読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

夢の世界の友達と守護天使

夢、明晰夢、体外離脱

再び、こんにちは☆ 今日は2度目の更新です。

1つめの記事も、読み返したら書き忘れがあったので、少し加筆しました。えんぴつ

「自然と共生するために…クマとの接し方から考える、おすすめの本」



さて、今日のもともとの本題は、「夢の世界の友達と守護天使蝶々


☆昨日の記事☆に引き続き、私たちが「夢」として経験している世界で、

起こっていること
についてお話をします。


150719_1402~01.jpg 



あなたには、夢の中でのみ度々会う「お友達」や「知り合い」がいますか?


その人は、こちらの現実で過去に交流があった人であることも、

まったく見知らぬ人、夢の次元でしか会ったことのない人のこともあるでしょう。


いずれにしても、こちらの現実では必ずしも会っていないはずのその相手と、

夢の中でときどき交流していることに気づきます。


その存在を、自分のつくった単なるイメージにすぎない、と片付けてしまうのは、

ちょっと待ってほしいのです。



ちょうど今朝、私自身が実例となる夢の経験をしたばかりなので、

それを例に挙げながら説明します。

あなたにも、思い当たることがあるかもしれませんよ。



私は夢の中で、ある女の子と一緒にいました。


その女の子は、私が昔、実際に(起きている間の現実で)交流のあった、

ある方の娘さん
なのです。


すでにもう交流が途絶えて、長らく連絡を取り合っていない人なのですが、

交流のあった当時から、私は、お子さん達に会ったことはありませんでした。

つまり、娘さんとの面識は一度もないんです。


また、その方のお子さんは1人だけではなかったというのに、

当時からなぜか、私の夢にはその女の子だけがときどき登場するのです。


前から不思議だなぁとは思っていましたが、

今朝の夢に久しぶりにその娘さんが登場して、長く一緒に過ごしていたので、

印象に残り、今日の記事へと繋がりました。


夢の中での女の子(仮にAちゃんとしましょう)は、以前より成長していて…

それは実際に年齢も大きくなっていっているからだと思いますが、

久しぶりに私と会ったことを喜んで、近況を色々聞かせてくれました。


ちなみにこの夢の中での「私」は、いつも通りの、この私です。



最初、私たちは外の施設のようなところで一緒にいました。

小規模な公民館くらいのサイズの、2、3階建ての建物の中にいるのですが、

吹き抜けでオープンな空間にいました。


ふと、Aちゃんが時計を見て、

「もうすぐ来るよ。(はじまるよ、だったかもしれません)」

と言ったので、何かな?と思っていたら、

外は夜で星空が見えていたのですが、その星空全体を泳ぐように、

魚たちが空間を泳いでやってきました。


建物の壁もものともせず通り抜けて、空中の高い所を泳いでいるのです。


宙を泳ぐ魚たちのその光景はとても美しく、夜空と相まって神秘的でした。

Aちゃんが指をさしていたのを覚えています。



その後の夢では、Aちゃんの家にいるということがわかりました。

といっても多分、“現実”の実際の家の様子とは違うのではないかと思います。

Aちゃんのおばあちゃんや、親戚の年配の女性たちが家の中に一緒にいて、

わいわいとにぎやかに過ごしている様子です。


Aちゃんはかわいがられていて、幸せそうでした。

そのおうちの背景には、代々伝統的な文化が関わっていて、

Aちゃんのために行われる行事についてなど、教えてくれました。


私もまるで、すっかりその家の一員のようにくつろいでリビングにいましたが、

ふと、「Aちゃんに、私は元々あなたの親とお友達なんだよということを、

伝えるべきだろうか?」と、考えました。

というのも、Aちゃんは私のことを「年上の、自分の個人のお友達」と思っていて、

親と知り合いなのだとは思っていないようだったからです。


そんな風にAちゃんと私の関係性について思いを馳せてみたとき、

「あぁ、Aちゃんにとって私は、夢の中でだけ会える“友達”、あるいは、

見守っている守護天使みたいな存在なんだな!」

と、気がつきました。


「現実」に実在するかどうかはわからないけれど、

夢の中にあらわれて、ときどき一緒に過ごす年上の女性。

それが、私なのです。


ここまで夢の中で気づいた私は、

Aちゃんに対し「起きたときの現実」での関係は伝えないことにしました。


(夢の内容、終わり)



ここからは、この夢の経験と、今までの他の経験もあわせて、

私が理解していることを書きます。



私たちの経験している「現実」は、多種多様にあり、

今フォーカスしている「この現実」が唯一の現実なわけではありません。


「この現実」から見ると他の現実は「並行現実、可能性の現実」になりますが、

それらは皆、同時に存在しており、どれもが存在根拠を持つものです。


その全てが「私」の意識の中にあり、繋がっていて、相互作用もあるのですが、

「日常、起きている間の現実」を過ごしている私たちの意識からすれば、

“フォーカス外”なために、それらを認識できていないのです。



それら“フォーカス外”なものを、垣間見せてくれるのが、夢です。


今回の例では、私もAちゃんもこの現実に実在しますが、

起きている間の現実では一見、「深い縁も、直接の交流もない」2人です。


でも、何か理由があって、私は夢の次元ではAちゃんと交流しているのです。

人との関わりも、現実の表面に見えている「関係性」がすべてではありません。


また、夢の中で私が気づいたように、

もし、守護天使という概念を受け入れている人であれば、

ときどき夢で会う「自分を見守っている存在」を、守護天使と思うかもしれません。


あるいは、逆にといえばいいのか…

「肉体を持って現在の地球世界に参加しているわけではない」存在、たとえば、

あなたのガイド的役割やサポートをしている存在が、あなたの夢に登場するとき、

あなたにとって抵抗なく、親しみを持ってもらえるように…、


「大好きだったおばあちゃん」の姿であらわれたり、

「誰かあなたが実際に知っている人で、受け入れやすい人」の姿をとって、


交流することもあります。



あなたが夢で出会う守護存在は、この現実にも実在する誰かかもしれない。キラキラ☆

あなたが夢で出会う知り合いや、旧知の誰かは、

あなたの守護存在がその姿を借りているのかもしれない。キラキラ☆


もちろん、夢での見え方には自分自身の知覚による「解釈」も関わってきます。



いずれにしても、

夢で交流する人たちも「ただのまぼろしではない」と知っていると、

この現実舞台のみならず、

あなたの意識の中にある広大なリアリティーが楽しみになりませんか?



1日1回のクリックで応援してね♪sky*

精神世界ランキング



人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします


「個人セッションについて☆」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.