BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

死後のご案内の注意点~

こんばんは!

今日はちょっとマニアックかもしれない?けれどお話ししたかったこと。

「死後のご案内の注意点~」です。


150412_1151~03.jpg 


ブログ記事内でも、ときどき、

私が経験した「すでに亡くなっている方」との交流話を書いています。


私は幼少時から物質と同じように霊(※すでに亡くなった方など)が見えていた、

というタイプではありませんでしたが、いかんせん、夢での経験が豊富でした。


(詳しい経緯は過去記事で色々と書いています。)


その実体験がなければ、今のように、

「生きている私たちも死後の人たちも、同じく“霊”なんですよ。にっこり

なんて言えなかったかもしれませんね。 
 

ところで私は、

「肉体が滅びた後にも存在し続けるなんて絶対信じない!」

という人がいても無理に説得しようとは思わないし、

「死んだら無になる」

とか、

「無我なり、集合意識なりに、溶けてしまう」

とか、色々な考えを信じている人がいても、それでいいんだと思います。


そう信じることで、この人生に強くフォーカスできるという、

その人のなりの意識の働き、メリットもあるかもしれません。


私にできることは、自分の経験を、ただ提示することです。


それをきっかけに…もし、それまでの考えに誰かが疑問を持つようになったなら、

それはそれで素晴らしいなぁと思いますキラキラ☆



この感じは、たとえばあなたが、どこかの国で…

「日本人って、魚と米しか食べない民族なんだって!え゛!

と、信じられていると知ったとします。

あなたは、必死でそのことに反論し、説得しようと思いますか?

どちらかというとちょっと笑ってしまい、情報それ自体に面白さを感じませんか?

それは、あなたが日本の生活を現に体験して知っているからですよね。星



…前置きはさておき。


スピリチュアルな情報や、見えない世界に興味があったり、

たとえば体外離脱を実践していたりすると、

「死後に迷っている人や、とどまっている人を、ご案内する」

という活動に興味を持つ場合もあると思います。星


そこには確かに、感動の体験やストーリーがあることも多いです。


この活動について、霊能者のいう呼び方、体外離脱実践者のいう呼び方、

それぞれの呼び方、やり方は色々あると思いますが…


これについて、私の経験からお話ししたいことがあります。



あなたは、

人の心や感情の、渾身のエネルギーを経験したことがありますか?

快く美しいものばかりではない、すべてを含む深淵に耐えられますか。


これについてまだ「ノー」だったら、

自分から意図してそういう活動をすることは、控えた方がいいかもしれません。


つまり、興味本位に足を突っ込むことはあまり推奨しませんよ、ということです。



もし、あなたがそういう活動をする深い意図のある人だったら…、

きっとこれまでの日常なり、夢の中なりで、自然と訓練を受けているでしょうし、

活動するときにはヘルパー(援助する存在)もついているのがわかると思います。



死後(と、便宜上こう書くしかないのですが、正確には時間のない世界

何らかの理由でとどまっている人の中には、

強い執着や想念、感情に囚われて、攻撃的になっているケースもあります。


それはもちろん、彼らが「悪い」からではなくて、

生きている私たちと同じように、怒りや悲しみや愛憎、様々な苦しみから、

そうなっているのです。


彼らと関わる場合、たとえ援助の意図から接するのであっても、

相手はガチで、渾身の力を込めて、向かってくることがあります。


ときには、その力を一時的に抑え込むために、

真っ向からエネルギー対決をするようなシチュエーションもあります。


これを例にたとえると…


私たちの経験している現実でも、救助隊の方たちは、

もしそこに救助すべき人がいたなら、危険な場所へも出向きますよね。


そして、その場所のリアリティーや、救助する相手の「状態」に動揺することなく、

しかるべき措置をしますよね。そのための、訓練もしています。


それと同じなんです。



相手からの、ガチンコで必死なエネルギーには、それなりの理由があります。

また、想念の世界ですから、

相手の信じているリアリティーを、一緒に体験することもあります。


そこに引きずられたり、飲み込まれてしまっては、仕事はできません。



もちろん、あなたの愛する身近な方で、すでに亡き人へ送る、

やさしい心遣いや、向ける愛の想いが…

結果として、その方の死後のご案内の役目をすることはあります。バラ


あなたは意識してそうしていないかもしれませんが、相手に届きます。

こういう交流については、今日の話題の該当するところではありません。



私がお話ししているのは、あえて霊的な現場にかけつけようとする場合のことです。


その場合は、生きている人間に対するケアと同様、

プロとして向き合う訓練も必要なのです。



★スピリチュアルカウンセリング個人セッション(対面、スカイプ、電話)★

「個人セッションについて」
「お申込みのご案内」

クリックありがとうございます

精神世界ランキング

また次回☆(^-^)/

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.