BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

宇宙人が怖い人へおすすめの映画☆

こんばんは☆

昨日の朝方のお月さまと…




朝日に照らされた富士山☆




両方を入れた全景です。




新年あけて初の連休ですが、みなさまいかがお過ごしですか。


さて、今日の本題はこちらです!

さらっと、こんな映画をご紹介します。


宇宙人って、もしいたら怖いわぁ~! という人にも、

おすすめしたい映画です☆


宇宙人ポール
  

宇宙人ポール [DVD]

宇宙人ポール [DVD]

 

この映画は、製作年を見ると2010年とある通り、

しばらく前の映画なのですが…私は、年末に見ました!


でも、ちょうどこの映画がDVDになって発売されていた頃に、

すでに私はこの映画についてのおすすめコメントを、

親しい人たちから立て続けに聞いていたのですよ。


そのうちひとりは、私とは違う形の仕事ですが、

ガッツリ、スピリチュアル分野の仕事に携わっている友人からです。


みんな、「すごくいい」と言う上に、その友人など、

「軽いコメディに見せているけど、かなり真理を描写している気がして、

感心したよ。」

とまで、言うではありませんか!



ですので、いつかは見ようと思いながら、そのまま忘れていました。


ところが、昨年、この本を「宇宙人との物理的遭遇」でお薦めしたあたりで…↓


「『YOU』は宇宙人に遭っています」
 

「YOUは」宇宙人に遭っています スターマンとコンタクティの体験実録

「YOUは」宇宙人に遭っています スターマンとコンタクティの体験実録

  • 作者: アーディ・S・クラーク,益子祐司
  • 出版社/メーカー: 明窓出版
  • 発売日: 2013/10/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

原題は、「ENCOUNTERS WITH STAR PEOPLE

Untold Stories of American Indians」

(「スターピープルとの遭遇・アメリカインディアンの語られざる物語」という感じ。)

ふと、記憶がよみがえり、「今こそ見よう!」という気持ちになったのです。


で、実際に借りて見たのは年末でした。



感想を言うと…確かにコメディだし軽いタッチなんだけど、これはいい!

というか、上で紹介した本を読んだ後にこれを見たのが特によかったです。


なぜなら、映画の中のポール(宇宙人の名前です)が、意外と、

目撃証言の中の、あるタイプの宇宙人に忠実に描かれている、

と、わかったから!


それは「姿形」の描写もそうだったので、感心してしまいました。

あと……宇宙船の母船と探査船(小型機)の描写もかなり忠実だと私は感じました。



以下、ところどころ伏せつつもネタバレになりますので、

まっさらな気持ちで見たい方はとばしてくださいね。


☆☆☆


主人公はイギリスからアメリカ旅行にやってきた、SFオタクの男性2人。

私は、この男性2人の純粋さにまず、癒されました(笑)

好きだなぁ、こういう人たち。ハート


宇宙人に遭遇したい、会いたい、と心から願っていたのに、

実際にポールを目の前にすると複雑な気持ちになってしまい、

そんな自分の反応に戸惑っていたり。


それを見つめるポールの態度も素敵です。


宇宙人ポールと彼らとの間には、友情がじょじょに育まれていくのですが…。



他にも重要な登場人物がいます。


途中で出会った、キリスト教原理主義的な家庭で育った女性がいるのです。

魅力的な女性なのですが、どっぷり、

教えられた通りの観念に浸かっていました。


その彼女が、ポールのせいである意味「覚醒」してしまうわけなのです!



今までの窮屈な観念を捨てていいんだ!…とわかった彼女は、

不慣れな、(それまで禁止されていた)悪い言葉や下品な言葉を、

思い切り連発します(笑)


慣れてないのでその使い方がどこか変で、それも愛嬌になってました!


そんなこんなで、ポールからの影響を受けつつ、

彼と友達になった人々の旅はつづくのですが…



ポールがどうしても、と言って会いに行った人がいます。


それは、ポールの宇宙船が墜落した当時、現場にいた少女の家でした。


彼女は年をとり、世間を遮断するかのように暮らしていています。

彼女がそのように引きこもってしまったのは…


「墜落した宇宙船と宇宙人を見て、宇宙人を介抱した」という事実を、

散々周りにデマ扱いされ、石を投げられ、気の狂った人扱いされたからです。


このあたりは、上でご紹介した本の「体験者」のお話とかぶるものがあり、

とっても心に響きました。



でも、最終的に彼女は、長い時を経て会いにきたポールに、ほほ笑んでこう言うのです、

あなたが、本当に存在しているとわかっただけで十分よ

と…。


そんな彼女も重要な変化を迎えるラストシーンは必見です☆



ところで作品中でポールの語る内容や、彼の持っているスキルには、

あ、それは本当なのでは…!?

というところが所々あって、興味深いのですよ。

(製作者が無意識にそうしたとは思い難いです…!)


また、「エイリアン」で有名なシガニー・ウィーバーが、

意外な役で登場していて、そのユーモアにもくすっと笑えました。



さて、ポールのセリフで印象に残るものに、こんな風なものがありました。


(ポールの姿を見て驚いてしまったことに対して、)

いいって、気にするなよ。

俺だって、最初人間を見たときは吐いたよ。


…もちろんコメディ映画なのでこんな表現になっていますが、(;´▽`A``

これは、当たらずとも遠からずかな…とも思える描写でした。



ポールは、「グレイ型」と呼ばれているタイプの宇宙人みたいですが、

「宇宙人怖い!」「不気味!」「変な姿~!」

…と思う方は、ぜひ彼ら側の視点にも立ってみてください…。


彼らからすれば、人間もまた、相当奇異な姿であるはずです。

「体が巨大で、頭が小さすぎる」

…と映画の中のポールは言っていました
…(笑)(;´▽`A``



少なくとも私は、この映画「ポール」を見て、

やっぱりいくらかは持っていた地球外の存在に対する怖さが、

すっと軽減していくのを感じましたよ。


同じ、「存在」として

等身大のままに宇宙人のことを考えられる映画。


どうぞご興味ある方はご覧ください☆彡



★対面セッションと、スカイプ、電話によるスピリチュアルセッション★
「個人セッションのご案内」


クリックありがとうございます!ハート

精神世界ランキング

また次回~(^-^)ノキラキラ☆

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.