読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

意外な場所への旅行

ふたたび、こんばんは。


今日2つめの記事のこちらは、今朝みた夢の話題なのですが、

これがとってもクリアーで鮮明な体験だった上に、不思議でもあったのです。



この現実に実際に存在する国への、旅行の夢だったのですが…


最近、「旅行へ行きたい」と考えていたということはなく、

昨日、スピリチュアルカウンセリングにいらっしゃったお客様との間で、

「バリ島」の話題がちらっと出たのですが、

旅行に関連する出来事…の心当たりはそのくらいでしょうか。



ですので、目が覚めたときには

旅行の夢!しかもなぜあの場所へ…!!

という驚きでいっぱいでした。



その場所とは、アフリカと、イエメンなのです。


アメブロプロフィールの項目を見てもらえばわかるのですが、

どちらも、私の最近行ってみたい旅行先や好きな場所とは関係なくあせ

というか、考えてみたこともなかった行き先です。え゛!


ふだんの意識状態の自分では、どちらもチョイスしないでしょう…。



イエメンの方に関しては、数ヶ月前、これまた突然にある日、

「イエメン人の女性」が登場する夢を1度だけ見たことがありましたが、

そしてそのとき、イエメンという国については、初めて調べましたが、


ひと通りの情報をざっと見て、

特にアメリカとの戦争のニュースが多いことが印象に残って、

イエメンという国に関してのリサーチはそれで終わりでした。


最近、ニュースを見たりさらに調べたということはありません。



今回もやはり、インターネットで検索をすれば、

イエメンについては戦禍の悲しいニュースばかりが出てきます。


また、イエメンとアフリカは地理的に近いということがわかりましたが、

手がかりとなる情報はそれくらいでした。


あとはいくつか、おもに文化的な内容で、

夢に出てきた内容を裏付ける情報はありました。



私の今回見た夢は、(戦争のニュースとは裏腹に)

それはそれはのどかで、楽しく、美しい光景だったので、

なぜ今、こちらの現実の状況と反して?そのような夢を見るのか。


理由はまったくわからないのですが、

あまりに鮮明な体験でしたので記録しておきます。


(私の見解では、今回はいわゆる“体外離脱”のレベルで、

その国を訪れていたのだと感じています。

つまり、アストラルレベルにおけるその国というのか、

物理次元ではなくて別の次元にある各国を、訪れていたのです。)


☆☆☆


(以下、夢の内容です)


先に、アフリカを訪れていました。

アフリカのどこだかは、わからないのです。

私の旅行の同行者は、妹でした。

他にも数人、行動をともにしている人たちがいました。


私は、着いてからの移動中(たぶん車の中)、

「人類の起源ーーー!!アフリカーー!!!」

と、叫びながらはしゃいでいました(笑)



アフリカでは、皆で「スーパーマーケット」に行きました。星


私は、そこで棚に並ぶコーヒーの値段を確認したのを覚えています。

それから、お惣菜のように、できている料理の並んでいるコーナーがあり、

そこで見たことのない肉料理を数種類見まして、

「どんな味がするんだろう…」と、興味津々だったのです。



目が覚めた後、「アフリカでスーパーマーケット?」と不思議に思い、

調べてみたところ、これらの情報にヒットしました。


「大手商社CFAOとカルフール、アフリカ小売市場で提携」

スーパーマーケットを含むショッピングセンター展開への合併会社を設立

日本貿易振興機構 JETROの記事より)


日本経済新聞「豊田通商、アフリカのスーパー事業でカルフールと合弁」


「南アフリカのスーパーマーケット」阪急交通社ブログ



アフリカでの活動で、覚えている箇所は、主にスーパーマーケット…

のみです。えへへ…



その後、気づくと私たちはイエメンにいました。星


イエメンでは、風景がものっすごく美しくて…

やはり途中まで車で移動しているような感じだったのですが、

移動しながら色々な光景を見ました。



印象的だったのは、「水場」が多かったことです。


海そのものを見た、というのではなくて…

夢の中だと、街の中にもきらきらと美しい水場があるのです。

そして、そこが小さな海のように、穏やかな波をたてていたりします。


私はそれを見て、目を輝かせ、うれしそうに、


「ここ知ってる!夢で来たことがある!!キラキラ☆


と、言っていました。

(と言っているそのときも、夢の中なのですが…汗☆



また、小学校か中学校に見える学校の校舎があり、

その校庭にあたる部分も、小さく浅い、穏やかな海のような水場になっていて、

その校舎の建物ぎりぎりまで波頭がきていました。


浅い水の上で、子供たちが楽しそうにサッカーをしていました。

(後で調べたところ、サッカーはイエメンで人気のスポーツだそうです。)



そういった光景を見た後に、今度は私たちは徒歩で移動しました。


山のように起伏の激しいところを上っていきます。

道幅は狭くて、石の壁に挟まれている感じの小道が続きました。


頭上には、ぶどうのような蔓植物が垂れ下がっています。

こちらも、なんとも美しい景色でした。



そして、目的地の家に着きました。

私たちは、この家を訪問するために歩いてきたのです。


家の女性が出迎えてくれて、女性は顔立ちの濃い、小柄な女性でした。

黒髪に近いこげ茶色の髪の毛や眉毛をしています。


彼女は居間に案内してくれ、私たちがテーブルにつくと、

お茶を入れてくれました。


そして、紅茶にまつわることわざのようなものを教えてくれました。

(後で調べると、イエメンには独特の紅茶の飲み方があります。

興味ある方は調べてみてね♪)



そして、しばらくテーブルを囲んでおしゃべりしていると、

その女性の家族、兄弟たちも入ってきました。


この家族は大家族で、男性の兄弟が多い、子沢山の家庭でした。

遊びに来た家族の中には、年が上の方の兄弟…すでに結婚して、

家を出ているお兄さんもいて、まだ小さい自分の子供を連れてきました。


その子供たちがまた、男の子、女の子あわせて4、5人はいたでしょうか。


やや肌の色が黒い、とっても小柄な子供たちで、

父親であるお兄さんに紹介されるまでは、

親の後ろや横に並んでおとなしくしていました。


そして、紹介されて、私が「こっちにいらっしゃい」という手振りをすると、

私の隣や、向かいに座っていた妹の隣につめて、

体をくっつけてうれしそうに腰かけてきました。


人懐っこくて、かわいいのです。にっこり


お互いに言葉はわからないのですが、大人もみんなで、

身ぶり手ぶりで楽しく意思疎通をしました。


お兄さんから挨拶のような短い言葉を教わったのですが、

その言葉についてはこちらで見つかっていません。



起きてから、イエメンについて調べていると、こんなホームページを見つけました。

よかったらご参考にどうぞ☆

「イエメン人のホスピタリティ(おもてなし)」

(「世界僻地自慢」のホームページ、イエメン便り、の中より)


☆☆☆


なぜ、イエメンの夢を見るのでしょうか。


夢の中で旅行に行くにしても、

なぜ、思ってもみなかったアフリカとイエメンなのでしょうか?


それがわからないのですが、

夢の中の光景が心眼に焼き付いています。


ニュースを見るときも、

この夢の情景を思い出さずにはいられないでしょう。


★masumiのスピリチュアルカウンセリング(対面・スカイプ・電話)★
「個人セッションのご案内」


ランキングに参加中☆
よかったらぽちっと応援してくださいね!バラ

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ

どうもありがとうございます!ハート

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.