BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

敵対エネルギーの終焉

こんばんは♪

今日のテーマは「敵対エネルギーの終焉」です☆

あなたの日常、個人レベルで活用していただけるお話ですよ。星



こちらは先週のお月様と夕焼け雲の1シーン。



世の中には、多種多様な好み、考え、行動がある…。


そのほとんどのものはあなたを素通りしていくのに、

中には、「どうしてもあれには一言いいたい気持ちになる!」とか、

「あれの存在についてはもやもやして、心中おだやかでいられない」とか、

強い反発や反対の気持ち、嫌悪などを感じるものも出てきます。


不思議ですよね~。

あなたが気になる「それ」。


どうしてそれには黙っていられず、文句を言いたいような気持になるのか、

自ら「敵対エネルギー」を放ってしまうのか、

考えてみたことはありますか?



そんなの簡単、それが「間違っている」からだよ!

なんだか、おかしい、変だなと思うのよ。

あのままではいけないと思うから…止めたくなるから…


どんな理由が出てくるかもわかりませんが、

そこにはあなたなりの「正しさ」があることでしょう。


そして、その対象(相手)側にも、当然、彼らなりの「正しさ」があって、

場合によってはあなたのような考えこそ「間違ってる」と思っていることでしょう。


それぞれそう思っていること自体は、別にいいのです。


問題は、ここからです。



あなたは、よりによって、自分が同意できない「それ」を、

自分の現実に取り込んでいるばかりか、実のところ、

「私はそれがあるせいで、影響を受けてしまう!(><;)」

と、信じています。


「それ」の対象とは、考え、行動、状況、人物、特定の好み…何でもいいのですが、

自分ではそれを選ばない、選びたくないとわかっていても、なおかつ、

「わざわざ敵対したくなる。文句を言いたくなる。」


行動はともかくエネルギー上で、首を突っ込まずにいられないのです。


なぜかというと、まさに「それ」が、

「あなたの現実にとって脅威である。あなたへの影響力を持つ。」

と、思い込んでいるからです。うああん



想像してくださいね。バラ

あなたは自由時間に楽しい読書をしようと思い、

多くの本が並ぶ本棚の中から、試しに1冊の本を手に取り、開いてみました。


その内容が全然おもしろくなければ、あるいは心に響くところがなければ、

あなたは単に、本を棚に戻して別の本を探すと思います。


それは、あなたは読む本を自分で選べると知っているからで、

あなたが読もうと思わない本があってもいいし、

その(読まない)本の中でどんなプロット、世界が展開していても、気にしません。



ところが現実において、あなたが何かに「敵対エネルギー」を向けている場合、

間違いなく、あなたは、それによって自分が「影響を受ける」と思っています。


敵対エネルギーの表現にも種類があって、一見、黙って何もしない、

黙認しているというような形を取りつつ、「内心は敵対」しているかもしれませんし、

あるいは、大義名分上は自分のことというよりも、

「他の人のことを救いたいから」という正義感があるかもしれません。


いずれにしても、「それ」が世界に影響力を持つと信じていることに変わりはなく、

そして、その舞台とは「あなたの世界」なのです。



このように敵対エネルギーの根源を見つめると、

あなた自身が持っている恐れ、脅威そのものに目を向けることになります。


なぜ、「それ」がそんなに、あなたを脅かすのか。

あなたの心を、そっとしておいてくれないのか。


その根源をみることが必要です。



そして、「影響を受けると思い込んでしまった誤解」を解いてください。


あなたには、あなたの心が共鳴することをすることができます。

そのように生きることができます。


そのために、「敵対する何か」を見つけて消す必要は、全くありません。



こう気づいたときに、あなたの持っていた「敵対エネルギー」は、

(それがどんなに長年かかった頑固なものに見えていたとしても、)

あっけなく終焉を迎えてしまいます!キラキラ☆



1日1回のクリックで応援してね♪

精神世界ランキング




人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします


「個人セッションについて☆」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.