読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

モチベーションが低いときは?

こんばんは~


150110_1233~01.jpg 

ほっとひと息くつろぎタイム のおともになるような、

楽しいブログになっているといいな~と思いながら今日も書いています☆


今日の話題は、「モチベーションが低いときは?」


あ、これ、モチベーションを上げるための方法

…ではありません。にっこり


何かに対するモチベーションが低いとき…

一体、何が起きているの?というお話です。


☆☆☆


こたえを先に書くと、


何かに対して、自分のモチベーションが低かったら…

方向転換するときです。


まったく別の方向に行きたいのか、

少し違うことをやりたいのか、

(何か変化が必要なのか、)


そういった内情は、それぞれ見ていかなければわからないけれど、

このことは、たいてい当てはまると思います。



だから、無理矢理モチベーションを上げよう!とするのではなく、

おとずれたフィーリングという「サイン」を生かして、

自分の内面を見つめる時間をとるといいですね。


意味なく、やる気が低下するということはありません。

自分自身が進みたい方向に進んでいるときには、

仮にハードなことがあっても、それなりのパワーがあるんです。



もちろん、意に沿った方向に進んでいるにもかかわらず、

「怖れ」がせき止めていることもありますけど…

自分自身のヴァイブレーションと調和しているときには、

その怖れにかまっていられるのも、時間の問題となるでしょう♪



ですので、「私はもともとこういう人」

「しょせん気力のない、無気力な人間なのです」

って、思いこんじゃうのはやめましょうね~。そうじゃないから♪


☆☆☆


ちょうど今回の記事に類似したテーマで、

以前から書いておきたいな、と思っていた夢があります。


これは、昨年の秋ごろにみた夢なのですが…。

少し、背景を説明します。



私は、ずっと夢で色々な体験をしていて、

それは意識の明晰度によっては、

明晰夢」や「体外離脱」と呼ばれている現象でもあるのですね。


自分自身の霊性に目覚めた頃にも夢がキーとなっていたので、

“現実”のみならず夢の体験も重要であることを、

個人的によく実感していたんです。



そんな私ですから、体外離脱を活用している方ともご縁があって、

中には、専門に教えている方たちから、一緒に勉強してはどうか、と、

メンバーに誘われたこともあったんです(海外の方ですが)。


でも、いつも私はそれを断っていて、

セミナーのお手伝いをしたり、本を読んだりしたことはあっても、

本腰入れて、体外離脱を練習するぞ!おー!(・∀・)/

という風には、ならなかったのでした。

自分なりに、日常にその知識や体験を取り入れることはしましたが。



それでずっと、(ブログにもこれだけ色々と書いておきながら、)

なぜ自分は「体外離脱による探求」に対してあんまりやる気がないんだろう?

と、不思議に思っていたのです。


そんな頃、みた夢です。


☆☆☆


夢の中で私は、自ら申し込んで体外離脱セミナーに参加するところでした。

講師は実在する日本人で長年にわたり体外離脱を教えている方ですが、

あまり有名ではない方です。

私も知り合いではなく、お会いしたことがあるわけでもないのですが、

ちょうどその頃、その方の情報にふれる機会があったので夢に出てきたようでした。


会場をめざして、ありふれた都市というか、街の中を歩いていますと、

似た方向を目指している男性2人が視界に入りました。

なんとなく、彼らも同じセミナーに参加するのかもしれない…と思いました。



はたして、会場に到着してみると、彼らもそこにいたのです。

その他に、私の旧友がひとり、参加していました。

この友人は、現実ではスピリチュアル系の活動には関与していません。


セミナーに集まったのはこの5人のようです。

すっかり打ち解けて、道で見かけたことについて、互いに、

「体外離脱のセミナーに出そうな感じしてたよ!」

とか言って、笑い合いました。



会場は、講師の他の仕事の仕事場と兼用になっていて、

なんだか雑居オフィス…といった感じでした。

ごちゃごちゃと、デスクや椅子、機械類、書類など、

壊れて不要になったものも含むあれこれが重ねられていて、

お世辞にもきれいとは言えません…。汗☆


当日のセミナー内容は、「参加者のエネルギーに沿って進めていく」

という、精神世界系ではよくある進行だったのですが…


なんと、レクチャーはいっさいなく、

ほとんど何も教わらないまま「各自、自習」ということになり、がっかりでした。


このグループはこれでいいと判断したのでしょう、

講師は別室で自分の別の仕事をしているのです(笑)


その展開を私は、

えーっ!

この数時間のために、7万円(※夢での正確な額は忘れました)払ったのに~!

と、ちょっと肩すかしというか、とほほな気持ちでいました。



ただ、参加者ひとりひとりが講師のいる個室に呼ばれて話をする、

「個人面談(アドバイス)」の時間はありました。


私の番になったとき、呼ばれて、

やはり色々なものが山積みになっている(笑)講師の部屋に行くと、

よく会社のデスクにあるような回転式チェアに座って、面談をしました。


今回申し込んだ動機やこれまでの体験など、自分の話をすると、

「ふ~ん。それ、もう(体外離脱)できてるじゃん!♪」

と、軽く言われて、それで終わりました


はい、次~!という感じで、他にアドバイスはもらえませんでした。



講師の方は、決していやな感じだったわけではなくて、

よく言えば、軽いノリでゴーイングマイウェイ♪♪という感じでした(笑)


あとは、私ではない参加者同士の間に、

ちょっと恋愛が生まれたりしていました(笑)


☆☆☆


この夢をみた後に気づいたことは、

あぁ、今のところ私自身が体外離脱に本当に(深い)興味がないんだなぁ~

ということです。


自分自身の体験と類似していたり、共通点はもちろん沢山あるので、

「私も、もっと興味を持てるはず!できることあるはず!」

と、思い込んでいました。


ですが、情報を得ることを途中まで楽しめても、

結局、「それで何だろう?」という風に、自分の中ではなっていました。

※これは、他の方にも当てはまるということではありません。

私自身の現在のスタイルの問題です。



この夢が示してくれたことは、


実在する体外離脱の講師、という象徴を使いこそすれど、

私の内面の様子をムーヴィーにして見せてくれているのです。



参加したセミナーが“自習”になっていることも、

お金(=エネルギー)をかけた割に実りがあんまりないな…と思っていることも、

人や雰囲気は悪くないけど(=その世界自体を拒否しているわけじゃないけど)

私にとっては、手ごたえがない…ということも。


不用品もごっちゃになっている整理されてない部屋、という印象も、

「もう、できてるじゃん☆」という講師のかるーいアンサーも…。


全部、私が「体外離脱」についてどう思っているかを描いており、

私の、素のモチベーションが反映されていたのです。



なので、改めて自分の内面を調べてみると、

単に体外離脱という体験をしたい!ということなら、もうしてるし

体外離脱でもっと探求をしたい!という所に意識が向いているかというと、

どうやらそれは違っていて、


これはすっごく自分で意外だったのですけど、


「ここ(地球舞台の“現実”と認識されている領域で、という意味)」

での体験を主役にというか、

ここありきで、自分の意識フォーカスを向けているらしい、


魂はまるで、

「ここにいたくて(この体験がしたくて)ここにいる!」

と、アピールしているのだとわかりました。



つまり、(今の私のあり方としては、)便宜上分けた言い方をするなら、

「こっち」中心で、「あっち」はその補助に使っている気持ちなようです!


そんな、超・意外な落とし所で、今日のお話は終わりです。キラキラ☆



★対面セッションと、スカイプ、電話の個人セッションをしています。★
「個人セッションのご案内」


クリックありがとうございますヾ(@^▽^@)ノ

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ

また次回(*^o^*) ☆彡

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.