BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

無意識についての誤解

こんばんぱ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


きょうのテーマは、「無意識についての誤解」です。



“無意識”や“潜在意識”と呼ばれる、意識のパートについて、

あなたは誤解を持っていませんか?


そこにしまわれている潜在能力キラキラのように望ましいものから、

自分にとって都合のわるいものまで、

色々なものが隠されている、自分では手の届かない領域…

だとか、


無意識は、スポンジのように何でもすべてを吸収してしまうシステム…汗

だとか、


まるで厄介とも、魅惑的とも呼べそうなイメージが、

「無意識」については、まかり通っていますね。(^_^;)




実際は、意識の中に、

「ここから先が無意識です!

ここからはロック(鍵)がかかっております。

というような、客観的領域が存在するわけではありません。


そういった境界は、ないのです。



そしてまた、意識の無い領域というのもありません。


(一般に、ある体験に対して「意識が無い(失った)…!」と言うとき、

意識は無くなったわけではなく別の方向へフォーカスを向けていて、

その情報が、こちらの経験へ連結・翻訳できていないだけです。)



私たちは「無」意識と呼ぶパートを自分の中につくることで、

自分の意識の中に、便利な「仮のポケット」をつくったようなものでした。


当然、そこに何を入れるか、その「より分け」をしているのも自分です。



たとえば、常に働かせている体のシステムのように、

基本的に、そのプロセスをいちいち意識化しない方が楽なものから、

ただ単に、自分が「注意を向けていない」ものまで、

無意識と私たちが呼ぶ、その「仮ポケット」におさめているわけです。


(繰り返しますが、実際には、

無意識という仕切りや場所があるわけではありません。



意識が成熟していくということは、


自分自身の中でのコミュニケーションが行き届いていく、

統合したひとつの状態で機能していく、ということです。


(最近の参考記事「自分のあらゆる部分とコミュニケートする」



多次元、多機能を発見しながら、

存在としては統合されていくなんて、面白いですね。


この統合を、「調和」と言い換えてもいいと思います。



そのためには、


自分の意識の、ある部分を、

「隠されていて、自分では見ることができない!」

と、信じる(決める)のをやめる必要があります。星



そう信じている限り、自分の意識を調べることも、

コミュニケーションをとることも、できない状態にしてしまうからです。



また、はじめに例を挙げた、

「無意識はどんな情報でも受け入れる、吸収してしまう」

というのも、そう信じられているとしたら誤りです。

ぜひ、訂正してください。



実際は、誰もが、自分の意識をもって、

ある情報を受け入れるか・受け入れないかを選んでいます。



たとえば「催眠療法」や、「催眠」のゲームをしているときでもそうです。


被験者は、一時的に、自分の意識のフォーカスを使って、

催眠をかける側の指示に沿うことを、合意するわけです。


もちろん、自分が許可を出さない・同意しない限りは、そうなりません。




無意識は、なんでも受け入れロボットではない。

あなた自身が意識の「使い手」であり、

何を受け入れるか(採用するか)も選んでいる。


これを知っていることは大切です。キラキラ☆



すると、あなたの手の届かない「無意識」のせいにする代わりに、

現実という反映を見ながら、そことコミュニケーションしながら、

自分の意識を自ら、調べることができるようになるからです。バラ



「外の世界」が、あなたより先にあるという幻想をもたずに…


自分の内から何を映し出しているか、

そこでどんな観念を採用しているか、


そこに目を向けませんか?(*⌒∇⌒*)



★スピリチュアルカウンセリング個人セッション(対面・スカイプ・電話)★
「個人セッションのご案内」



ランキングサイトに参加しています。
クリックありがとうございます!!

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ

よい夜をお過ごしください 

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.