思い立ち、ルンルンと新品のカールアイロンを使っていました。


自分の用途や使いやすさを考え、ロッドのサイズを太めにしたのと、

はねやすいところをケアできればいいや、程度のニーズに忠実に、

シンプルな機能の物にしたのが功を奏して、


「何これ。簡単。めっちゃ便利♪ w川・o・川w*:..。o○☆」


と、目からウロコが落ちる体験になりました。



さらにその道具を使いながら、ふいに、

(それまであーだこーだ不満に思っていた)

自分の髪の毛のメリットが、次々と見えてきたのです。キラキラ


それというのも、やはり昨日の記事で書いた

セルフイメージのズレに気づき、ありのままにフィットさせる

意識の変化があったからこそ、自然と発見されたのでした。芽


☆☆☆


このように私的な「世界がひろがる!」もあれば、

同じく「世界がひろがる」のトピックについて、

もっと社会的な形で考えた、こんな出来事もありました。



ちょうど今日のお昼ご飯をマクドナルドで購入、持ち帰りしたのです。


マック、ときどき食べたくなって買うのですが、

ファストフードとはいえ、やはりその日によって出来具合はちがいます。

(ときには、英語でいうところのナスティーな出来のときもある!笑)

今日のは、定番メニューの全部がおいしかったのですが。(・∀・)


食べながらふと、売り場にいた店員さんのことを思い出していました。


ある程度年輩の、女性の店員さんだったのですが、

思わずこちらもつられて元気になるほど、

活気のある応対でシャキシャキと働いていました。


そのことから、食べながらてつやと、

色々なお店で働いている人の様子の違いなどを話題にしたのですが。


そういえばマクドナルドでは、わりと高めの年齢層の女性が、

いきいきと働いているのをよく目にする。

しかも、チーフのような役割になっていたりもする。

他の店員さんも、きびきびと、快活に働いていることが多いな…

ということに、私は思いを馳せました。


それがきっかけになり、いつのまにかさらに発展して、

若者のみならず、高年齢層の雇用ということについて考えました。


たとえば、世間が定めた「定年退職」をした後にも、

元気で、働きたいと思っている人々はたくさんいます。


もちろん本人がもう働きたくないと思った場合それでいいのですが、

中には、もっと何か仕事をしたいと望んでいる人もいます。


ある程度の年齢になったら退かないと、若い人の雇用が脅かされる、

という考えもありますが、そうとばかりは言えないよなぁと思うのです。


それぞれが自然な形で、

ありのままの自分の心が向く仕事についたら、

そこに競争や奪い合いは生じないというのが自然の摂理です。


また、人の寿命が延びて高年齢化していくのなら、

やはり人生全体、そのものが伸びるわけですから、

雇用についての考えも変化していくのが自然でしょうし、


ある一定の年齢になったらもう新しいことにチャレンジするのは難しい、

慣れないことを始めたり学ぶのは難しい、という考えも、

ひとつの「観念(Belief)」です。


高年齢層の人々の、「衰え」にフォーカスするのではなく、

「知恵」や「経験」、「成熟」の側面に注目する、

そういう価値転換が、社会全体で起きたらすばらしいなぁと思いました。



同時に、「企業」についても思いを馳せました。


ある種の価値観の中では、この企業は「闇」だとか、

特定の団体が諸悪の根源のように見なされることもあります。


もちろん「企業方針」というのはあって、

その企業全体がもっているカラーがあると思います。

ですから、何か自分と共感する方針を持っている企業は、

応援したくなる気持ちというのも生じます。


でも、たとえば「自然派」を売りにしているお店で、

働いている店員さんが皆、どうにも覇気がないだとか、

企業イメージと実際の中身がともなっていないこともあるし、

もちろん企業=(イコール)働いている個人それぞれ、ではないわけです。


ある企業、会社、団体の中にも、たくさんの人がいて、

そこには色んな意図を持っている個人がいる
ということを、

忘れないでいたいなと思いました。


☆☆☆


最後にもうひとつの、私の体験した「世界がひろがる」!


それは、鳥のことです。


ときどきブログでも家の周辺の鳥の話題を出していますが、

私はいよいよ、もっと鳥のことを知りたくなってきました。



昔はそんなに鳥に注目しておらず、たいして鳥好きでもなかったので、

バードウォッチングが趣味とか、野鳥の会に入っているとか、

そういう人々は自分とは異なる趣味を持つ人々だと思っており、

「優雅な趣味だなぁ」程度の感想で、その心情を理解していませんでした。


ところが、スピリチュアルな感性が高まって以来、

鳥というのがいかに、「身近にある野生動物」で、

私たちの暮らしを日々明るくしてくれているかキラキラ☆

ということを感じずにはいられなくなり、しかも、

彼らに興味を持つと知らないことだらけだということに気がつきました。



たとえば誰もが知っていてよく見かけるスズメやカラス、

彼らの生態をどこまで知っているでしょうか?


鳴き声を注意深く聞いていると、一定のパターンや応答、

会話らしきものが聞き取れますが、あれは何をしているのでしょうか。


彼らはどこに住んでいて、どのように眠り、いつ繁殖しているのでしょうか。

寿命は?子供の鳥と成鳥の違いはわかりますか?


などなど。


また、意外に日本近辺にしか生息していない鳥がいたり、

渡り鳥で、一定の期間だけやってきている鳥がいたり、

鳥の世界はとても興味深いものです。


そうやってリサーチをしてみると、たくさんの人々が、

身近な鳥についてのホームページやブログを作っており、

鳥に愛情を持ち、独自に研究している方がこんなに多くいたのだなぁと、

あらためて新しい世界を覗いた気持ちになりました。



たくさんの、「世界がひろがる」。


あなたの日常には、どんな世界がひろがっているのでしょうか。



★masumiのスピリチュアルカウンセリング(対面・スカイプ・電話)★
「個人セッションのご案内」


クリックありがとうございます!(≧▽≦)☆

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ

また次回♪:*:・(*^o^*) ・:*:

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.