読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

死後とドラマ

霊的な話

こんにちは~!


昨日の記事では、私たちの内にあるドラマが現実にあらわれる、

ということについてお話ししましたが、

今日はさらに範囲を拡大して、死後の現実についてお話をします。


150113_1307~02.jpg 



…といっても、時間のない視点から眺めると、

死「後」というのも、「同時に」存在しています。


生まれる前、とか、死んだ後、という表現は、

私たちが採用している「直線的に流れる時間」の概念の中でのみ、

有効ですよね!



以前、「幽霊の正体」という記事を書いたのですが、


誰でも、「ここで生きている自分」と「死後の(霊の)状態」というのが、

分離して存在しているわけではないんですね。

今も、同時にあるのです。




並行現実のことを理解すると、そのことがおのずと見えてくると思います。


私たちそれぞれの選択できる並行現実が多数存在しているということは、

どう亡くなるか、いつ亡くなるか、の選択もあるわけですよね。


そしてまた、そのとき、それぞれの自分の心がどういう状態にあるか。

それもまた、色々と考えられますね。


このことを踏まえると、先にご紹介した過去記事の中で、

私が、一般にいう“幽霊”について、

「その存在まるごとが、そこに(幽霊として)留まっているわけではない」

と説明したことが、理解していただけると思います。星



つまり、ある存在の、

いわゆる「成仏していない霊」の状態と、「成仏している霊」の状態は、

どちらも同時に存在しているのです。


☆☆☆


たまに、死後について、こんな風な考えをききます。


死んだらみんな、神様になる!


この表現は、耳心地はいいですが、私ならこう言います。

(死ななくても)今もみんな、神様ですし…

「人間」という状態と「神様」という状態を分けての意味ならば、

死んだというだけで、急に人格が崇高になるというわけでもありません。


自身の「内にあるドラマ」は、無自覚であれば死後も再生されます。


たとえば、強い信仰があった場合、

本人が亡くなった後に期待していることを、意識で作り出します。

○○様が迎えにきて、こんな審判が行われて…等。

宗教、また、個人の信条によって、描き出される体験は違います。



また、亡くなったことに気づいていても・いなくても、

生前から固く信じている「内なるドラマ」が繰り返されている場合、


死後は夢同様に、自分の意識が世界を形成する作用が速くあらわれるので、

自分で作ったドラマに、引き続き、はまってしまうことがあります。


これは、たとえていうなら「密度の濃い夢」に囚われているようなもので、

声をかけても、本人が聞く耳を持たないこともあります。


その観念を味わい尽くすまで、感情を消費し尽くすまで、

その体験をやっている、ということがあるのです。



ときどき、夢の中でこういった状態の「すでに亡き」人たちを、

ご案内したときのことをブログに書くことがありますが、


じかにコミュニケーションをとることでその「囚われ」がほぐれ、

本人が「我に返って」納得することもあれば、


そのようなコミュニケーションのとれる状態ではなく、

案内する役の者が、本人の作っている「ドラマ」に参加する形で、

(そのドラマの中の登場人物になりきったり、辻褄の合う状況をつくります)

とりあえず、仮のブレイクスルー(きっかけ)をつくり、

別の状態へと誘導することもあります。


この場合、反復していたり凝り固まったりしている部分から注意をそらし、

できた隙間をひろげ、ひとまず、別の視点に移行できる準備ができるまで、

仮の手段をとるわけです。



いずれにしても、意識状態を自分が管理している、

と知ることは大切なのです。



また、すでに亡くなっている方々について、

こちらで生きている者の観点から、「成仏しているか・していないか」

と、むやみに(怖れから)心配することは、やめた方がいいですね。


どの存在の、どの並行現実も、各体験には価値があって、

それぞれの状況にある自己自身に、それぞれ力があります。



スピリチュアルな情報にご興味がある方だと、中には、

とどまっている霊を助けたい!とか、

レトリーバルでお役に立ちたい!と、思う方もいらっしゃるでしょう。


その気持ちは素晴らしいことだと思いますが、

なぜ、そうしたいと思うのか?の自分の動機を確かめてみることも、大事です。


亡くなっている方を案内するような体験をするとき、

こちらの現実における本人の感覚としては、

その役割を志願して…とか、自ら関心があって…!という感じではなく、

いつのまにかそういう経験に関わるようになった、気づくとそうなっていた、

ということが多いです。

(それも、本人のキャパや人生スタイルに沿った形で起こります。)


むしろ、それら霊体験に自分の期待や大きな意味を持たせて向かってしまうと、

そこに投影した自分自身の観念や感情につかまってしまう可能性があります。


目の前にある日常の舞台の中に、

自分自身の内なるドラマはあらわれていますから、

まずはそこにしっかりと目を向けましょうね☆


結果としてそれが、別の自分の役にも立ちますから。


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ 

2月22日(日)14時~16時開催ワークショップのお知らせ

「意識の中にある現実」 
~あなただけのオリジナル・ビューポイントを生きる~

詳細は
★こちらのページ★をご覧ください。

お申込みはこちらから↓

☆お申し込みフォーム 
パソコンから / 携帯から


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ 


★スピリチュアルカウンセリング個人セッション(対面、スカイプ、電話)★
「個人セッションのご案内」

クリックありがとうございます

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ

また次回~♪ヾ(@^▽^@)ノ

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.