読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

本当のご先祖は?

こんにちは!(*^▽^*)

さっそく、☆前回の記事☆につづくお話です。


昨日の時点では、まだクリアーになっていない部分や、

無形のものをなんとか形にしているような(-"-; )感もあったのですが、

やはり記事をあげた後、どんどん見えてくるものがありました。キラキラ☆


しかも、お決まりの「シャワー中接続」で…ふと、

※シャワー中や入浴中に自然とチャネリング状態になることです♪

予想外の、「かろやか」&「よろこび♪」のエネルギーを感じて、びっくり!


もしかすると私のつたない筆致でも、

あの話題を書いたことをよろこんでくださっている存在もいる…?キラキラ☆

と感じて、ちょっとうれしかったです(*´ω`*)ゞ


090418_1256~01.jpg 


さて、今日のタイトルは「本当のご先祖は?」です。


魂的な視点で見ると、私たちはみな同じ「全てであるひとつ」。

なので、血脈、身体の上での先祖にこだわる必要はありません。


ただ、同時に私たちは、今フォーカスしている「現実」という舞台で、

経験しているものから学びもします。


よりひろい視点から見ればそれが演劇のようなものでも、

演劇という経験を通して見ているものの中にも「本質」があります。

舞台で起こっていることには意味があるわけです。


そんな視点から、一緒に楽しんでいただければ幸いです。芽


☆☆☆


もし、あなたのご家族に、それまで伝えられていたのとは違った過去と、

あなたの知らなかったご先祖さまがいて。

「他にもご先祖さまが、いたんだよー」

ということがわかったら、

それをもはや、意図的に「ないこと」にできるでしょうか?


少なくとも、

どうして今までその人たちのこと、隠されていたのかな?

どんな背景があったのかな?

と、知りたくありませんか?



…もともと情報を知っていた方や、お察しのいい方は、

昨日の記事でもう気づいていらっしゃったと思いますが、


現在に伝わる日本神話、そして神社は、

元々祀られていたり、伝えられていたものの形を、

「国家」の形をとる際に、都合のよいように・辻褄が合うように、

変えられた後の姿となっています。


万物は流転する…変化するものですから、

もし、元々あったものが自然な形で変化したり、

新しいものと融合してそうなったのならよいのですが、

何かを打ち消すように、特定のものをのせてしまったのなら、不自然ですね。


たとえば、日本という国が、

「はるか昔、神代からの血を受け継ぐ天皇のもと、一民族で構成された国である」

という考えに統一するための企てがあったとして。

その洗脳ははたして、成功したのでしょうか?


少なくとも、日本の歴史を習った通りに受け取れば、

複数の民族の暮らす場としての日本、を考えてみる人は、少なそうです。


日本を多民族の国と捉える観点はあまり一般的でなく、

琉球王国や、アイヌ民族のことは知っていても、

歴史の中での特例のような扱いを受けている気がします。



国家への帰属意識アイデンティティーを作るために、

歴史のある時点で、それまでの歴史は意図的に隠されました。


古事記日本書紀を研究している人たちから、その文章の中に、

「本当はこうなんだよ」というヒントになるような暗号が散りばめられている、

という話を耳にしたことがある方も、多いと思います。


どんな都合があるにせよ、

過去の歴史を、突然に全て葬り去るのは無理というものですね。


まったく違う「公式の歴史」を作るとなると、

それまで根付いていた民間の伝承とも矛盾してしまいますから、

それまで実際にあったことと、真っ赤な嘘とを巧みに交ぜて、

望む方向へと牽引します。


それが行われた当時、そういった作為を知って、

過去の歴史を湾曲したり、切り捨てることに抗議・抵抗した人は、

亡くなったり、左遷されたりしたのでしょう。


「自分たちの公式と認める歴史」を制定した者たちは、

それまでに複数の民族が暮らす場だった日本を融合していき、

土地や暮らしを整えることを含め、治世の上で功績を残した人の残した基盤
を、

そのまま、のっとったことになります。


すでに出来上がっていたものについては、

自分たちの祖先によるものにすり替えて、統治の基盤に使った
ということです。


…こう書くと聞こえが悪い感じもしますが、

歴史の過程は「よい・わるい」では語れないのだとも思います。


☆☆☆


今回のことで思い出しましたが、私は小学校低学年くらいのときに、

日本の神話(子供向けの本だけどわりと詳しいもの)を読んだことがありました。

小さい頃、世界中の神話を読むのがけっこう好きだったのです。


ギリシャ神話なんかも読んでいましたが、日本の神話ともども、

人間臭いどころか人間を上回って傍若無人に振る舞う神々のストーリーに、

子供から見ても「なんじゃこりゃー!」と、荒唐無稽さを感じていました。汗☆


なんでこんな話なんだろう?と不思議に思いつつ、

そういった物語の神々を「神」と信じることは、勿論ありませんでした(笑)


だからこそ、日本神話がただの物語ではなく、

実際にあった歴史も語っている…(箇所もある)

と、知ったときには超おどろきました!


そして、その意味を知ってからは、公式には「ないこと」にされていたり、

違うキャラクターにされてしまったりしている昔の人々に、思いを馳せました。


☆☆☆


「作られた、公式の歴史」が流布される前に、

元々、さまざまな土地で祀られていた神々は?どのようだったのでしょう。


たとえば、太陽や月、星なども対象になる自然信仰もあったでしょうし、

その土地に貢献した過去の偉人や長や、先祖を祀る場合もあったでしょう。


中でも、

伊勢神宮で皇祖神「アマテラスオオミカミ」という女神とされている存在は、

諸説ありますが元々「アマテル」という神への信仰があって、

その信仰を「皇祖神・アマテラスオオミカミ」をつくる際に利用した、

という説を、私はとります。


アマテルが太陽信仰なのか、特定の人物を指すのかはわかりませんが、

源流となる舞台は出雲、辿るとさらに別の場所へと繋がるのかもしれません。

出雲の歴史も、いち民族だけの歴史ではないようですので興味深いのですが、

私はまだそこについては調べている途中です。


☆☆☆


神社に祀られている存在が何であるか、ということは、

人々にとって神社がシンボルとして機能していることに比べたら、

小さなことなのかもしれません。


それでも!


今お話ししているこのことは、

私たちの「形成されたアイデンティティー」や、

「国家観」に影響を与えると思うのです。


また、これを知っていて神社をよく眺めると、

きっと、改めてわかることも出てくると思います。

意識して「見つける・探す」ことができるからです。



海外の有名遺跡にドキドキするのと同じくらい、

私たちが暮らしている日本の昔について、もっと知りたいですよね!ウインク


そこにあったのに…築いて、暮らしていたのに、

表舞台から姿が消えている古の人々のことも。

それを辿っていくとやがて、「日本」の枠を飛び出しちゃうのだと思うけど(笑)



今日の記事のしめくくりに、おまけの情報です。


前回、いつからかスサノオさんのエネルギーを感じる話もしました。

神話では、荒々しい神にされてしまっているスサノオ様ですが…。


過去記事で、私にとってのサン・ジェルマン(聖ジャーメイン)を、

宮崎駿さんの映画の中のキャラクターでいうなら…ということで、

「大人っぽくしたハウルと表現しましたね。星


同じく、宮崎駿さん映画の世界の中で、

私の感じているスサノオさんのエネルギーに似たキャラクターは…?

と、探してみました!



パズー(天空の城ラピュタ


でした!

意外??(笑)(#⌒∇⌒#)ゞ

もののけ姫」のアシタカでも、「千と千尋」のハクでもなくね(笑)


パズーがもっと年をとって、頼れる長(おさ)になったらそっくりな気がします。

照れがないほどまっすぐで、行動力があるところとか!



受付終了致しました。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ 

2月22日(日)14時~16時開催ワークショップのお知らせ

「意識の中にある現実」 
~あなただけのオリジナル・ビューポイントを生きる~

詳細は
★こちらのページ★をご覧ください。

お申込みはこちらから↓

☆お申し込みフォーム 
パソコンから / 携帯から


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ 


★スピリチュアルカウンセリング個人セッション(対面、スカイプ、電話)★
「個人セッションのご案内」

クリックありがとうございますハート

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ

また次回♪ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ☆

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.