BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

同性愛について

こんばんは


昨日の夕方~

富士山の方に、ちょっと素敵な雲が出ていました♪




富士山にズーム☆


電線がなければなかなか、絵葉書にでもなりそうな光景ではありませんか♪



今日の話題は、同性愛について、です。



しばらく前から書こうと思っていたテーマなのですが、先送りにしていました。


ところが、これをいつまでも延び延びにしていると、

他の記事を書こうとしても、書けなくなってくる…(;´▽`A``     


アウトプットすべきものをアウトプットしないと滞るというのありますよね!あせ



このテーマを記事に取り上げようと思ったのは、

ある映画DVDを見たことがきっかけでした。


とくにどんな映画か前もって情報を知ることなく、

今日は何か軽くて楽しそうな映画がいいね…と、てつやと言い合って、

パッケージの感じから適当に選んだDVDだったのですが。星


『マンハッタン恋愛セラピー』

マンハッタン恋愛セラピー [DVD]

B00HDTJEEO


以下、ネタバレしながらのお話になります。


そうでないと、この話題自体ができないので…汗☆

作品内の詳細はあんまり書かないようにしますが、

まっさらな気持ちでこの作品を見たい人は、記事はご鑑賞後にどうぞ☆


☆☆☆


この映画を見た感想は、いい意味で「あてが外れた!」ヘ(゚∀゚*)ノ

こんな話だと思わなかった…という内容でした。


ヘザー・グラハム演じる女性の主人公。

ずっと気づいていなかったのですが、同性を好きな自分に気づきます。

そのきっかけとなった相手が、実は…(これは伏せておきます)。


舞台はマンハッタン。

主人公は、仕事もおしゃれもこなす、ニューヨーカーらしいニューヨーカーで、

ご多分にもれず!?専属の(心の相談のための)セラピストまでいます。


それまで同居し、べったり仲良しだった兄の結婚。


本当の自分になるということ。


やさしい、タクシー運転手さんとの出会い、そして友情。



私は、なんだかとってもあったかい映画だなぁと思いました。

いまどき、見ていてこんなに心があったまる映画って珍しいな、とも。


「感動を狙ってる」風の、こてこてなハートウォーミングじゃなくて…

テンポよく、軽妙で、くすっと笑える楽しさがあるのに!♪

じんわりと愛が湧いてくる映画なんですね。ハート



そして初めて、同性を好きになる人の気持ちが、わかった気がしました。


もちろん、本当に同性を好きな人がこの映画を見たら、人によっては、

こんな風じゃないよ~と、思うのかもわかりませんが。


少なくとも、


自分は異性愛者で、親友レベルの友人に同性愛の人がいなかった私には、

わかるようで、どこか本当には同性愛の人たちの気持ちをわかっていない、

という気がずっとしていたのです。


ちなみに、


「別の人生(同時に存在しているが一般には過去世とも呼ばれる)」の中では、

私は、同性のパートナーがいる女性としての人生を見たことがあります。バラ


そのときは、(これもシンクロですが)ニューヨークに住んでいる白人で、

時代は、現代よりももっと昔の時代の感じがしました。


今の人生の私は、同性を恋愛対象として好きになったことがなく、

これからもきっとないんだろうな…と率直に感じているのですが、


それでも、そういった人生を見たことはあるというわけです。

その人生を覗いた感想は、それはそれで、すごく自然な感じでしたね。



この映画のおかげで、主人公の気持ちを疑似体験しながら、


好きになる対象が異性ではなく同性であるというだけで、

葛藤が生じてしまう苦しさ…せつなさ、迷い、


自覚をしたら、世間の大多数の常識に沿わなくとも、

「本当の自分であること」、

そのままで生きることに、自分自身が色々な形で挑まざるをえない。


そういうことについて、思いを馳せました。



私は、これまでの人生の中で2度ほど、はっきりと、

これは私に(恋愛として)好意を持ってくれていたんだな…

と、同性から寄せられた恋心に気づいた出来事がありました。

(大人になって、社会に出てからのことです。)


自覚してないところでは、もしかしたら、

ひょっとして他にもそういうことがあったかもわかりませんが、

その2度は、自分で察することができた体験、ということです。



そのときを思い出し、今回の映画と併せて実感したことは、

「異性が好き」という社会的マジョリティーである自分たちと違って、

同性が好きな人たちのアプローチは、とても控えめであったということです。


そうならざるを得ないところもある…と、考えました。


なぜなら、「同性が好きな者同士」の集まる場でもない限り、

自分個人を好きかどうか?どう思うか?という所を相手に尋ねる前に、

同性が好きだということ自体で(恋愛として)拒絶される可能性があるからです。



私が、相手の人の好意に気づいたのは、

とてもさりげないけれど情熱的な、ある種の恋のエネルギーが、

(後で思えば)なんでもないような会話の中に含まれていたことと、


異性がするようにはっきりとデートに誘うとかではないのだけれど、

友人だったらありえない、「自分のことをもっと知って!」という、

相手の切なる気持ちが伝わってきていて、それを疑問に思ったからです。


そう、最初は、「不思議な人だな?」という程度で、

その恋愛感情にまでは気づくことができなかったのでした。

しばらく経ってから、噛み合わなかったパズルが一気にはまった感じで、

「そういうことだったのか!」と、わかったのでした。



…それはさておき。



同性を好きでも、異性を好きでも、

人を好きになる気持ちは変わらないし、

何も引け目に思うことなんかないですよね。


日本では、同性のカップルはまだ、

家庭を築くファミリーとして認められてないけれど、

結婚やパートナーとの形態は色々あって、

本当はそんなの、個人の自由なんですよね。


「人と違う」

「定められたルールと違う」


そんなことで、自分を圧し殺して生きる人が、

ひとりもいないといいなと思います。



異性を好きだって、同性を好きだって、

人間関係を通して学ぶことは皆一緒です。



私は最近、「ジェンダー(性別)」にまつわる色々なことについて、

考える機会が増えています。芽


人間社会って…過剰に、そこに色んなものを着せているものだなと。


動物には、「性差」はあるけれど、

人間みたいな観念によるあれやこれやの問題はない。


ジェンダーフリーを叫ぶ人が、

実はしっかり、ジェンダーの観念に縛られて、

それと闘っているからこその行為を展開していたり。



たぶん、これからもっと、地球人は、

性別にまつわる観念を溶かしていくようになるのだろうと思います。



ちなみにご紹介した『マンハッタン・恋愛セラピー』の中では、

スコットランド出身のタクシー運転手さん(男性)が、すごくいい感じです。^^


彼は最初、主人公のことを好きだったのですが、

彼女が同性愛者だと気づいてからは、友人としてそばにいました。

そして主人公が勇気を出して、初めてレズビアンの集うバーに行くとき、

付き添いをしてくれるのですが、「男性は入場禁止」とドアマンに断られて。


ひとつだけ方法がある…

という主人公の提案に従い、女装して、女性のふりをして入るんですよね(笑)


周りがみんな女性ばっかり~とドキドキしながら、

女性だったら、こういう飲み物を頼むと思って♪

と、カクテルを頼んだりしている彼の姿。


その友情のシーンを見ていたら、胸がきゅんとしました(*^.^*)


この映画は、

「私自身のままで生きる」というのもテーマになっている映画ですよ!


おすすめです。


★masumiのスピリチュアルカウンセリング(対面・スカイプ・電話)★
「個人セッションのご案内」


それぞれのランキングに参加してます☆
読後にぽちっとお願いしますハート

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ

ありがとう♪(〃∇〃)

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.