BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

気遣う心のベクトル(エネルギーバンパイアについて)

こんばんは~ お寒うございます~


150113_1303~02.jpg 
 

今日のタイトルは、「気遣う心のベクトル」です☆蝶々


☆☆☆


ブログ内でも、エネルギーに関する話題の中で、

「エンパス」「エンパシー」のこと、それから、

俗にいわれる「エナジーバンパイア」現象について、

ふれたことがありますが…


※記事は、エネルギーバンパイアに注意!という意図ではありません。

たとえば、特定の人を「エネルギーバンパイア」と呼んで避けるとかは、

ちょっと意味を履き違えているかなぁと私は思います。

それより、起きている現象とともに、自分の意識・心を観察するのが大切です。




一般的にはよいこととされる、「気遣い」。星


これが、エナジーバンパイア現象と直結していることもあるって、

ご存知でしたか?



これから説明することは、

「形」や「行動」という表面を見るのではなく、

「中身」や「本質」を見るための参考に受け取ってくださればうれしいです。



エネルギー(エナジー)バンパイア、の定義は微妙ですが、

あなたのエネルギーをドロウンする(引き抜く)感じの相手とか、

ドレイン(流出させる、消耗させる)現象というイメージだと思います。

シンプルに言えば、なんだか疲れてしまう相手のことですね。


もちろんそこには、

単純な方程式は成り立たなくて、必ず「主観」も入ってきます。


ある人にとってAさんはエナジーバンパイアではないが、

別なある人にとってはAさんがそうである…などはザラ。



でも、「主観が入っているのだから、そう感じてしまう私が悪いんだ!」

という風に自分を責めるのもまた、アンバランスなんですね。


自分にとって、起こっていることを、まず認めないと、

ベストな対処(選択)をすることも、変化させることもできなくなる

からです。



自分にとって起きていることそのものを、ただ否定しているうちは、

同じ現象につかまってしまいます。

これ、大事ですよ☆



さて、話を、エネルギーバンパイアの定義の方に戻します。

(エネルギーバンパイア、という言葉があんまりいい言葉じゃないよね。汗☆

でも、現象を理解する助力はしてくれる表現なので、

引き続き使わせていただきますね。)


心身の調子が悪くてエネルギーが低下しているときや…

自分が嫌い!とか、いつも不幸である…という思い癖がある場合など…


いわゆる“エネルギーバンパイア”に、当てはまってしまうときがあります。


それ以外のケースではどうでしょうか。


一般的に…


たとえば、「空気を読まない人」とか「自己中心的な人」、

つまり「人に対して気遣いをしない人」が、

エネルギーバンパイアだと思われていませんか?


「あの人といると疲れる~!」というように。



でも、今日するお話は逆で、

「気遣う人」がエネルギーバンパイアになっている、というお話でしたよね。

それは、どうしてでしょうか?



一生懸命、他人に気遣いをするなんて、

ときには、自分を犠牲にしてでも人を気遣うなんて、

美しいことではないのでしょうか…???



…ん?

上の言葉を注意してもう一度読み返してください。


一生懸命、

ときには自分を犠牲にして?



これが、くせものなのです。


過去にもこの点をときどきご説明しましたが。



本当に自らの心に沿っているとき、自発的なとき、

たとえ人からは何らかの「犠牲」に見えるようなことでも、

本人は「自分を犠牲にしている」とは感じていないものです。


努力はしていても、自分がそうしたくてしていることなので、

一生懸命、必死で努力して…!という風には、本人は感じていません。


この点を、まず理解していただいて。



その上で、

このように一生懸命気遣う人、がエネルギーバンパイアになってしまうとは、

どういうことでしょう?



それはね、気遣う心の「動機」の違いなんです。


「自分がただ存在するだけではダメ(不十分)だと思っている」

「何かしなくては、人の役に立てなければ、そう認めてもらわなければ、

その場にいてはいけないような思い!」


このような思いを抱えていると、

ときには自分を犠牲にして、必死に人を気遣う人になってしまうのです。


本人には、それが習慣化しているかもしれませんが、

うれしくてそうしているのとは実は違います。

なので、人とつきあうこと全般に“負担”を感じているかもしれません。



まわりから見ての、

「気をつかってくれる、いい人」の条件は満たせているかもしれませんが、

本人の気持ちには、軽さやゆとりがあまりないのです。


「嫌われないように!」と、気を張っている状態なのですよね。


(私もそんな風な経験ありましたよ~。)


デフォルト(自分の初期設定)が、

「気を遣わなければ“十分”でない」という、怖れの状態なのだから…。


これはけっこう生き辛いですね!



何もしなくても

気遣わなくても存在していてオーケー


そう、自分の存在をゆるしている人が、

心からそうしたくて発する“気遣い”をするときには、

エネルギーバンパイア現象は起きないのです。バラ


(もちろん、「主観」の世界ですので、

個人の受け方によりけり、なところもありますが…

エネルギーの観点から見れば、そうです。)



一方、怖れから、一生懸命「気遣う人」をしているときには、

相手からも相応の反応を期待し、それがかえってこないと腹が立ったり、

自分の常識と違うことをする人がいると、失礼と決め付けたり、疲れたりします。


こういう場合にエネルギーバンパイアになってしまうわけ、

理解していただけたでしょうか。



「気遣う心のベクトル」は…

自分の内側を注意して観察すると、わかりますよ☆ウインク



★対面セッションと、スカイプ、電話の個人セッションをしています。★
「個人セッションのご案内」


クリックありがとうございます゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ

また次回キラキラ 蝶々

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.