BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

人と気持ちよく暮らすには♪

こんにちは~。

熱帯…まるで熱帯ですね。今日がまだ、5月の最終日だというのに。


せめてピグを熱帯仕様の格好にして、心を涼ませることにしました。笑2

昔は確か、アメブロユーザー以外の方がアクセスをしても、

ブログ主がどんなピグを作っているかを見ることができた気がするのですが、

最近その表示がなくなったように思うので、ピグ内の「写真」を撮ってみました。↓


 


後ろでお昼寝しているハムスターは、どういういきさつだかわからないのですが、

いつの間にか、私のピグの部屋に定住していたものです。

はっきり言って、この子に餌をあげるためだけに、ピグにログインしています。りんご
 

私のピグが手に持っているのは、天使の羽根というものと、

セーラームーンのコンパクトですっ!

背後にあるのは、ガチャで2回もあててしまった、ムーンキャッスルの「柱」…。

部屋の内装は、アメブロから無料でもらったものをそこらに適当に配置したっきり。

これ以上の参加ガッツはないのですが、ハムスターには釣られている私です。


今日の本題は、「人と気持ちよく暮らすには♪」です。


☆スピリチュアルカウンセリング☆のご相談の中で、

誰かと一緒に暮らしたり、伴侶となる相手を見つけたいけれど、

その一方で、「ひとりで暮らす快適さ」も手放せない…

というより、実は、誰かと一緒に暮らすことに不安がある!うああん

というお話を伺うことがございます。


そのお気持ち、私も理解することができます。芽

私自身、自分の家族との暮らし以外にも、

高校時代の留学生活をはじめ(留学生同士での1ヶ月間の寮暮らしと、

ホームステイ先の家族との1年間の暮らし)、大人になってからも、

何だかんだと、人と一緒に暮らす経験に恵まれた一方で、

完全にひとり暮らしをしていた時期も、ありましたから…。


両方のいいところも、悪いところも、わかるというものです。


他のことがら同様に、これについても、

「どっちがいい・わるい」という定義はもちろん存在しませんし、

ひとりひとりのご事情や、お気持ち次第で、答えは変わってくるものです。


ですが、今日は先に書いたような思いを持ってらっしゃる方、

あるいは、すでに誰かと一緒に暮らしているけれど、

その中でのより一層の快適さを求めている方
のお役にたてればと…

「誰かと一緒に暮らしていても快適でいられる」状態について、書きます。ウィンク



先述のようなお悩み(誰かと一緒に暮らしたいけれど、実際にそうなるのは不安

を持っている方は、一概には言えませんが、

ご自身の育ったおうちの中で、居心地のよくない経験をしてきた場合があります。


そのような場合、ひとりで暮らす解放感や、自分自身のペースで暮らせること、

これを一度は経験してみることも大事です。バラ


それを踏まえた上で、私個人が過去に感じたことも、話題にしてみます。


私は、望んでいたひとり暮らしをまとまった年数経験した後には、こう思いました。


「ひとりの暮らしは気楽だけれど、もう気が済んだなぁ。

『これより先』のことが、このままでは経験できない感じ…。

そう、たとえ、ひとりの状態よりわずらわしいことがあったとしても、

私はまた人と暮らして、人と関わりたいのではないか?」

と。

これは、私にとって充分、ひとりの期間を堪能したからだったのでしょう。

あるとき、ひとり暮らしに「飽きた(やり終えた)!」とわかる瞬間がありました。


このように、あなたの直観が、あなたが本当はどうしたいと思っているかを、

インスピレーションや感覚を通して教えてくれることがあります。星


それは、うわべの気持ちとは正反対のことすらあるかもしれません。

たとえば、あなたは「一刻も早くここから離れたい」とばかり思っていたのに、

実際は、「私はここで、まだやることがある。」と、同時に気づいている
ということも。


色々なケースがあるので、万人共通のひとつの答えはありませんが、

今日お話ししているような、

「もう、ひとりじゃなくていい、誰かと一緒にいたいと望んでいるんだけど、

誰かと暮らすとストレスが溜まったり、快適さや、自由がなくなりそうで不安!」

という方の場合には、


他者と一緒にいると、ありのままの自分ではいられないだろううああん

という、思い込み・恐れがある場合が多いのです。


この恐れというのは、多かれ少なかれ、みんなが持っていて…

実際に誰かと暮らしてみると、

相手との様々な違い、対立や葛藤、行き違いなどなど経験しながら、


結局は、自分が自分を受け入れていなかった部分、

自分の中のゆるせていなかった部分を、「相手を通して」経験する

ということが、起こるんですね。



ダンナが…妻が…子供が…!

親が…同居の○○が…パートナーが…!


そんな風に、あなたには「見える・体験される」出来事も、

結局のところ、うわべのあらわれを通り越して「中身」をみると、

自分の心の中にあった“何か”を教えてくれているんです。※


(※今度、人間関係のセミナーを開催しようと思っています。

そのときにも、詳しく、このテーマについてはお話ししますね。)


あなたの経験している世界は、意識の中にある世界。

あなたの現実に起こることは、あなた自身のヴァイブレーションに、

何らかの形で所属しているドラマなんですね。


それに気がついて体験を眺めると、

「あぁ、こんなにも私は助けられていた。」

「こんなに、大切なメッセージを伝えてもらっていた。」

と、本当にわかるんですよ。


さて、

真の快適さとは、

あなた自身が、自分のありのままを受け入れることに他ならないのですが、

それと並行して、他者のありのままも尊重する必要があります。

(自分のありのままを受け入れられれば、自然とそうなっていくものでもあります。)


人間関係、特に一緒に暮らすほど近い距離の人間関係では、

「私のやり方」と「相手のやり方」の摺り合わせがよく行われます。


このとき、お互いに自分のやり方を通そうとすると、

「権力争い」や「支配・服従」の関係として、力のぶつけ合いが起こります。


その中で、支配したり、指示するようになった側が勝者かというとそんなことなく、

むしろ、両方が「負け」の状態になるのです。


たとえば、あなたも、こんな経験をしたことはないでしょうか?


誰かに、自分の知っている「よりよい」やり方や、

「正しい」やり方を教えるつもりで、注意をした。指示をした。


すると、相手は、繰り返し言われるうちにそれを守るようになったが、

以前の生き生きとした表情をあなたに見せなくなった。

あなたの「規律」に従う人にはなったのだが、お互いの心は通わなくなった。


いつのまにか、お互いが、お互いの「出方」をはかるようになってしまう。

どちらも、ありのままの自分ではいられない。


そんな風になってはじめて、

「自分は何か間違ってしまったのではないか」

と、気づくのですね。



それぞれ違う私たちが、それぞれ違ったユニークな個性を持ったまま、

気持ちよく「共存」するには…


「形」や「表現」、「考え方」が自分と違っていても、

その人の存在や、その人がしてくれていることの「真価」に感謝する。


行動や結果ではなく、その「中」にあるもの(=心)の方に注目をする。


このことを、どうぞ思い出してくださいね♪cracker*



1日1回のクリックで応援してねラブ

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

「個人セッションについて☆」

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.