読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

死から旅立ち☆ボン・ボヤージュ

霊的な話

こんにちは~☆ヾ(^∇^〃)

今日のお話は、「死から旅立ち☆ボン・ボヤージュ」です。




昨日の日没時。



富士山が絵みたい~♪



これは、昨夜から今朝にかけての夢で体験した内容です。

ひさびさに(でもないか?)亡くなった人をご案内する活動だったのですが、

その内容に入る前に、前夜のエピソードを。



スピリチュアルカウンセラーをしていて、

日常の夢の中でも、亡くなった人と関わる体験がある…
と、聞くと、


きっと、周囲の誰かの死を経験しても「存在は続いている」ことがわかるから、

あんまり悲しまないで済むんだろうなー(*。‐ω‐)



なーんて思う方もいらっしゃるかもしれませんね。


私に関していえば、それは全然! ノーです。


それが証拠に、昨夜も、こんな出来事が…(TωT)



それは、偶然というか、ほんのはずみだったのですが。

5年前に旅立った愛うさぎに、かなり似たうさぎさんの写真やエピソードを、

最近出会ったばかりのブログサイトで、見てしまったんです。


11歳という享年も、同じ。

読んでいるうちに、あっ…やばいな…と、自分で思いました。汗☆


でも、すでに間に合わず、ふだんは「オフ」にしている

もう旅立ってしまったうさぎに対する思い、その不在感や、恋しさ…

ばーっと湧き上がってきてしまい、涙がぼろぼろこぼれてしまいました。え~ん



こういうのって理屈じゃなくて、ちょっとした引き金で急に起こるんですよね…。泣

(他のうさぎさんのサイトや写真を見ていても、こうはなりませんでした。)


こらえようにもこらえられず、しばらく泣き続けた私に、

「もう5年も経ってるんでしょ…ガーン」と、驚いてしまったのはてつやです!


それで、その夜はなりゆき上、お互いの思う死についてや、

その乗り越え方など、それぞれの意見を、話し合ってから寝たのですが。


余談ですが翌朝、妹にこのことをメール報告したら即、わかってくれました。

(うさぎは実家で、家族みんなで育てていたので。

「何年経っても癒えない。ふだんスイッチオフにしてるだけ。

(そうなって)当然だと思う。」
というのは妹の言葉。

相手が動物でも、人でも、その存在が物理的にいないという「不在感」は…

別な何かでは、埋められないんだよねぇ。



…と、このように、死別に対して全然サッパリはしていない私ですが、

このことを踏まえて、以下の夢での活動をご覧ください(笑)ウインク


☆☆☆


(以下、夢の内容)


私は、実在する場所でたとえるなら六本木ヒルズとか、

六本木一丁目駅から直結の泉ガーデンタワーみたいな…

近代的で、広いオフィスビルのオープンスペースの中にいました。


天井が吹き抜けで高くて、空間が広くて、エスカレーターがあって…

いくつものオフィスが入っている、あの感じです。


ただ、そこは日本ではないのかも、と思ったのは、

一緒にいる男性達が、今思えばアメリカとか西洋系?の会社の人だったからです。


ワイシャツにズボンというオフィスに適した格好の男性2人と、

ビル内の回廊の途中※に立って、話をしていました。

(※ちょうど、表参道ヒルズのスパイラルスロープのような感じです。

説明のためのたとえが東京のものばかりですみませんが。)



その2人は生きてる人で、このビルにオフィスがあるIT系企業の社員でした。

同僚が、自殺して亡くなったのです。


そして、その自殺した同僚のエネルギーがまだ周辺に感じられるような気がする…

と、2人とも話していました。



話を聞いていた私が言いました。


実際に、自殺した同僚は、ここにいるということ。

(ちなみにその同僚の男性は、こげ茶のカールした髪に濃い髭の男性。)

彼が、メッセージを伝えたくて、残っていること。


そこからは、私が「通訳」になりました。

亡くなった彼の、です。


私を介して、彼の思いを伝えるのですが、

その内容は主に、会社に対する憤りでした。


その会社は、ハタから見ればハッピーそうなエリート企業なんですけどね。


特に、とある上司に対しての怒りの思いはすさまじく、

システムや、やり方に対する非難などを含め、

「彼が言っている通りに、言わせてもらうね…」と、私はことわってから、

伝わってくる通りの激しい言葉を(笑)彼の代理で吐きました。


それらのメッセージをすっかり伝えると、自殺した彼ははればれとして、

(同僚2人はおののいていましたがあせ

私は、すでに亡くなっている彼を次の場所へ「案内」することになりました。



その案内した場所というのが…プライベートジェットの空港みたいなところ。


普通の旅客機よりも小さめの飛行機が、止まって待っているんです。

中には、ほぼ満席なくらいにお客さんが乗っていて、

その誰もが、すでに亡くなって「次のところへ」移動する人たちでした。


(これまで夢で亡くなった人を案内するとき、電車はわりとよく出てきたのですが、

飛行機は初かも。)



私は、彼をその飛行機に乗せ、席に座ったのを確認しました。

それからは私も機内の操縦席の近くに座って待機、

もう1人のスタッフと、離陸ぎりぎりまで色々な最終確認をし…


飛行機のエンジンがかかり、動き始めるそのときに、


「それでは、ここで!」

と、私たち2名はひらりと外に降りて、

飛行機に向かって手を振りました。



そのとき私が笑顔で言っていたのが(実際はテレパシーで)、


「ボン・ボヤージュ!(^▽^)ゞ」
 


「また、必ず会えるからね!」

「よい旅を!!」

そう、心の中ではっきりと言って、旅立つ彼らをさわやかに見送っていました。


☆☆☆


いかがでしたでしょうか。( ̄▽ ̄)


就寝前の、「うさぎ~!・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」と泣いていた私と、

こうも違っているというのが笑えます(笑)


(「ボン・ボヤージュ」という言葉も、意味は知っていたけど、

日常で使ったことはないなぁ。)


人間の、死別についての悲しみが深いと実感しているからこそ、

それを「解除」することにも情熱があるわけなのですが。蝶々


早く、夢での自分のあり方に追い付きたいものです~(笑)



1日1回のクリックで応援してねハート

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします流星

「個人セッションについて☆」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.